2017年08月21日

WITH 1 MILLION DYING ANNUALLY OF TB, RJ AND OTHER AGENCIES GOT REASON TO FIGHT ON STILL

By ABUTA OGETO

Tuberculosis kills over a million people each year, mostly in developing countries, where poor public health systems hamper efforts to diagnose and treat it. But NGOs are now embracing new mobile health technologies that could help fight the disease more efficiently and cost-effectively.
As one of the world’s deadliest communicable diseases, TB presents a massive public health challenge. Due to the high costs of fighting it in places with weak institutions and infrastructure, the WHO reports a $2 billion annual funding shortfall for TB prevention, diagnosis, and treatment. And as the disease festers in densely populated cities and remote areas, new antibiotic-resistant strains are gaining strength. It’s not implausible that one of these strains could morph into a superbug that causes the next big global pandemic.
IMG_0012.JPG
To be sure, extensive work by The Global Fund, the World Health Organization, the United States Agency for International Development (USAID), and other large organizations are making a big difference. Worldwide incidence of TB declined at a rate of 1.5% each year between 2000 and 2013, according to the WHO’s Global Tuberculosis Report in 2014.

Yet further progress will require expensive efforts in low-resource settings where administering drugs and monitoring compliance can be a logistical nightmare. Most normal cases of TB require patients to take six months of antibiotics on a daily basis. Adherence to this regimen will usually cure the patient, but missing doses or failing to complete the regimen exposes the patient to treatment failure. It also allows TB bacteria in their bodies to develop into multi-drug-resistant tuberculosis (MDR-TB), which is substantially more difficult and costly to treat.

To work around this challenge, many budget-strapped NGOs have turned to mobile tech for health worker education, field management, data collection, patient tracking, and improved diagnostics.
The Results Japan Kenya Office, a Nairobi-based NGO, has joined hands with the Kangemi TB Centre to take up a door-to-door campaign and screen slum residents to curb tuberculosis. The organisation hopes to spread awareness about TB especially the stigma associated with it.

While the plan is to reach out to slums in urban areas across the city, special attention will be paid to neighbourhoods in Kangemi. The incidence of the disease in some pockets is a cause for concern.

According to Edwin Shikanda, The head of the Kangemi Health Centre, the stigma associated with the disease prevents some people from talking about it, and at times, from seeking treatment. "There are areas where we found the incidence very high. Since this is a door-to-door screening, community and religious leaders will be part of it. These people will counsel residents about the need to be aware of the disease and seek medical attention," he said.

The NGO, which recently conducted a health survey of residents in Kangemi, has started training more volunteers who will collect sputum samples from residents, teach them basic hygiene, and conduct awareness campaigns in the slums.

"We have seen that people who have been diagnosed with TB, abandon treatment midway for a variety of reasons. The idea is to encourage them to continue the treatment," Lilian Njoroge, the head of the CHVs said.

TB.jpg

RESULTS Japan Volunteers first collect sputum samples from people and send them for microscopic analysis. People whose samples show TB positive, will be asked to take up treatment. Those whose samples yield a negative result will be encouraged to get an XRay done. The NGO help desks at government area hospital will provide assistance required to other patients as well.

Over the last one year, the NGO has renovated the facility, trained hundreds of locals on how to act on TB, and facilitated free treatment of TB patients.
posted by resultsjp at 23:36| Comment(1) | 情報

らぽーる事業にて、クラウドファンディング挑戦開始!

クラウドファンディング挑戦開始!ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

親の離婚に悩む子どもたちが支え合える場を作りたい!
https://readyfor.jp/projects/oyako-support

★★★
1年間で、未成年の子供がいる夫婦が離婚した件数は12万3190件(2015年度法務省)、そして、現在、片親家庭である数は120万世帯以上だと考えられます。

しかし、現実はまだまだ子どもを第一に考えて離婚できる夫婦は少ないようです。離婚する際、養育費の分担や親子の面会交流について取り決めたケースは約6割に留まり、さらに、実際、離婚後に養育費を支払うのは約2割、面会交流の実施をするのは約3割になります。

