2020年02月17日

どーらのザンビア珍道中5

霞が関の魔法使いどーらこと白須は2月8日に日本を出国し、ザンビアを訪問。15日の夜に帰国しました。
ザンビアは白須が感染症抑止のアドボカシーを始めた原点でもあります。

ストップ結核パートナーシップの代表理事であるどーらは、結核・エイズ活動家の故ウィンストン・ズルさんとともに、2007年に安倍首相を表敬。これが、グローバルファンドの継続的な巨額の拠出につながりました。ザンビアはズルさんの故郷でもあります。

安倍首相と握手アップ(着席).jpeg


ザンビアでの訪問は、JICA、在ザンビア大、外務省の皆様のお陰もあり、非常に実りのある滞在となった模様です。無事に保健省とも覚書をかわし、ドローンミッションがいよいよ本格的に始まりました。

ANAホールディングスなどがドローンを使って血液検体などを運ぶプロジェクトはこちらを参照。

どーらもズルさんの故郷で新たなプロジェクトが始まることにワクワクしているようです。
全ての交渉がスムーズにいったのは天国のズルさんのお陰かもしれませんね。
71歳になっても世界各地で奮闘するどーらさん。ズルさん、天国から引き続きどーらさんを見守っていてくださいね!
(かめ)
posted by resultsjp at 20:33| Comment(0) | 情報

2020年02月16日

もうすぐ春ですね

日本に帰国した白須から、梅の花の写真をいただきました。

B036B3B6-6C08-4128-AFD0-D27B629802E8.jpeg
日本リザルツの岐阜支部の高木様という方からいただいたお写真ということです。骨髄バンクのボランティアもされている方です。
ケニアには日本のような四季がないので、なんだか懐かしい気持ちになりました。
(かめ)
posted by resultsjp at 19:45| Comment(2) | 情報

2020年02月14日

はじめまして

はじめまして!今週から日本リザルツで働き始めました村井です。

4月からケニアに駐在予定です。

今まで、ウガンダ、ペルー、タンザニア、マラウイといった国々で働いていました。

むむむ

posted by resultsjp at 13:26| Comment(2) | ケニア

どーらのザンビア珍道中4

霞が関の魔法使いどーらこと代表の白須はザンビアを訪問中です。
12日はザンビア南部のチョマを訪問し、実際にドローン実証実験を行う場所等を確認しました。
13日は在ザンビア日本国大使館の水内龍太大使を訪問し、今回の滞在の成果をご報告させていただきました。
_20200214_055817.JPG


また、日本リザルツのパートナーであるCITAM+も訪問し、ドローンプロジェクトの説明をさせていただきました。

KIMG0346.JPG
KIMG0349.JPG
皆さん、ドローンに興味深々です!(撮影:どーらby例のガラケー)

明日はザンビア滞在の最終日。身体に気を付けて頑張ってくださいね、どーらさん!
(かめ)

posted by resultsjp at 02:19| Comment(2) | 情報

2020年02月13日

両国高校ご一行来訪

本日、日本リザルツで行っているスナノミ症対策プロジェクトについて話を聞きたいとのことで、両国高校から5名の学生さんがいらっしゃいました。皆さん熱心にメモを取りながら聞いてくださり、また質問もたくさんしてくださいました。
なんでも、スナノミ症について動画やSNSなど高校生ならではの感性と手法で多くの方に知っていただく取り組みをしたいとのことで、素晴らしいと思うと同時に、自分は高校1年生の時何をしていたのか…などと考えてしまいました。
引き続き、連絡を取り合って、どのように協力できそうか検討していきます。
UME

IMG_5237.JPG

IMG_5239.JPG

IMG_5244.JPG

IMG_5247.JPG

posted by resultsjp at 18:50| Comment(2) | スナノミ症対策

毎日新聞 オピニオン欄 掲載

本日の毎日新聞 オピニオン欄に日本リザルツ職員の長坂の投稿が掲載されましたので紹介いたします。
ナイロビのごみ問題につぃて、現地のニーズに沿った対策に日本のごみ処理に関する技術とノウハウを活かして欲しいとの内容です。(か)

