2021年07月26日

オリンピックと教育サミット

コロナ禍の中、東京オリンピックが開幕しました。

米国からはジル・バイデン大統領夫人が開会式に駆けつけてくださいました。

内容はこちらを参照:

https://www.yomiuri.co.jp/world/20210720-OYT1T50261/


ジル夫人は教育分野に造詣が厚く、菅総理大臣と会食した際には、教育について議論をした模様です。

官邸のWebサイトはこちらを参照:

https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202107/22kondan.html


折しも、近日、国際教育サミットがイギリスで開催されます。日本の更なるリーダーシップがこのサミットでみられることを楽しみにしています。

概要はこちら:

https://www.globalpartnership.org/financing-2025/summit


ちなみに当方が滞在するケニアでは、目下夜間外出禁止令が1年以上続いているため、夜中まで続いている開会式さえも不思議だったらしく、「なんで夜中まで開会式ができるの?」とか、開会式でマスクをしていない選手を見て「大丈夫なの?」という問い合わせが多々ありました。


無事にオリンピックが終わることを祈っています。

(ぽにょ)

 

posted by resultsjp at 01:29| Comment(0) | 情報

2021年07月25日

2021Summer:国際連帯税アンケートにご協力願います

みなさま、暑中お見舞い申し上げます。
ひまわり.JPG

さて、グローバル連帯税フォーラム事務局では今回、国際連帯税に対する初めてのアンケート調査を行うことになりました。私たちは国際連帯税実現に向け、議員連盟も創設され、10年以上取り組んでおりますが、未だ実現には遠い状況にあります。

課税という行為がとりわけ国家主権と強く結びついていることが、実現を難しくする一つの要因です。現在私たちが置かれているのは、国境をいとも簡単に超えるコロナ禍の状況とその対策に要する資金の圧倒的な不足、そして同じく国境を軽々超える気候変動を始めとした課題に必要とされる莫大な資金の捻出が突きつけられているという状況です。しかし、各国がバラバラに課税主権の枠内で資金調達を行う現在のあり方では、とうていグローバルな課題に対処できないという現実があります。

一方、今月行われたG20でのデジタル課税などの「国際課税に関する歴史的合意(予定)」が日本メディアでも大きく取り上げられました。この背景にあるタックスヘイブンの問題やグローバル経済における課税の不公正さはまさに私たちが問題として掲げ、その是正に取り組んできたことでもあります。今このような世界的な「課税」問題に対し、未だかつて無いほど世論が大きく盛り上がっているタイミングではないかと考えております。

こうした中で、今日本でもとりわけ関心の高いSDGsや開発の資金に直結する、この「国際連帯税」というアイデアを、上記の国際課税ルールとともに今一度考えるべき一つのモメンタムに来ていると思い、今回のアンケートを行うことになりました。

このアンケートは国際連帯税というアイデアに対し、皆様が実際にはどのように考えていらっしゃるのか、率直な声を聴きたいというのが第一の目的です。

国際連帯税の簡単な定義も含めて、以下のアンケートリンクに掲載していますので、是非お力を貸して頂ければ、大変ありがたく存じます。


(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム・日本リザルツ理事)
続きを読む
posted by resultsjp at 17:59| Comment(0) | 国際連帯税の推進

2021年07月23日

ポリオワクチンに関する投稿記事:日経新聞

23日経新聞投稿記事:就学前のポリオ追加接種、国費で.JPG
本日7月23日(金)付の日経新聞・経済教室の欄に白須理事長の投稿記事が掲載されました。
日本では不活化ワクチンへの切り替えがすでに行われていますが、抗体の持続期間が短いという課題が残っています。現在は任意で追加接種が可能ですが、経済的な負担が大きく貧困世帯では接種が困難です。
世界ではポリオ感染の報告が増えている中、海外からポリオウイルスが持ち込まれた時のリスクが考えられます。そこで記事では、就学前のポリオワクチンの追加接種を国費で受けられるようにできないかという提案をさせていただいております。

是非ご覧ください。

そのだ
posted by resultsjp at 10:33| Comment(1) | 情報

2021年07月20日

日本リザルツのインターン

 日本リザルツでは、私を含め現在3名のインターンが働いています。企業やNGOで長期インターンをする学生は多くいますが、日本リザルツのインターンは普通のインターンとは少し異なると感じています。それは、インターンでも職員さんと同等の業務を任せていただけるという点です。普通のインターンでは組織内の重要な業務に関わる機会はあまり多くないと思うので、非常に重要な業務の一端を担わせていただいています。大変なことや、難しいと感じることもありますが、力がつきますし、成長の速度も格段に違います。何より、社会人になる前に、働くとはどういうことなのか?ということを身をもって学べるのは、非常に大きなアドバンテージです。
 現在、日本リザルツが全5回シリーズで開催している栄養の勉強会「栄養の目覚めセミナー」では、第4回のセミナーに向けてインターン生の3人が中心となって準備を行っています。セミナーの大成功に向けて、一致団結して準備を進めていきたいと思います。

そのだ
posted by resultsjp at 20:34| Comment(1) | 情報

お茶出しとお花のお世話

毎朝、お花の水を取り替えています。
週末には、すっかり、お花が乾燥してしまうので、根などの、腐った部分を取り除きます。
2束のお花でしたが、今週は1瓶にまとめ、見栄を良くしました。