取り決めやその履行ができていない夫婦の中には、夫婦間の対立が激しく、お互いに言い争いが続き、調停や裁判となる夫婦もいます。そうした両親の争いの間で、子ども達は父母どちらに付くべきか迷ったり、自分の想いを押し殺してしまったりします。また、「人に知られて同情されたくない。負い目を感じたくない」「自分の家庭はフツウじゃないんだ。それを知られたくない」と感じる子も多くいます。中には、同居親から別居親の悪口など否定的な言動を見聞きし、それを鵜呑みにしてしまい、長い間、別居親と会えないでいる子どももいます。 そして、子ども達は、その気持ちを誰にも打ち明けられずに苦しむことが多々あります。

家族の葛藤や争いは、簡単に他人に話せるものではありません。しかし、親の離婚を乗り越えるきっかけとして、一人で抱え込まずに誰かに打ち明けたり、特に同じような家庭環境にある友人と出会うことで、自分の気持ちが「楽になった」・「救われた」と進展することもあります。

ただ現状は、これだけ多くの子どもが親の離婚を経験し、特有の悩みを抱えているにも関わらず、同じ経験をした子ども達がお互いに話せる場所はまだほとんどありません。両親の争いに巻き込まれた子どもは、親に自分の意見を言うことは難しく感じ、また片親家庭になっても同居親との密接な関係に束縛を感じることもあり、家庭以外の自分をさらけ出せる場所が大切です。

そのために、同じような家庭環境にある仲間と出会い、一人じゃないと分かって心強く思ったり、気持ちを吐き出すことができてこころが軽くなったと思えるような場所を作りたいです。

そのために、クラウドファンディングを通してサポーターを募集します。

目標金額は21万円。
本日8月21日(月)〜9月15日(金)23時までの募集です。
※もし、目標金額100%に達しなければ、全額返金となってしまう仕組みです。

支援のリターンとして、らぽーるが作成したオリジナルの冊子や、ペンやマグカップ、離婚相談などをお選びしていただけます。

詳しくは、こちらからご覧ください。
https://readyfor.jp/projects/oyako-support
検索サイトで、『レディフォー・らぽーる・子ども』で検索しますと、上位に表示されます。

どうかご支援、ご協力のほどお願いいたします!

★★★
お知り合いの方に、こんなプロジェクトがあるとお伝えいただけたら、とても嬉しいです!
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
posted by resultsjp at 14:58| Comment(3) | らぽーる

A sorry tale to tell in Results Japan’s fight against TB in Kenya slums.

BY ABUTA OGETO

KAROI − The long journey travelled by 42-year-old Sylvia Mudoka in the fight against tuberculosis is a typical case that calls for the scaling up of the fight against the disease from the Kenyan Government. Were it not for NGOs work, the deaths could be in tens of thousands.

tbbt.jpg

Her sorry tale highlights the importance of awareness among TB patients and the community at large.
Soon after she was diagnosed, Mudoka discovered that she was about to travel a long journey to defeat the scourge.

She had nowhere to stay, after her brother evicted her from their family home.
Although her electrifying smile greets any visitor in Nairobi’s oldest high-density slum suburb of Kibera, the battle she went through in the last seven years is still fresh in her mind.

A single mother of two children, aged eight and 11, Mudoka has somehow managed to overcome the social outcast jacket she wore for several years and also the disease.

“It all started in early October 2010 when I developed cold fever,” she recalled.
“I went to the hospital and was given amoxicillin drugs. The doctor recommended that I must have my sputum tested.”

It took some time before Mudoka could get results and the feedback that she was to undergo TB treatment.

All hell broke loose as she could no longer afford to fend for herself because of the burden brought by the disease.

“I had to move to our family house, but my brother, Stephen, could not accept me,” Mudoka says.
Her neighbour, Ambuya Jennifer Mapanga, says Mudoka was a social outcast after her brother evicted her.

“We were touched by Mudoka’s plight after eviction. She was a social outcast,” she said.

Without anyone to turn to for solace and shelter, Mudoka went to Mbagathi General Hospital, where officials understood her plight and accommodated her.

“For six months, my brother never visited me, but I used to get regular visits from other friends,” she says. “But eventually, I fought through and won the battle with the help of strangers.”

