2020年01月19日

80%まで到達

日本リザルツではケニアのすなのみ村に2トンの運動靴を輸送するためのクラウドファンディングを実施しています。本日現在、120万円、目標の80%まで到達しており、あともう一息となっています。
代表の白須も土日返上で、東京都内を行脚し、自ら、クラウドファンディングの達成に向けて尽力しています。

Readyforのサイトはこちら

https://readyfor.jp/projects/kamaishigaza2019

さて、「クラウドファンディングのサイトでの決済のやり方が難しい」「登録手続きが煩雑」などのお声を頂戴しました。そこで、日本リザルツオフィスへ直接振り込みをしていただき、こちらでクラウドファンディングのサイト上での決済を代わりにさせていただけるようにしました。

振込先は以下の通りになります。
1. 郵便局 払込取扱票への記載項目
      口座記号・口座番号:00170-9-581459
      加入者名:日本リザルツ
     
2. 三井住友銀行 霞が関支店 普通口座 6823329 トクヒ)ニホンリザルツ

3. 三菱UFJ銀行 神保町支店 普通口座 0107445 トクヒ)ニホンリザルツ

また、平日午前9時〜18時であれば、日本リザルツの東京事務所のほうに、直接お持ちいただくことも可能でございます。
お問い合わせは日本リザルツ東京事務所(03-6268-8744)までお願いいたします。
募集期限まで残り16日となり、1人でも多くの方にご支援がいただけますと幸甚でございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
(かめ)
posted by resultsjp at 17:59| Comment(1) | 情報

2020年01月16日

株式会社エスジー様来訪

本日も様々なお客様をお迎えしましたが、新規のお客様の株式会社エスジー様からクラウドファンディングにご寄付をいただきました。皆様からのご支援に御礼申し上げます。
エスジー様は、NOXや有害な粒子状物質を浄化する排ガスクリーンシステムを環境改善に役立てたいと考えておられます。
下記の写真は株式会社エスジー様のお二人と白須です。(か)

IMG_0351.jpg


IMG_0353.jpg
posted by resultsjp at 17:15| Comment(1) | 情報

2020年01月14日

かわいい応援団!

昨年、12月24日の東京新聞の発言欄に、スタッフ戸澤の寄稿が掲載されました。代表の白須のお孫さんであるはるかさんが貧しい子どものために、自分の運動靴を寄付しているという心温まるお話です。
191224 東京新聞 発言.jpg
実はこんなかわいい応援団もいます。
はるかさんのひいおばあさんが飼っているマリーちゃんです。
image10005.jpg

日本リザルツのクラウドファンディングはいよいよ100万円の大台を突破しました。1月14日18時現在、109万4000円です。
リンクはこちら

マリー「みなさまのご支援をお待ちしてるワン!」
かわいい応援団と一緒に頑張ります。
(かめ)
posted by resultsjp at 18:21| Comment(2) | 情報

2020年01月13日

運動靴輸送クラウドファンディングの振込方法

日本リザルツではケニアのすなのみ村に2トンの運動靴を輸送するためのクラウドファンディングを実施しています。

Readyforのサイトはこちら

https://readyfor.jp/projects/kamaishigaza2019

この中で、「クラウドファンディングのサイトでの決済のやり方が難しい」「登録手続きが煩雑」などのお声を頂戴しました。

そこで、日本リザルツオフィスへ直接振り込みをしていただき、こちらでクラウドファンディングのサイト上での決済を代わりにさせていただけるようにしました。

振込先は以下の通りになります。
1. 郵便局 払込取扱票への記載項目
      口座記号・口座番号:00170-9-581459
      加入者名:日本リザルツ
     
2. 三井住友銀行 霞が関支店 普通口座 6823329 トクヒ)ニホンリザルツ

3. 三菱UFJ銀行 神保町支店 普通口座 0107445 トクヒ)ニホンリザルツ

また、平日午前9時〜18時であれば、日本リザルツの東京事務所のほうに、直接お持ちいただくことも可能でございます。
お問い合わせは日本リザルツ東京事務所(03-6268-8744)までお願いいたします。
1人でも多くの方にご支援がいただけますと幸甚でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
(かめ)
続きを読む
posted by resultsjp at 16:50| Comment(2) | 情報

2020年01月12日

運動靴輸送のクラウドファンディング実施中!

日本リザルツではケニアのすなのみ村に2トンの運動靴を輸送するためのクラウドファンディングを実施しています。多くの皆様のご協力もあり、漸く、目標額の約6割である99万3000円まで到達することができました。

しかし、目標額150万円を達成するには、さらに多くのお力添えが必要です。つきましては、1人でも多くの方のご支援をいただけますと幸甚でございます。

Readyforのサイトはこちら

https://readyfor.jp/projects/kamaishigaza2019


ご寄付は3000円から可能で、Readyforのサイトでの手続きが難しい場合は、郵便局での振り込みでも対応が可能です。詳細な資料が必要な場合は、住所と連絡先をお送りいただければ、こちらから送付させていただきますので、是非、日本リザルツの東京事務所までお問合わせください。


オフィスの電話番号:03-6268-8744


昨年11月の参議院外交防衛委員会で「スナノミ症はNTDsに含まれる」というWHOからの画期的な見解を得ることができたのも日本リザルツが始めた運動靴輸送プロジェクトに端を発したことであります。これを期に、今年は国際機関、関係各政府、民間企業、市民団体、アカデミアなどを巻き込んだスナノミ症抑止の支援が進みそうです。私たちも、スナノミ症抑止に向けて取り組みに更に邁進して参りたい所存でございます。どうかお力添えをいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

