2017年06月28日

釜石生活73 〜保育園へのチラシ配り〜

先週、釜石市教育委員会に常設されている公立幼稚園と小中学校のメールボックスに、7月15日の「弁護士による養育相談会」のチラシを持って行き投入しました。
そのチラシは、週3回のメールボックスから各学校と園に運ばれるルートに乗って学校、園に届けられ、やがて保護者に配布されます。
そのルートに乗らない、つまり教育委員会の管轄外の保育園、こども園、子育て支援センター等、併せて19の施設へ、6月27日(火)午後、チラシを届けて歩きました。(実際は車で行きます。)

弁護士相談会 7.15改.jpg

この作業も、もう何度も行ってきましたので、行く先々での反応や反響も返していただけるようになり、それも楽しみにして出かけます。
今回も、こんなことがありました。
1.訪れた保育園の保育士さんが、前回の弁護士相談の利用者でした。お渡ししたチラシをご覧になり「これ、待っていたんです。2回目なので、前日まで待って空きがあったら予約したいです」とおっしゃっていました。「相談室へはいつでもどうぞ。私の方で対応できることもあるかもしれませんし」とお伝えしました。
2.こども園にお迎えに来られたお母さんから「鈴木さんでしたっけ?お馬さんのイベントでお世話になった〇〇です。写真も送っていただいてありがとうございます。飾ってますよ」とお声掛けいただきました。
3.保育園で対応に出てこられた保育士さんは支援者研修会の参加者でした。
4.ある園では、お子さんとの笑顔の再会がありました。一時は登園拒否だったのですが、親子交流会に参加されたり、相談室にも遊びに来られたり、最終的には近いけどバスに乗せてみるという方法で快方に向かい、今となっては「あんなこともあったね」「あれは何だったんだろう」と不思議な思いで振り返る出来事です。そのお子さんが、「あれ〜、今日はどうしたの?」と、ちゃんと私を認識して声をかけてくれたんです。「ちょっとお仕事で来たんだ。〇〇ちゃん、覚えててくれたの?ありがと〜。また青葉ビル遊びにきてね」と返すと、「うん」としっかりうなずきました。

各施設で、お話ししたり情報交換などしていると、夕方になってしまいました。
園児たちのいない遊具は、心なしか寂しそうに見えます。

園庭.png
都会では、園の建築に、「子どもの声がうるさい」からと、近隣住民の反対が出たりしますが、子どもたちには元気に、遠慮なく声を出して遊んでほしいかな〜と私は思います。
話しがそれました。
今日は、釜石で歩んで得てきたことを実感できて、心が温かくなったチラシ配りでした。(鈴木)
posted by resultsjp at 12:55| Comment(0) | 東北復興支援

2017年06月27日

ジブチ共和国独立40周年レセプション

日本リザルツの代表白須と秘書の小鳥はジブチ共和国独立40周年祝賀レセプションに出席しました。
元防衛大臣で日本ジブチ友好議員連盟会長の小野寺五典先生や日本-AU友好議員連盟会長代行の三原朝彦先生もお見えになり、大変盛り上がりました。

多くのアフリカの要人の方にお会いできる貴重な機会になりました。

(はるか)
IMG_1908.JPGIMG_1910.JPGIMG_1912.JPGIMG_1913.JPGIMG_1916.JPGIMG_1914.JPGIMG_1917.JPG
posted by resultsjp at 19:35| Comment(2) | 情報

【速報】ナイロビ生活vol25 "学校保健編"

皆さま、こんにちは。白石です。
(ケニア時間14:49更新)

前回のブログナイロビ生活vol24はこちら
ナイロビ生活vol24 "エンドライン調査編"

===

6月27日-6月29日、3日間にわたりカンゲミ地域にある小学校で「School Health」を開催しています。

Screen Shot 2017-06-27 at 11.16.07 AM.png

IMG_20170627_141428.jpg

IMG_20170627_142518.jpg

IMG_20170627_142533.jpg
(赤の洋服の方が校長先生です)

※随時写真を追加します

しらいし
posted by resultsjp at 17:28| Comment(2) | 情報

第65回財務省NGO定期協議

昨日、財務省で開催された第65回財務省NGO定期協議に出席しました。日本リザルツは、栄養三銃士のセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、ワールド・ビジョン・ジャパンと合同にて、Scaling Up Nutrition (SUN)信託基金についてご質問させて頂きました。また、アフリカ日本協議会の稲場様からはUHCフォーラムについて、日本国際ボランティアセンターの渡辺様からはアフリカ債務問題、モザンビーク炭鉱関連インフラ開発事業についてご質問がありました。それ以外にも、ボツワナの大気汚染、インドネシアの環境ガイドラインについても話し合いがもたれました。