Mudoka’s plight aptly explains how TB should be treated as a cause of concern by both the government and co-operating partners.

HIV and Aids advocate Moses Mukamuri notes that TB patients face more pronounced stigma, compared to other patients, making it a barrier to accessing treatment and adherence.

“Stigma must be fought from all angles, starting at family level, health care givers and the community at large. Awareness must be included with easy-to-read materials in vernacular,” Mukamuri says.

“Political commitment and will must be reflected in costing it through the health budgets allocation. As long as the health budget continues to be as it is, we may make as much noise as possible, but we may not achieve any tangible results”-Results Japan Kenya

The Global TB Report 2016 lists Kenya as among the 30 high burdened countries, with a triple burden of TB, TB-HIV and MDR-TB.

The other countries on the list are Angola, Bangladesh, Cambodia, Central African Republic, China, Congo, the Democratic People’s Republic of Korea, the Democratic Republic of Congo, Ethiopia, India, Indonesia, Lesotho, Liberia, Mozambique, Myanmar, Namibia, Nigeria, Pakistan, Papua New Guinea, Philippines, Russian Federation, Sierra Leone, South Africa, Thailand, Tanzania, Vietnam and Zambia.

“The 30 high TB burden countries accounted for 87% of all estimated incident cases worldwide,” the report reads in part.

“The six countries that stood out as having the largest number of incident cases in 2015 were (in descending order) India, Indonesia, China, Nigeria, Pakistan and South Africa (combined, 60% of the global total).
“Of these, China, India and Indonesia alone accounted for 45% of global cases in 2015. The annual number of incident TB cases relative to population size (the incidence rate) varied widely among countries in 2015, from under 10 per 100 000 population in most high-income countries to 150–300 in most of the 30 high TB burden countries.”

TB has attracted the attention of Parliament. The Parliamentary Portfolio Committee on Health in February 2016 produced a report painting a gloomy situation with regards to the disease.
While TB treatment for six to nine months costs $31, it was discovered that MDR-TB treatment for 20 to 24 months goes for $2 571.

The situation is worse for another TB strain called Extensively Drug Resistant-TB costing $31 000 to treat for 24 to 36 months.

“In this regard, with the economic strains facing the country, prevention and control of the disease becomes key to TB management in the country,” the legislators noted in their report.
They recommended government moves swiftly and reduces the exorbitant costs of the second line TB treatment.

Riku Shiraishi, The Director of RJ Kenya says TB campaign, especially in Kangemi is now a success story through community involvement.

“The programme on TB has been very successfully because we have rapidly decentralised diagnosis, care and treatment to the house/home level and successfully adopted a community based approach,” he says.

Kenya Minister for Health, Dr. Cleopa Maillu says they are working with the National TB Control Programme to strengthen TB control in Kenya in the next nine years.

“Current interventions include enhancing access to quality patient centered care for TB, TB/HIV and MDR-TB services; prevention of transmission and disease progression through active case finding; and strengthening TB platforms including political commitment to end TB,” he says, adding that although funding is always not enough, financial challenges always hinder the provision of adequate services, the government has, however, helped in lessening the financial burden in the TB programme.

Mudoka, free from the disease, had to go through what she termed “hell”, especially after her rejection by relatives because she had contracted the disease.

posted by resultsjp at 02:34| Comment(3) | 情報

2017年08月20日

ナイロビ生活vol40 "記事紹介A"

皆さん、こんにちは。
白石です。

前回のブログ"ナイロビ生活vol39"はこちら
ナイロビ生活vol39 "記事紹介"

今回も面白い記事をご紹介いたします。
===

Screen Shot 2017-08-20 at 3.29.05 PM.png

Obama’s response to Charlottesville violence becomes most 'liked' tweet in the history of Twitter
http://www.independent.co.uk/news/world/americas/us-politics/barack-obama-charlottesville-twitter-violence-mandela-a7895546.html

