2018年08月21日

国際連帯税に関し、本日の日本経済新聞が大きく報道

河野大臣.jpg                

本日の日本経済新聞4面(政治欄)に「外相『途上国支援に新税を』 国際連帯税を提起」と題して、下記の通り、比較的長文の記事が掲載されました。記事では、国際連帯税が「ODAの代替策」として扱われていますが、正確には「ODAの補強策」と表現した方がよいでしょう。日本のODAは1.1兆円(支出純額、2016年)ほどあり、いきなりこの程度の額を国際連帯税で創出するのは無理だからです。

ちなみに、航空券連帯税で500億円(フランス並みの定額税で)程度です。ただし、実施に向け議論中の欧州10カ国の金融取引税(株式・債券・デリバティブ取引への課税)の税率並みでは1兆円近くの税収となりますが。

また、記事にある「河野氏によると、16年の1日あたりの外国為替取引額は約6.5兆ドル。0.01%の税をかければ1日で6.5億ドルの税収が見込めると主張する」というのは、河野議員のブログ「ごまめの歯ぎしり」に記載されています。

近々に、7月26日開催された「SDGsのための国際貢献と国際連帯税を考えるシンポジウム」の報告集が本ブログと小冊子で出されますので、お待ちください(UMEさんががんばっています)。


【日経新聞】外相「途上国支援に新税を」 国際連帯税を提起
安定財源狙う、経済界の反発根強く 

 河野太郎外相が発展途上国の貧困対策などに充てる「国際連帯税」の導入を提起している。議論を喚起して国内外の関心を高め、政府開発援助(ODA)に代わる新たな途上国支援の財源として検討を進めたい考えだ。国際連帯税の導入はかねて政府内でも構想があったものの、経済界などの反発が強く、長年議論が停滞している。

ODAの代替策

 外務省は8月下旬に2019年度の税制改正要望を提出し、国際連帯税の新設を提案する方針だ。10年度以降は9年連続で検討を盛り込み、実現を求めてきた。

 河野氏は7月、都内で開いた国際連帯税に関するシンポジウムで「国の予算に依存せず、必要な資金のギャップを埋めるやり方として国際連帯税は有力な方法の一つだ」と語った。「先進国は『援助疲れ』している」とも述べ、縮小傾向にあるODAの代替策が必要だと指摘した。

…中略…
 河野氏が提唱するのは個別の国ではなく国際社会が全体で合意し、課税する仕組みだ。例えば外国為替取引に税をかけ、税収を国際機関が管理する案だ。河野氏によると、16年の1日あたりの外国為替取引額は約6.5兆ドル。0.01%の税をかければ1日で6.5億ドルの税収が見込めると主張する。

G20で呼びかけ

 河野氏は5月の20カ国・地域(G20)外相会合で国際連帯税の検討を呼びかけた。来年に日本で開くG20関連会合でも議題とし、国際的な関心を高める狙いがある。

 日本では10年ほど前に国際連帯税の導入に向けた機運が高まった。08年には超党派の議員連盟が立ち上がり、10年には政府税制調査会の下に「国際課税小委員会」を設置して具体的検討に入った経緯がある。

…中略…
 年末の与党税制調査会では国際連帯税の導入について議論する見通しだ。途上国支援のための効果的な仕組み作りには国内外の理解を得て検討を進める必要があり、成案をまとめるのは一筋縄にはいかない。

★写真は、7.26シンポジウムであいさつする河野大臣(外務省のWebサイトより)

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 11:36| Comment(1) | 国際連帯税の推進

SDGsは様々な分野に

GGG+フォーラムケニア版には、2人の元駐日ケニア大使が参加されました。
1人は、先日、山中が報告をしてくれたデニス・アウォリ元駐日ケニア大使、ケニア・トヨタCEOです。
感極まって更新した山中のブログはこちら。
http://resultsjp.sblo.jp/article/184213611.html

そして、もう1人が、ベン・オグトゥ前駐日ケニア大使で、現在は外務大臣代行をされています。
12.オグトゥ.JPG
先日御礼のメールをお送りしたところ、オグトゥ前大使から11月26日から28日に開かれる「ブルーエコノミー会議」に関して、お知らせをいただきました。

