2023年02月02日

スナノミ症治療キャンペーン:クラウドファンディングスタート

こんにちは。
日本リザルツでインターンをさせていただいている杉原怜奈です。
昨日より、『顧みられない病「スナノミ症」に苦しむケニアの子ども達を救いたい!』のクラウドファンディングを開始しました。
スクリーンショット (576).jpg

スナノミ症は、「スナノミ」というノミが足裏や手指から寄生することで、全身の壊死を招く恐れのある恐ろしい病気です。
ケニアでは、国内の半分以上のカウンティで感染が確認されています。
SDIM1294.jfif

1月〜2月の現在は、季節的にスナノミ症の感染がピークを迎えており、感染者は各地で増加し続けています。
私が赴くブニョレ地域では、今年の1月時点で約800人の重症患者が観測されています。
スナノミ症に罹患しても病院に行くのはごく一部の人で、最悪の場合、死を招くこともああります。

日本リザルツは、2016年から現地でのスナノミ症治療キャンペーンや日本からの運動靴の寄贈を行ってきました。また、ケニアのスナノミの日である3月3日を「世界スナノミデー」として、国連デーの一つに制定できるようアドボカシー活動を行っています。
SDIM1111.jfif
IMG_2676.jfif

しかし、新型コロナパンデミック以降、政府やケニア保健省によるスナノミ症対策は後回しになり、現在の現地のスナノミ症の実態は世界に届けられていません。
スナノミ症が世界的に認知され、各国からの積極的な支援が進むためにも、この度、現地で治療キャンペーンを行い、その状況を世界に発信しようと思います。
そこで今回のクラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げるに至りました。

現地でも入手可能な過マンガン酸カリウム(ソーダアッシュ)やココナッツオイルを用い、治療を行います。
また、スナノミ症に感染しない生活習慣や衛生環境を、現地の住民の手によって維持できるよう、予防法講習会などの啓発活動の開催も計画しています。

プロジェクト期間は6か月、治療する患者数は500人以上を想定しています。治療薬や消毒液など膨大な量の治療用具のために100万円が必要です。


一口1000円から、気軽に支援できます。募集期間は4月1日までになります。
ケニアでスナノミ症に苦しむ子どもたちを一人でもなくすために、ご支援よろしくお願いします。
また、ご友人知人へのご周知も、どうぞよろしくお願いします。


杉原怜奈
posted by resultsjp at 10:11| Comment(1) | 情報

2023年02月01日

栄養レンジャー通信:PMAC・武見敬三先生が大活躍編

124日〜29日にタイ・バンコクでPMACが開催されていました。

PMACのスケジュールはこちらを参照:

https://pmac2023.com/schedule


128日(土)にはストップ結核パートナーシップ推進議員連盟会長、国際母子栄養改善議員連盟の会長代行を務める参議院議員の武見敬三先生がご登壇されました。ご活躍の様子をお写真沢山でご紹介させていただきます。

unnamed (6).jpg

unnamed.jpg

unnamed (1).jpg

unnamed (4).jpg

unnamed (3).jpg

武見先生のツイッターにも様子が紹介されていました。

FnpT3Z1aUAAcBj4.jpgFnpT3Z4aEAAtBRo.jpg 

―――

この週末28日土曜日にバンコク出張し毎年恒例のマヒドン王子国際保健会議PMACの気候変動・環境破壊・生物多様性崩壊と健康との関係を論じるパネルで、UNDP人間の安全保障特別報告書の人新生時代の気候変動・パンデミック等を人類社会全体の脅威とみなす次世代人間の安全保障を紹介した。

―――

武見先生のツイッターはこちらを参照:

https://twitter.com/TakemiKeizo/status/1619699233623519232?cxt=HHwWgMDR8eL3qfosAAAA


WHOUHCアンバサダーを務められるなど、日本の国際保健外交のかじ取りを先陣を切ってされてきた武見先生。

故安倍元総理が2013年に寄稿されたランセット「我が国の国際保健外交戦略−なぜ今重要か−」にも武見先生のお名前が出てきています。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/page3_000401.html


セッション後、武見先生にご挨拶に行く白須理事長。長年に渡ってご指導ご鞭撻を賜っております。
unnamed (5).jpg


武見先生Photo.jpeg
今回リザルツの仲間入りした東海大学医学部の立石ひなのさんと3ショット。先生には35日(日)に開催予定のGGG+フォーラムにもお越しいただく予定です。これからもご活躍を期待しています。

今後ますます連携を図ることを確認し、無事にPMACは終了しました。1週間の長丁場、お疲れ様でした!