この記事はオバマ全大統領のTwitterでのつぶやきが世界で1番「いいね」を獲得したというニュースですが、その「つぶやき」が素晴らしいものでした。

1つの「つぶやき」- 5:06 PM - 12 Aug 2017
"No one is born hating another person because of the color of his skin or his background or his religion..."
「肌の色や出自や信仰の違う他人を、憎むように生まれついた人間などいない。」

Screen Shot 2017-08-20 at 3.35.05 PM.png

2つの「つぶやき」- 5:06 PM - 12 Aug 2017
"People must learn to hate, and if they can learn to hate, they can be taught to love..."
「人は憎むことを学ぶのだ。そして、憎むことを学べるのならば、愛することも学べるだろう。」

3つの「つぶやき」- 5:06 PM - 12 Aug 2017
"...For love comes more naturally to the human heart than its opposite." - Nelson Mandela
「愛は憎しみよりももっと自然に、人の心に根付くはずだ。―ネルソン・マンデラ」

これらは12日にオバマ氏がつぶやいたもの。
米バージニア州のシャーロッツビルで白人至上主義者やネオナチの支持者らと反対派の間で激しい衝突が起き、1人が死亡、19人が負傷した。これに対し人種差別の排除運動に尽力し、リザルツの応援団であり、イボンヌ氏の恩師である南アフリカの故ネルソン・マンデラ氏の発言を引用して発言した。

故ネルソン・マンデラ氏の自叙伝『自由への長い道』からの引用であると知り、すぐに電子書籍を購入して読んでみた。

自由への道はなだらかではない。
しかし、自らを抑圧から解き放つためなら、どんな苦しみにも耐えるだろう。
非暴力を貫くか、暴力に訴えるか、その狭間で葛藤する若き日のマンデラの姿がここにある。

南アフリカの小村で生まれ育ったマンデラは、若くしてアフリカ民族会議(ANC)の黒人解放運動に身を投じる。国内では、白人が黒人を搾取することで経済成長を遂げる一方、抑圧に対する不満が高まっていた。弁護士業と自由への闘争に奔走するマンデラは、志の高い同胞たちと非暴力の不服従運動を展開。しかし、政府による容赦ないアパルトヘイト(人種隔離政策)に強い憤りを感じ、軍事組織の司令官として運命の一歩を踏み出していく。


https://www.amazon.co.jp/dp/B00KO4YERC/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_ZoyMzbS6JK5H2

===

12日に発生した、白人至上主義者と反対派の衝突についての記事もご紹介します。


[HuffPost] - White Supremacist Rally Triggers Violence In Charlottesville
http://www.huffingtonpost.com/entry/white-nationalist-charlottesville-virginia_us_598e3fa8e4b0909642972007?ncid=inblnkushpmg00000009

それに伴う”A monumental week of debate over the nation's identity”と題した1週間の記録

Screen Shot 2017-08-20 at 3.51.09 PM.png

[CNN] - Charlottesville: A monumental week of debate over the nation's identity
http://edition.cnn.com/2017/08/18/us/charlottesville-week-in-review/index.html

[BBC Japanese]
トランプ米大統領、バージニア州での衝突は双方に責任と
http://www.bbc.com/japanese/40944966

===

しらいし
posted by resultsjp at 21:59| Comment(3) | 情報

ADBが保健分野にも力を!

日本リザルツは国際保健の改善に向けて取り組みを行っています。
今日は日本が主導する国際機関、アジア開発銀行(ADB)の興味深い動きをご紹介させていただきます。

ADBって何?らぽーるがやっているADRに似てない!?というそこのあなた!アジア開発銀行についてご説明させていただきます。

ADBは、アジア・太平洋における経済成長及び経済協力を助長し、開発途上加盟国の経済発展に貢献することを目的に設立された国際開発金融機関です。

無題.png

設立当時から日本が深く関わっており、現在の総裁も財務省出身の中尾武彦氏が務めています。
ちなみにADBに対抗し、中国がAIIB(アジアインフラ投資銀行)を立ち上げたことは日本でも話題になりましたね。

今まではインフラ整備や経済開発がメインだったのですが、ADBは今、新たな動きを見せています。
それが、保健分野へのコミットメントです。

96958A9E93819481E2E69AE2E78DE2E6E2E7E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXMZO1604926004052017000001-PN1-3.jpg

今年5月には、JICAと保健分野で提携しています。

もっと知りたい方はこちらをチェック。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H05_U7A500C1000000/

ADBが保健分野に力を入れることで、アジアの人たちがますます健やかで笑顔に暮らせることを願っています。
(はるか)
posted by resultsjp at 20:27| Comment(3) | 情報

ポリオはイギリスが熱い!