近年、『連携が大事だ』とよく言われています。しかし、立場の違いによっては時に意見が対立し、議論が停滞することもあります。国際機関、政府機関、民間企業、そして、NGOが統一的なアプローチをするためには、連携の質を高めていく必要があります。定期的に話し合いを重ねるとともに、連携の質を高めるための工夫を皆で話し合う機会があってもよいのではないでしょうか。(トミー)
posted by resultsjp at 14:13| Comment(2) | 情報

日本科学未来館でのイベント

皆様、お久しぶりです!
インターン生の春日です。

先日はスタッフに連れられて薬剤耐性(AMR)のイベントが催された
日本科学未来館に行って参りました。
実は先週、友人とディズニー展のために訪れていたので
早くも2度目の訪問となりました。

急遽参加することになったものですから、AMRという言葉についても
全く知らなかったのですが、会場にお子さんもいらしたので
分かり易い説明を聴くことができて、勉強になりました。
抗菌薬の適正使用については、世間のみならず医師のあいだでも
認知されていないケースもあるということにびっくりしました。
これはヘルペスにかかり易い体質である私にとっても身近なことで、
抗生物質の摂取量には十分に注意しようと思いました。
イベントでは「薬物耐性へらそう!」応援大使のJOYさんや篠田麻里子さん、
そして日本で初めて宇宙へ行った宇宙飛行士の毛利衛さんにもお会いできて
終始興奮冷めやらぬ状態でした。
表彰式では企業やクリニック、病院などの組織に加え、学生の団体も表彰されており、
自分と同い年くらいの学生がここまで努力して成果を出していることに
大変感銘を受け、私も自分の道で頑張ろうと改めて決意できた日になりました。
(もすが)
posted by resultsjp at 11:02| Comment(3) | 情報

2017年06月26日

薬剤耐性(AMR)対策普及啓発イベント

本日日本科学未来館で開催された、平成29年度薬剤耐性(AMR)対策普及啓発イベントに参加してきました。感染症などの細菌に対しては、これまで抗菌剤で対処してきたが、抗菌剤の使用過多などにより、細菌が耐性を持ち徐々に抗菌剤の効き目が薄れていく状況になっている。この懸念は以前よりあったが、今回内閣官房(国際感染症対策調整室)が主催して、薬剤耐性(AMR)の対策普及啓発イベントを実施することになり、同時に第1回薬剤耐性対策普及啓発活動表彰も併せて行うことになった。
最初に山田安秀国際感染症対策調整室長が挨拶され、耐性菌への対策の重要性を語られ、その中でこのままの状況が続けば、AMRによる死亡者数が驚異的な数字に上るとの予測もあるとの話があった。その後忽那賢志国立国際医療研究センター医師及び田中里沙事業構想大学院大学学長お二人によるトークに移り、風邪・肺炎・インフルエンザを例に、抗菌剤が効かない疾病はどれかなど、分かり易い話をされていた。ここに「薬剤耐性へらそう!」応援大使のタレント、JOY さんと篠田麻里子さん、山田室長が加わり、どのような対策と啓発が必要かなどのトークイベントが続いた。また、薬剤耐性(AMR)対策推進国民啓発会議議長の毛利衛さんは、ご自身が無菌状態の宇宙滞在から帰還した際の体験談や人間の体に潜む、400〜1,000兆個の微生物の話をされ、対象は小さくともことの大きさに、感覚がマヒしたような感じを受けた。今回表彰の対象となったのは12団体、様ざまな活動、功績を有する中で、動物にも耐性菌があり、また人の耐性菌の存在その研究は数十年前から行われていたことも今回初めて知ることになった。薬で治せると思っていたことが出来ない、ことの重要性と早期の対策を知らされたイベントでした。
写真撮影禁止の為、文面のみです。

局チョー

posted by resultsjp at 22:54| Comment(3) | 情報

薬剤耐性(AMR)対策に係る普及啓発イベント(内閣官房国際感染症対策調整室とは編)