毎日新聞0213「発言」.jpg

posted by resultsjp at 13:05| Comment(2) | 情報

どーらのザンビア珍道中3(事務次官にご対面編)

霞が関の魔法使いどーらこと代表の白須は現在ザンビアを訪問中です。
12日の夕方には、ザンビア保健省の事務次官(Technical Service担当)のもとを訪問し、プロジェクトに関してお打ち合わせをしてきました。
早速、お写真が届きましたので、紹介させていただきます。

保健省面会.jpg
最大のミッションが上手くいったようで、皆さん笑顔です。よかったですね!
どーらのザンビアミッションはまだまだ続きます。
(かめ)
posted by resultsjp at 01:15| Comment(1) | 情報

2020年02月12日

釜石市の凧揚げ

釜石市で今月15日に開催される凧揚げについて報道がなされています。


パレスチナ自治区ガザの子どもたちと釜石市の子どもたちをつなぐこの凧揚げですが、その報道の中で凧揚げの契機として、以前日本リザルツに勤め、その後UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)へ行かれた吉田美紀さんについて触れられています。

天気に恵まれ、想いが届く凧揚げとなることを祈っています。
UME
posted by resultsjp at 20:00| Comment(2) | 情報

2020年02月11日

どーらのザンビア珍道中2(夕食会)

霞が関の魔法使いどーらこと代表の白須は現在ザンビアを訪問中です。
昨日は、現地に駐在する日本のNGOやアカデミア、そしてJICAなどの皆さんと意見交換を兼ねた夕食会を行いました。

KIMG0287.JPG
KIMG0289.JPG
KIMG0291.JPG
KIMG0293.JPG
KIMG0294.JPG
撮影:どーら(例のガラケーで撮っています)。
盛り上がってそうですね!
(かめ)
posted by resultsjp at 17:03| Comment(2) | 情報

今度はザンビア珍道中1

霞が関の魔法使いどーらこと代表の白須は2月も大忙し!
2月8日に東京を発ち、今度はなんとザンビアを訪問中です。

ANAホールディングスなどがドローンを使って血液検体などを運ぶプロジェクトに専門家として帯同するためです。
ANAのプレスリリースはこちら

こちらのプロジェクトは、地上交通が未発達な地域の病院とヘルスセンター間などで実施され、HIV/AIDSの診断や治療に必要な検査用血液検体、結核検査用の喀痰(かくたん)、消耗品や試薬などの医療関連物資をドローンで運ぶ実証実験を行います。検体回収から診断や治療など、医療サービス全体の時間短縮や輸送品質を高めることで、検査の質の向上を図ることが目的です。

尚、こちらは、どーらが関係各所に掛け合い、2017年のUHCフォーラムの首相スピーチにドローンを入れ込んだことに端を発するものとなっております。
どーらにとってもザンビアは思い入れのある国。ストップ結核パートナーシップの代表理事であるどーらは、2007年に安倍首相を表敬し、グローバルファンドの継続的な巨額の拠出につなげた結核・エイズ活動家の故ウィンストン・ズルさんの故郷でもあります。
安倍首相と握手アップ(着席).jpeg

また、昔、ストップ結核パートナーシップ推進議員連盟の事務局長である浜田昌良参議院議員とザンビアを訪問した際には、カウンダ元大統領にもお会いしました。
スタッフ、大統領と.jpeg

今回はザンビア保健省や大使館、JICA、現地NGOを訪問し、意見交換を行います。
どーら写真210.jpeg
早速、活動の様子のお写真が届きました。保健省の皆様と。
お写真は随時更新しますので、皆さん楽しみにしていてくださいね。
(かめ)
posted by resultsjp at 01:24| Comment(1) | 情報