残暑お見舞い申し上げます。

皆様、夏休みは取れましたでしょうか?
日本リザルツも東京オフィスは16-20日までは「一応」お休みになっております。
ただ、ご察しの通り、霞が関の魔法使いドーラは24時間365日閃いてしまうので、職員一同、ドーラのアイデアを形にすべく夏休み度外視で奮闘しております(笑)

そんな最中、BBCで面白いニュースを見つけたので共有させていただきます。
_97337565_leaf-systems-9-3-17_152.jpg
なんと、遺伝子改変タバコ植物を使って、ポリオウイルスと同じに見える無害な模倣物質を製造することに成功したそうです。弱毒化した生ウイルスに比べて扱いやすいため、ポリオワクチンの開発に何らかの効果があるかもしれません。

原文はこちらを参照。
http://www.bbc.com/news/health-40925343

イギリスはワクチン接種に関して、造詣の深い国です。GaviワクチンアライアンスにはG7最大の 26.9億ドルの拠出をしています。日本もグローバルファンドやUHCに力を入れています。

折しも、メイ首相は8月30日から9月1日まで来日されます。 国際保健に関して、日英が連携することで、ポリオ根絶に向けた動きが、ますます加速するといいですね。
(はるか)
posted by resultsjp at 10:00| Comment(3) | 情報

2017年08月18日

釜石生活88 〜新学期〜

釜石市内の多くの小中学校は今日が始業式でした。
東北の夏休みは短いのです。その分、冬休みは長いです。
今年の夏は、全国的に冷夏で、農作物への影響などが心配ですね。
2003年の夏もそんな夏でした。そして秋になってもお米ができず、タイ米や中国米を食べたりもしました。
今年の夏の涼しさ(肌寒さ)は、秋の収穫にどんな影響をもたらすのでしょう…すでにお野菜は高騰していますけれど…

午後になって青葉ビルは一気に賑わいました。
始業式を終えた子どもたちが、宿題をしていたり、久しぶりに会った友達とのおしゃべりに興じていたりするからでした。
相談室のすぐ外のスペースでは、小6の女の子3人が「宿題終わったら何する?」と相談しながら宿題を先に片付けようと頑張っていたので、「宿題終わったらぬりえはどう?」と薦めてみると、「やりたい!」と言って、宿題が終わってから描いてくれました。

IMAG1476-1-1.jpg

さすがに小6女子は、とっても丁寧で上手ですね。
上の写真は、小6女子の作品が3枚と、右下のは小4女子の作品です。小4女子もがんばってくれました。

こうしてみると、かまリンも、かわいいですね。
釜石市の「か」をモチーフに、高炉の炎とはまゆりを手に、上を向いて元気に未来へ駆ける釜石市民を表わしているのだそうです。
いろいろなかまリン塗り絵を集めたいと思います。(鈴木)
posted by resultsjp at 19:24| Comment(3) | 東北復興支援

2017年08月17日

釜石生活87 〜アンガーマネジメント キッズ講習〜

8月6日(日)、木工教室に続けて、アンガーマネジメント キッズ講習を行いました。
木工教室に参加された小1〜小6までの8名が参加してくれました。

プレゼンテーション1.jpg

木工教室の後で子どもたちも疲れているだろうということも考えて、正味30分のプログラムに仕立てました。30分なら集中力が続きそうだと思ったからです。

IMAG1304-1.jpg

以前にもご紹介した、写真のテキストを使用して講座を組み立てるのですが、15ページのうちの3分の1から半分弱を30分で実施できました。

まず最初に、そして最後にも、「おこるときのルール」を確認し、唱和してもらいました。
「ひとをきずつけない」「じぶんをきずつけない」「ものをこわさない」の3つです。
最初の唱和は、みんなテキストを見ながらでしたが、最後の唱和のときは、それぞれの理由も意味も理解していたためか、何も見ないで唱和してくれました。