26日(月)、薬剤耐性(AMR)対策に係る普及啓発イベントが開かれました。
主催されたのは、日本リザルツも親交の深い内閣官房国際感染症対策調整室です。

国際感染症対策調整室では、国民の薬剤耐性(AMR)に関する知識や理解を深めるため、関係諸機関・諸団体等と連携の下、薬剤耐性の脅威に対する国民運動を展開することとしていることから、薬剤耐性に係る全国的な普及啓発活動を推進しています。
また、ジカウイルスなどの感染症などの対策も行っています。

日本リザルツのスタッフ池田が、開発途上国の感染症対策に係る官民連携会議に出席するなどお世話になっています。

室長を務められるのは、山田安秀内閣審議官です。

17498399_802725959865703_3780011001245821769_n-thumbnail2.jpg

「月刊ランナーズ」5月号には、リザルツTシャツを着た山田室長が掲載されました。
イベントをきっかけに国際感染症対策調整室の取り組みがますます注目されるといいですね。
(はるか)
posted by resultsjp at 17:09| Comment(3) | 情報

6月の夫婦のコミュニケーション講座

IMG_9883.JPG

昨日は、らぽーるの夫婦のコミュニケーションセミナーを開催いたしました。

参加者の個々のケースについて、検討する時間が多くとることができて、離婚の仕組みについて、子どもへの対応についてなど多岐に渡り話し合えました。

その中で思ったことは、人との葛藤に向き合うということは、自分の内面と向き合うことでもあるのだろうということです。

離婚に限らず、人との葛藤は生きていく上で避けられないと思います。特に、距離が近くなれば意見の食い違いが起こってきやすくなります。友だち同士や、職場、家庭、どこでも起こり得ます。しかし、そこここで起こる葛藤にしっかりと向き合っていくことは、とても根気のいることで、労力も時間もかかります。そこでは、自分の気持ちに向き合ったり、相手の主張に耳を傾けて理解を示したりすることが必要です。

効率を求め、時間に追われる現代人に、そんなことをやっている暇がないというのも理解できます。
しかし、人と深く関わらず、自分を見つめる時間もない人生は、なんだか虚しく感じます。
そして、問題が大きくなってから、どうしようとなることもあります。
現実と折り合いをつけつつも、葛藤と向き合う時間も大切にしたいものです。
(大川)
posted by resultsjp at 12:24| Comment(3) | らぽーる

2017年06月25日

稲場さんがリザルツに来訪

23日(金)NGOの重鎮である稲場雅紀さんが日本リザルツを来訪し、白須とNGOの今後について討論をしていました。
7.jpg

NGOが日本、世界で活躍するためには、統括をされている稲場さんのお力が必要です。
日本リザルツも稲場さん、そしてNGOの活動を応援していきます。
(はるか)
posted by resultsjp at 21:13| Comment(3) | 情報

[ニュース]イエメンでコレラ流行、感染疑われる症例20万件超

日本リザルツが力を入れる活動の1つが感染症の抑止です。

感染力の強い病として知られているのが、コレラです。コレラは、コレラ菌(Vibrio cholerae)を病原体とする経口感染症の1つです。近年、世界でコレラ・パンデミックが問題となっています。

今日は、そのコレラについて、深刻なニュースが入ってきました。

イエメンでコレラ流行、感染疑われる症例20万件超

内戦状態にある中東イエメンでコレラの流行が止まりません。
WHO(世界保健機関)は24日、中東イエメンでコレラが疑われる症例が20万件を超えたとの声明を発表しました。1日に5000件のペースで増えているということです。コレラによる死者数については1300人以上とし、その4分の1は子どもだとしています。

イエメンではサウジアラビアが支援するハディ暫定大統領側と、イランが後ろ盾に立つイスラム武装組織「フーシ派」が対立し、内戦状態に陥っています。内戦状態の混乱で、安全な水や衛生といった社会サービスが市民に行き届いておらず、コレラへの有効な対策が取られず今後、コレラによる死者数はさらに増えることが予想されています。

イエメンでは武力紛争やコレラだけでなく、1700万人が深刻な食料不足に見舞われており、そのうち700万人近くが飢餓に直面する事態にも陥っています。先月30日には国連で人道問題を担当するスティーブン・オブライエン事務次長が「イエメンは完全な崩壊状態」に向かいつつあると警鐘を鳴らしています。

ニュースの動画がご覧になりたい方はこちらを参照。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3087628.html

誰一人取り残さない世界(SDGs)を目指すためには、困っている人の声を拾うことが大切です。紛争地域において感染症の抑止に向けた取り組みが、すぐに進むことを願ってやみません。
(はるか)
posted by resultsjp at 16:58| Comment(3) | 情報