(ぴんく)

posted by resultsjp at 14:35| Comment(1) | 情報

2023年01月31日

朝令暮改は必要な能力?インドネシアから学ぶ

昨日の日経新聞経済教室の「私見卓見」の欄に、金杉憲治インドネシア大使の寄稿が掲載されていました。

尚、先日来日されていた世界銀行専務理事のマリ・パンゲストゥ氏は、インドネシアの貿易相や観光・創造経済相を歴任されていました。

世界銀行マリ・パンゲストゥ専務理事の来日の様子:

金杉大使の寄稿では以下の点が指摘されていました。
・人口減少の日本と若者の人口増加の著しいインドネシアが相互補完的に協力できる素地があること
・他方、中国や韓国のインドネシア市場の参画が著しく、競争が激しくなりつつあること
・インドネシアの変化と成長に合わせる形で、日本も共に成長していければいいのではないか

金杉大使の指摘の中で、日本は意思決定に時間がかかりすぎ、リスクを過大評価しすぎることがインドネシア側から不満として挙げられているということが挙げられていました。日本は経済大国としての基盤が築かれており、安定を求めるあまり、石橋を叩いて渡る姿勢があるのかもしれません。一方、日本側からは、インドネシアには朝令暮改が度々あるという不満があるそうです。これは成長著しく、常に変化があることも裏返しなのかもしれません。
常に良い選択を心がけようとすると、朝令暮改となるのは仕方なく、むしろ変化に適応していくのために必要な能力なのかもしれません。また、リスクを考えるよりも、どのように成功を導けるかに注力することも大切なことだなと感じました。
私も、自分の考えに固執せず、常に新しい発想と行動で、難しいように思える仕事を一つ一つ進めていきたいと思います。

そのっち
posted by resultsjp at 10:21| Comment(1) | 情報

2023年01月30日

個人認証がデジタル化を促進:立命館大学 上原哲太郎教授

130日付日本経済新聞14面 経済教室


サイバーセキュリティが専門の立命館大学の上原哲太郎教授の寄稿が掲載されていました。上原教授はマイナンバーカードに関する動きを通じて、日本の行政サービスのデジタル化の遅れが露呈したと指摘していました。


行政サービスデジタル化の基盤となると期待するのがマイナンバーカードです。マイナンバーカードの交付に関して、様々な議論がありました。ただ、マイナンバーカードとマイナンバーの違いが不明瞭であることが、混乱を招いているそうです。


マイナンバーは、個人が誰であるかを証明する(個人認証)機能を有しません。一方、マイナンバーカードは、個人認証機能を有するため、不正利用やなりすましリスクがあります。ただ、こうしてリスクは窃盗などによるものが多く、物理的なカード管理で対処できるそうです。


マイナンバーカードには多くのメリットもあります。

現在、日本では銀行口座開設や携帯電話の契約が対面で行われ、目視照合による本人確認が必要です。郵送などを用いた照合は代理人が行いますが、なりすましを見破ることはできません。

マイナンバーカードは、交付時に目視照合による本人確認がなされており、情報は頑丈なセキュリティによって保護されています。カードの個人認証機能を用いれば、今まで対面で行われていた手続きが、ネット手続きに置き換えられ、簡易化されるのではないかと期待されています。

一方、カードの普及には、取得手続きや暗証番号設定が煩雑という課題もあります。教授はそうした課題を乗り越え、普及すれば、日本のデジタル化の遅れが解消されるのではないかと指摘していました。

私自身も、最近、マイナンバーカードを取得したのですが、マイナンバーカードとマイナンバーの違いに関しては記事を読むまで知らず、目から鱗でした。また、カードの取得の際はマイナポイントをもらえるなど、分かりやすく恩恵を感じました。

デジタル化には弊害もあるであろうことは頭に入れつつ、今後のマイナンバーカードの活用のされ方については、引き続きチェックしていきたいと思います。

くーぱ
posted by resultsjp at 15:36| Comment(1) | 情報

生きる喜び:芳井敬一・大和ハウス工業社長からの課題

本日の日経新聞25面に、芳井敬一・大和ハウス工業社長が提案された「あなたの生きる喜びは何ですか?」という課題に対して、読者の返答を紹介しているコーナーがありました。