一つ、感動したことがありました。
人生最大の怒りについて説明するとき、私の体験談として、ものにあたって壁を蹴ったことがある。そうしたら、足は痛かったし、壁は少し崩れちゃったし、後悔したというエピソードを話しました。
そして、「怒ると体はどうなる?」「どうやっておちつこう?」と進めていくと、小5の男の子が「怒ると立ち上がるから、逆に座ったらおちつくんじゃね?先生も、座ったら壁けらんでえかったに」と言ったのです。
よく考えられた答えに感心しましたし、私への配慮にも思いやりを感じて感動しました。
その子は、弟とよく取っ組み合いのけんかをしてしまうそうで、けんかをしかけてくるのはいつも弟だけど、結局負けて泣いて、兄が母から叱られるというパターンなのだそうで、「今度から弟がけんかを吹っかけてきても、座ってることにする」と言いました。
しばらくやってみて、結果を知らせてくれるそうです。

アンガーマネジメント キッズ講習の中に、「m&m ゲーム」というのがあって、m&mチョコレートを1個取り出し、出た色によって、赤なら「イヤだとおもうこと」など、色によって出されるお題について話してから食べる、というものですが、きっと大騒ぎになるだろうと思い、最後に回しておきました。
案の定、大盛り上がりで、釜石のスーパーマーケットではm&mチョコレートが見つからなかったので、マーブルチョコで代用したところ、m&mにはないピンクが出てきたりして、「ピンクはおまけで、食べていいよ」とすると、ピンクが出た瞬間が一番盛り上がったりして、楽しくできました。
少し緩み過ぎたかな…と思いましたが、最後の締めでは、すっかり暗記して「おこるときのルール」を唱和してくれたので、安心して終了できました。
これから折に触れ、釜石の子どもたちに、アンガーマネジメント キッズ講習に参加できる機会を提供していきたいと思います。(鈴木)
posted by resultsjp at 14:00| Comment(3) | 東北復興支援

2017年08月16日

活動するボランティアの人たちへ

日本リザルツがケニアで実施している、結核の予防と啓発活動の支援事業では、世界的な感染症の一つ
である結核患者の減少と結核に対する正しい知識、それに伴う偏見の排除を目指している。病気を患う
ことは、本人の体調のみならず生活や人生まで影響を与えている場合も多い。国や地域、社会的環境、
自然環境等様々な要因にもよるが、その地域の住民が置かれた立場、環境を考慮した対策を執れるのが
望ましいと思う。ケニアでの事業地はスラム居住区で、貧困、衛生面、知識不足等の課題を克服してい
かねばならない。活動の担い手として各コミュニティにはCHV(保健の基礎知識を修得したボランティ
ア)が活躍しているが、彼らも住民の一人であり、自らも元結核患者であったり親族に患者を抱える
人もいる。支援する側として当初研修を通じた育成や医療センターの改装等、こちらから提供するだけでの支援の様な感じであった。しかし、事業を進める中で、CHV自身が変わり始め自分たちの活動を
彼らが考え始め、いくつかのバリエーションが出来上がってきた。このことの大切さを今後の活動に
繋げ、更に意欲的な姿勢を示してもらえればと思っている。
局チョー
posted by resultsjp at 20:42| Comment(3) | 情報

ナイロビ生活vol39 "記事紹介"

皆さん、こんにちは。
白石です。

===

Screen Shot 2017-08-16 at 1.33.29 PM.png

Gates foundation to spend over $300 million in Tanzania in 2017
https://www.reuters.com/article/us-tanzania-health-idUSKCN1AT0IF

ゲイツ財団がタンザニアの公衆衛生、貧困対策へ3億ドルの拠出をすると言う内容です。
しかし、その背景には米国の動きがあります。
トランプ政権は2018会計年度に「米国第一予算」を掲げ、「予算削減の大半は対外援助である」と発言しています。

しらいし


posted by resultsjp at 19:43| Comment(3) | 情報