(かめ)

posted by resultsjp at 15:47| Comment(1) | 情報

2020年01月11日

米国リザルツ訪問2

昨日に引き続き、米国リザルツで研修を受けました。
代表の白須はこの機会に他の機関との会合に行きました。
2日間の研修を終えて頭が一杯になっていますが、理解が深まりました。
また、これまで電子メールや電話でのやり取りのみだった
米国リザルツの方々と実際に会うことができたのは良かったです。
写真は昼ご飯の風景です。
UME

IMG-2344.jpg
posted by resultsjp at 07:58| Comment(2) | 日記

2020年01月10日

米国リザルツ訪問

代表の白須と共に、ワシントンDCに来ています。今回の目的は、米国リザルツやリザルツが結んでいるパートナーシップ(ACTIONパートナーシップ)の組織や、今後取り組むことになる業務の進め方について筆者が研修を受けることと、今後の日本リザルツの方針についてより詳細に共有をするということです。

IMG_5166.JPG  IMG_5164.JPG  IMG_5158.JPG 




米国リザルツの会議室からの景色です。ワシントン記念塔が小さく見えているのがわかりますでしょうか。
UME
IMG_5157.JPG

posted by resultsjp at 02:10| Comment(2) | 日記

2020年01月09日

中国で原因不明の肺炎

昨日の朝日新聞に「中国・武漢 原因不明の肺炎」の記事が掲載されました。
昨年12月12日に最初に患者が見つかり、市中心部にある海鮮市場関係者の関係者が目立ち、市場は一時閉鎖となっています。ヒトからヒトへの感染は報告されていないそうです。

新年早々、感染が拡大しないように願ってやみません。(か)

IMG_0347.jpg
posted by resultsjp at 17:47| Comment(2) | 情報

2020年01月07日

いよいよ2020年

年が明け、2020年となりました。
日本が東京オリンピック・パラリンピック競技大会と「成長のための栄養(N4G)サミット」を開催する年です。
日本のように栄養不足と過体重や肥満のどちらも少ない国というのは世界で見ても少なく、栄養士制度、学校給食制度、母子手帳といった様々な推奨事例を持つ国として認識されており、N4Gサミットにおいてどのような成果をもたらすのか世界の栄養関係者から期待を寄せられています。
この機会を最大限に活かすべく、昨日1月6日に栄養関係者が日本リザルツに集まり、栄養改善に関する日本の知見を世界に効果的に発信して各国の栄養政策に貢献するための枠組み作りについて議論を繰り広げました。
栄養サミットは今年の12月に開催が予定されています。官民連携やマルチステークホルダーという言葉が取り沙汰される昨今、日本リザルツとしては様々な関係者やこれまであまり関係が深くなかった人々を巻き込んでまとめていけるか腕が試されてくると感じています。
UME

IMG_5146.JPG

IMG_5152.JPG

IMG_5154.JPG
posted by resultsjp at 20:17| Comment(2) | 栄養問題

2020年01月05日

本当のスーパーエリート:香川俊介氏を振り返る

皆様、あけましておめでとうございます。
代表の白須小町はお孫さんと百人一首勝負をしたようで、メールにも上の句が登場しています。
蝉丸(私)も昔の記憶を思い出し、下の句を付けて返信しています。

さて、白須とひょんなことから過去のアドボカシーを振り返る機会がありました。
お世話になった財務省の香川俊介様のお話が出てきたので、書き留めておこうと思います。

香川様は主計局主計官、法規課長、総務課長、総務次長、総括審議官などを経て、その後は官房長や主計局長を歴任し、2014年7月から財務事務次官を1年間務めました。

香川様は「社会保障・税一体改革」を推進されたことでよく知られていますが、一方で世界三大感染症、エイズ・結核・マラリア患者を救うためにもご尽力されました。

2013年10月17日、日本リザルツは、武見敬三参議院議員、WBA世界バンタム級王者・亀田興毅選手、超多剤耐性結核を乗り越えたフィリピン出身のミルドレッド・フェルナンド氏、日本で多剤耐性結核を感染・発症した成瀬匡則氏、世界基金戦略投資効果局長の國井修氏、公益財団法人日本国際交流センター執行理事、世界基金支援日本委員会事務局長の伊藤聡子氏、アフリカ日本協議会の稲場雅紀氏と共に、世界基金の重要性を訴えるため、当時主計局長だった香川様を訪問しました。

面談後、香川様からは「皆さんの熱い思いは理解しました」と温かいお言葉をいただき、実際に2013年末、日本政府から世界基金へ8億ドルの拠出が発表されたのです。
kagawaphoto1.jpg
その時のブログのリンクはこちら。

しかし、神様は非情です。香川様は癌のため、わずか58歳の若さでお亡くなりになられました。最後の最後まで事務次官としての職務を全うされるため、車いすで執務を行われていたとのことです。

当時の白須の追悼文
kagawaletter1.jpg

香川様の功績が記載されている記事

偉い方は総じて偉そうにし、一NGOなどの話に耳も傾けてくれません。しかし、香川様は、国の予算を握る偉い方なのに、我々のような一NGOや市民の声にも真摯に耳を傾け、自分の出世や自己の利益だけを考えず、本当に日本がすべきことは何か?を真剣に考えて下さった方でした。
お亡くなりになられた後には有志で追悼文集が発行されたほどでした。
本.jpg

白須はよく職員に「頭だけでなく、心の偏差値を高めることが重要」と言っています。
香川様のような方がまさにそのロールモデルだと思います。
天国から香川様が見守っていてくださることを信じて、私たちも任務に励みたいと思います。
(かめ)








posted by resultsjp at 01:00| Comment(3) | 情報