少し紹介したいと思います。

29歳会社員の女性は、「対面で得る充足感」だといいます。
現代では、ライフスタイルの多様化や、ネット、SNSが普及したことで、付き合いが減ったことを指摘。一人ひとりが持っている強みを活かすためにも、笑顔をシェアし、感謝の言葉を面と向かって言える「対面で得る充足感」は重要だと述べています。

66歳自営業の男性は「若者を育てる」を挙げていました。
江戸時代は、若者にどれだけ知恵を伝承したか、1人でも多くの若者を育てたことが、お年寄りの評価基準となるくらいだったそうです。若い時に苦労し、年を取ってから余生を楽しむという生き方を、江戸時代の多くの町衆が描いていたことを挙げ、自分も他人を勇気づけたいとしたためています。

これらは、まさに日本リザルツの活動ではないでしょうか。
コロナ禍において、様々なイベントや会議、職場もリモート化し、便利でムダは省かれました。ただ、直接挨拶する喜びや世間話を楽しむ余裕はいつの間にかなくなってしまったように思います。
日本リザルツ主催で行われる会議やイベントは全て対面で行われます。学生から政治家まで、あらゆるアクターの方々が大勢参加され、直接意見交換をします。こうして多くの方に対面で参加していただけるイベントが続けられているのは、白須理事長はじめ日本リザルツが、「対面で得られる充足感」を大切にしているからだと言えます。

「若者を育てる」も同様です。
日本リザルツには、次から次へと学生インターンが来ます。普通では会えないような凄い方にお会いできたり、イベントの企画や運営を任せてもらえたり、かけがえのない貴重な経験をさせていただけます。
学生に沢山の活躍のチャンスが巡ってくるのは、白須理事長が「若者を育てる」ということを大切にされているからではないかと思います。

日本リザルツで得られる沢山の知識と経験は、今後の人生を生きる上で大きな糧になりそうです。
3月5日、日本リザルツ主催で行われるGGG+フォーラムは、学生インターンが中心となって運営を行っています。フォーラムの中では、大学生との対話形式でのセッションを行う予定です。
多くの方が対面で意見交換する充足と生きる喜びに溢れた会議になるよう、インターン一同全力で頑張ります。


(おすぎ)
posted by resultsjp at 15:13| Comment(1) | 情報

2023年01月29日

栄養レンジャー通信:PMAC・番外編:昆虫食探訪!

124日〜29日までPMACがタイ・バンコクで開催されています。

滞在中、レンジャー一行はこんなところにも顔を出しました。


やってきたのはタイの屋台です。

unnamed (3).jpg

すっかり、コロナ規制もなくなり、人でごった返しています。現地の皆さんのアテンドで目的地に向かいます。


ここに来たのはなぜか?

そう、最近リザルツ界隈で関心が高まっている「昆虫食」について、実地調査を行うためです。


勉強会の様子はこちらを参照:

http://resultsjp.sblo.jp/article/189988187.html


*ちょっと衝撃的な写真が続きますので、集合体恐怖症(トライポフォビア)の方はご注意してご覧ください。


unnamed.jpg

これはまだ虫っぽくないほうです。ぱっと見るとアミエビみたいですね。

unnamed (1).jpg 

日本リザルツの昆虫食勉強会でも話題になった蚕(Silk worm)。

unnamed (2).jpg 

こちらはコオロギ(Criket)。見た目は、日本でも食べられているイナゴの佃煮みたいです。


極めつけは…こちら!

unnamed (7).jpg

サソリ?ザリガニ?でしょうか。食べるのに勇気がいりそうです。

unnamed (5).jpg 

お店のお姉さんが手際よく取り分けてくれます。

unnamed (6).jpg 

ここでも女性のパワーがひと際光ります。今回のサイドイベントとタイ訪問でお世話になったチュラロンコーン大学のNattida講師と味の素(株)のManasi課長です。

unnamed (4).jpg 

大きな虫もへっちゃらのようです。逞しい!