事務局内では、スタッフの方も、自由にコーヒーやお茶をいただくことができます。
以前、白須代表は、履歴書に「お茶入れが得意」と書かれていた英語の得意な方を採用したそうです。
お茶入れ上手なスタッフにより、リザルツでの、お茶出しが始まったそうです。


IMG_20210720_181211.jpg

kaji
posted by resultsjp at 19:08| Comment(1) | 情報

第4回栄養の目覚めセミナーへの準備

こんにちは。
とても暑い1日でしたが、いかがお過ごしでしょうか。
今日は、日本リザルツのインターンたちで、第4回栄養セミナーに向けた準備を行いました。
主に、セミナーの参加者の皆さんへ招待状を送る作業を行いました。

日本リザルツは、来月に4回目となる栄養の目覚めセミナーを開催します。
良いセミナーになるよう、当日に向けてしっかりと準備を進めてまいりたいと思います。

IMG_8413.JPG


(杉田)
posted by resultsjp at 17:28| Comment(1) | 情報

事務所お掃除

日本リザルツでは事務所内の清掃は職員・ボランティア・インターンで手分けして原則毎週行っています。
ゴミを収集して、一階のゴミ置き場に置く、掃除機での床清掃、、机の上の雑巾がけ、ブラインドの埃取りなどです。
本日は白須代表もお客様もいらっしゃらないので、出勤している4人で行いました。
一般企業で働いていた時は外部の清掃業者に委託していましたが、NGOである日本リザルツではそんな贅沢はしません。

img_0865.jpg

園田さんがゴミ集めをしています。

img_0866.jpg

杉田さんが掃除機をかけています。

img_0867.jpg

梶原さんが机の雑巾がけをしています。
(か)
posted by resultsjp at 15:14| Comment(1) | 情報

2021年07月19日

ワクチン接種予約「停止・制限」7割

7月16日(金)の日経新聞に、新型コロナウイルスワクチンの供給が減少し、ワクチンの接種予約を停止・制限する自治体が相次いでいるという記事が掲載されていました。他の新聞でも、同じような内容の記事が掲載されています。

ワクチン供給の問題に関しては、国でさえ明言ができておらず、国民の皆さんが焦るのも当たり前だと感じています。私自身も、8月中旬に2回目のワクチン接種を予定していますが、もしキャンセルになった場合、1回目の接種が無駄になってしまうのではないかと心配しています

その一方で、7月17日(土)の日経新聞では、65歳以上の高齢者では1回目のワクチン接種が完了した人が8割に達し、2回目の割合も5割を超えているという記事がありました。すべての人が同時にワクチン接種とはいきませんが、優先的に2回目の接種を終える人がいることは、安心できます。

20210719 ishikawa-san rev_page-0001.jpg
ishi
posted by resultsjp at 12:31| Comment(1) | 情報

2021年07月18日

アフリカでコロナ感染が過去最悪に

新型コロナウイルスの感染拡大が続くアフリカで、先週1週間当たりの新規感染者数がこれまでで最も多くなっています。アフリカではことし5月以降、第3波の感染拡大が続いていて、アフリカ連合のまとめだと、累計の感染者数は大陸全体でおよそ620万人以上になります。

累計はこちらを参照:

https://africacdc.org/covid-19/

ケニアでも第56波が来ており、ここのところ1日あたりの感染者数が増加しています。昨日は723人の感染が確認されました。また、ケニアは日本のように誰もが医療へアクセスできるわけでないため、スラム街、西部地域を中心にパンデミックが広がっています。

ケニア保健省のツイッターはこちらを参照:

https://mobile.twitter.com/MOH_Kenya


これは、アフリカにおいて、インドで確認された変異ウイルス「デルタ株」の広がりがみられることが要因で、ケニアでもすでに確認されています。


感染拡大を受けてアフリカ各国では、外出禁止令等の規制強化を行っています。ケニアでは昨年3月からかれこれ1年以上、夜間外出禁止令が続いています。南アフリカは休校が続いています。


アフリカに提供されているコロナワクチンはインドから輸出されているアストラゼネカ製のワクチンです。インドでパンデミックが起き、ワクチン輸出が止まったため、ワクチン接種がなかなか進んでいません。こうした状況について、WHO=世界保健機関はより一層の警戒を呼びかけています。

報道はこちらを参照:

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210709/k10013128521000.html

全ての人が1日も早く、安心・安全に暮らせるためにもワクチンが滞りなく供給されることを願っています。

(ぽにょ)

posted by resultsjp at 16:51| Comment(1) | 情報

2021年07月15日

秋田出張 道の駅プロジェクト

日本リザルツは、味の素グループの関係者の皆さんと、7月11日、12日の2日間で秋田出張に行ってまいりました。
初日は、潟上市内のキッチンカーを視察しました。
図5.jpg


秋田県のプロサッカーチーム・ブラウブリッツ秋田のイベント会場にもキッチンカーがありました。
図6.jpg

2日目は潟上市の鈴木市長を訪問し、日本リザルツの活動や、キッチンカーを用いた防災時の栄養改善方法について説明させていただきました。市長からは、市内におけるキッチンカーの活用法や今後の展望などについて状況をご共有いただき、とても有意義な面談となりました。


そのだ
続きを読む
posted by resultsjp at 16:51| Comment(1) | 情報