尚、はじめて食べたレンジャー・ブルーによると「結構おいしかった」そうです。

気候変動により食料供給の問題が深刻化する中、昆虫食の可能性が見直されてます。日本でも大手企業が参入するなど動きがあるので、今後ますます目が離せませんね。


(ぴんく)

posted by resultsjp at 18:29| Comment(1) | 情報

栄養レンジャー通信:PMAC・最終日に新たな出会い!?編

124日から開催されていたPMAC。いよいよ今日が最終日です。

今回のPMAC本会議でスピーカーをされた日本人はお二方でした。

1人はストップ結核パートナーシップ推進議員連盟会長、国際母子栄養改善議連会長代行などを務められている、日本の保健政策の第一人者、参議院議員の武見敬三先生。もう1人が、国立環境研究所の南齋規介先生です。先生は資源循環領域(国際資源持続性研究室)の室長として、地球温暖化に対応するための資源管理や食料生産方法などの研究をされています。


詳細はこちらのPMAC・スピーカー一覧を参照:

https://pmac2023.com/speaker/show/K


unnamed.jpg

unnamed (3).jpg

unnamed (5).jpg

unnamed (1).jpg

unnamed (2).jpg

unnamed (4).jpg


レンジャー部隊も南齋先生のプレゼンテーションを興味深く拝聴したようです。


南齋規介先生のプロフィールはこちらを参照:

https://www.nies.go.jp/researchers/100283.html


一番面白かったのが「環境を議論するよりもっと重要なことがある。町中のエアコンの設定を27度に、そして服装はTシャツ、団扇を持つ!これを実践する必要がある」という先生のコメントで、会場から笑いを誘っていたそうです。
バンコクの屋内に入ると長袖の羽織が必要なくらい、冷房がガンガンに効いています。そのことをうまくジョークを用いて指摘されたのです。
先生は団扇を例に出していましたが、それを小さくして折りたたんだ扇子は日本の発明品です。レンジャーが昔読んだ本によると、韓国の作家が「なんでもコンパクトにするのが日本は得意」なのだそうです。

unnamed (6).jpg

レンジャー・ブラック、霞が関の魔法使いどーらは、ここでも行動力抜群!早速、記念撮影をしてもらいました。


今回のPMACを通じて、ただの栄養改善だけでなく、気候変動や環境に関する取り組みと合わせて取り組みを進めることの重要性を感じました。

今後の日本リザルツの取り組みにも活かされそうですね。

(ぴんく)

posted by resultsjp at 16:09| Comment(1) | 情報

2023年01月27日

栄養レンジャー通信:PMAC・ちょっと一息、ディナー編

PMAC本会議1日目が終了しました。

本会議のスケジュールはこちらを参照:

https://pmac2023.com/schedule

unnamed (3).jpg 

夜はWelcome dinnerがあり、美味しいタイ料理で英気を養ったようです。

unnamed (5).jpg 

主催者からのご挨拶です。

unnamed (4).jpg 

タイの民族舞踊や楽器演奏などで歓迎いただきました。

unnamed.jpg 

一番左は児童精神科医を夢見る東海大医学部の2年生、立石ひなのさんです。栄養改善に向けた若い仲間との出会いにレンジャー・ブラック、霞が関の魔法使いどーらも嬉しそうです。

unnamed (2).jpg

unnamed (6).jpg 

巨大スクリーンでは、今回の会議に向けた取り組みの様子が紹介されました。ここでもタイの皆さんがエネルギッシュに活動しているのが印象的でした。

unnamed (1).jpg

一連のサイドイベントでお世話になった味の素(株)の黒岩様。色々と準備をして下さり、本当に有難うございました。 


どんどん仲間が増え、ますます勢いづく栄養レンジャーたち。明日の報告も楽しみにしています。

(ぴんく)

posted by resultsjp at 22:50| Comment(1) | 情報

栄養レンジャー通信:PMAC・驚きが満載。フィールドトリップ編

124日〜29日までPMACが開催されています。


会議室だけの議論はつまらない…ということでPMACでは、フィールドトリップが設けられており、気候変動や食料供給、それに栄養に関する分野など、参加者の皆さんがそれぞれ興味を持ったところに視察に行くことができます。今日は、マヒドン大学病院内に新設された医学研究所の見学の様子を、お写真いっぱいで報告させていただきます。


フィールドトリップの詳細はこちらを参照:

https://pmac2023.com/fieldtrip/4/detail


unnamed.jpg 

タイ、東南アジア諸国、日本国内からも要人が参加されていることもあって、警備体制はばっちり。ツアーバスはパトカーの先導付きです。


banner3.png 

Chakri Naruebodindra Medical InstituteCNMI)は、マヒドン大学病院の一部門です。2017年に設立されたばかりの研究所は、4Esというコンセプトを採用しています(Education Reform, Environmentally Friendly, Energy Saving, and Excellent Living and Learning Conditionの略)。4Esとは、教育改革、環境にやさしい、省エネ、優れた生活と学習条件の意味です。

施設は主に病院、医学部、住宅地で構成されており、1日に数千人の人々に対応しています。相当量の天然資源を必要としていたため、より持続可能な運営を達成するために、エコに配慮した取り組みを行っているそうです。

unnamed (2).jpg 

unnamed (1).jpg

最新鋭の施設に着きました。ぴかぴかです。

unnamed (3).jpg 

中も豪華。装飾がタイを彷彿をさせます。

unnamed (4).jpg 

ドクターヘリが着陸できる場所もあり、救急搬送にも対応しています。

unnamed (7).jpg

学生の皆さんがお迎えしてくれました。

 unnamed (8).jpg

最新病院は環境対策が万全の未来型病院施設で、正にGreen hospital!環境保全・エコという意味では、日本の病院よりもかなり先行した印象を受けたようです。


例えば、屋上に設置されたソーラ屋根では、毎月約3MWhの電力を生産しています。また施設全体の省エネと廃棄物管理キャンペーンにより、2022年に約464トンのCO2換算を削減しているそうです。また今年はじめにはろ過とオゾン処理によって廃水を再利用するプロジェクトも始めるなど様々な取り組みを試みているようです。

 unnamed (5).jpg

unnamed (6).jpg

施設の説明や司会進行などでは、在籍する医学部の学生さんが活躍されていたそうです。英語でのびのびと発表する学生たちからエネルギーをいただき、「タイは伸びる」と確信したレンジャーの皆さん。日本の学生さんにも負けずに頑張っていただきたいところですね!

unnamed (10).jpg 

Green hospital視察の極めつけはエコ自転車!広大な施設をエコに堪能し、大満足のうちにフィールドトリップは終わったようです。

(ぴんく)


posted by resultsjp at 20:39| Comment(1) | 情報

栄養レンジャー通信:PMAC・本会議始まる!

124日〜29日までPMACが開催されています。

いよいよ今日からは本会議。会場の熱気溢れる様子をご紹介させていただきます。

PMAC2023公式サイトはこちらを参照:

https://pmac2023.com/home


今回のPMACは、A setting new health agendaがテーマです。開催目的によると「世界が新型コロナの流行による健康、社会、経済への影響、拡大・深化する不平等、今年の異常な政治的出来事による世界的なエネルギーと生活費の危機に対処しようとしている中、気候危機に対処する時間は急速に失われつつある」とし、「私たちは理性の声を増幅し、急速に変化する気候から人々の健康を守るために不可欠な、迅速、果断、かつ首尾一貫したセクター間の行動とグローバルガバナンスの改善を支持、提唱する責任を持つ。地球の資源の限界を尊重しながら、すべての人が繁栄する機会を得られるように、今行動する必要がある」と強いメッセージを発信しています。


unnamed.jpg 

タイのマハー・チャクリー・シリントーン王女殿下からのご挨拶で本会議がスタートしました。

unnamed (1).jpg

unnamed (2).jpg 

タイ国内はもちろん東南アジア周辺諸国の要人、日本政府の関係者、国際機関、アカデミア、民間企業、NGOなど多くの方がバンコクに集結しました。会場は満員御礼です。


unnamed (3).jpg 

白須理事長は、タイの上院議員でマヒドン大学名誉教授のクラシッド先生とばっちり記念撮影をさせていただきました。クラシッド先生はタイ王室の栄養アドバイザーで、FAO栄養部門でトップを務めたこともある方です。


クラシッド先生のご経歴はこちらから:

PROF. (EMERITUS) KRAISID TONTISIRIN, PH.D.

https://www.thaiunion.com/en/innovation/global-innovation-leadership/372/prof-emeritus-kraisid-tontisirin-phd


アジアの栄養のリーダーと意見交換をした白須理事長。これを機に栄養改善に関して、日本とタイの更なる交流と連携促進が期待できそうです。

明日も本会議は続きます。

(ぴんく)

posted by resultsjp at 20:08| Comment(1) | 情報