この会議はケニア政府が主催するもので、ケニヤッタ国際会議センターで開かれます。
具体的には生物多様性を鑑みて、どうケニアが経済発展をしていけばいいのかを考える会議です。生物多様性に関しては、SDGsの中でも、目標14「海の豊かさを守ろう」という項目にその重要性が明記されています。
モンバサ港があり、古くから東アフリカの海洋貿易の中心となってきたケニア。オグトゥ前大使の会議をきっかけに生物多様性を維持し、海洋生態系を保護しながら、経済発展が進んでいくような仕組みづくりが行われるといいですね。
(はるか、ともきの代わり)
posted by resultsjp at 01:49| Comment(1) | 情報

FEW MEDICAL PERSONNEL REASON FOR WRONG DIAGNOSIS AND DEATHS AT KENYA HOSPITALS

Cases of wrong drug prescription leading to fatalities are on the rise, the Kenya Pharmaceutical Association has said.

KPA has blamed doctors, nurses and the government for the deaths.
WhatsApp Image 2018-08-20 at 16.43.32 (1).jpeg
Qualified pharmacists have not been employed. As a result, he said, nurses and doctors in public hospitals have been assigned the role of prescribing medicine.

This, Adera lamented, has caused prolonged suffering to those misdiagnosed.

“The only way to go around this challenge is to have the real practitioners play their roles,” Adera told the UHC Secretariat.

The association has warned President Uhuru Kenyatta's Big Four agenda on Universal Health Coverage might be derailed if more professionals are not absorbed.

“In a country that has attempted prime healthcare in both her short and long term visions, this is not encouraging at all. This needs to be looked into,” he said.

Patients have also been given fake or poor quality drugs that the World Health Organization has warned are flooding the African market.

WHO says 100,000 deaths are recorded annually because of counterfeit drugs. In Kenya, Mombasa has been listed as a notorious entry point.

Calvin
posted by resultsjp at 00:38| Comment(1) | 情報

ラーメンの試食会

  今日はラーメンの試食会がありました。日頃から大変お世話になっている(一社)日本二輪自動車推進協会の五十嵐代表のお力添えで、日本国内はもとより、「屋台村」というレストランでラーメンをフィリピンの人たちに提供されている千鳥製麺さんの豊山社長がリザルツにお越しになりました。同社のラーメンをその場でさっと茹で上げ、特性スープにて試食をさせていただきました。白須代表の機転でおにぎりを添えて食べるという絶妙のコンビネーションに皆さん感心していました。フィリピンではおにぎり付きではないようです。
  この試食会は、フィリピンだけでなく、ケニア、アフリカで日本のラーメンが普及できないかということを研究するために行ったものですが、自分を含め、一同、食の専門家による麺の素材から茹で上げた新鮮なラーメンの味に舌鼓を打つほうについ話が行きがちだったようです。ラーメン屋で忙しく食べるのもいいですが、「会社や大家族でラーメンというのも新しい食べ方である」、という真面目なトークでも盛り上がりました。いずれにしても、「美味い」の一言でした。
                                           MK

IMG_1825.JPG

IMG_1830.JPG

IMG_1842.JPG
posted by resultsjp at 00:36| Comment(2) | 情報

NAIROBI FAECAL WASTE MANAGEMENT INADEQUACIES STILL POSE A CHALLENGE TO HUMAN HEALTH

The ‘Health Sector Working Report 2018/9-2020/1’ notes that “public spending is skewed towards high-end curative services, which is both inefficient and inequitable”.

This, in itself, is the bane of the problem as we work to achieve universal health coverage.
WhatsApp Image 2018-08-20 at 16.43.31.jpeg
Unsafe sanitation is the leading cause of diarrhoeal disease and stunting in children under five while 17 per cent of workplace deaths are due to disease transmission with global productivity loss of $260 billion and school absences blamed on lack of access to a good toilet.

To eke out a living and to feed the ever-growing demand for greens and fruits in an urban setting, subsistence and entrepreneurial small-scale farmers are tempted to use of raw faecal waste as fertiliser.

Not all the faecal waste in the sewer system makes it to the treatment plants and, worryingly, well over half of waste from non-sewered systems is unaccounted-for.
SEWAGE.jpg
Ensuring budgetary allocations that chip away at the problem and designing or supporting programmes in urban sanitation will ensure we are well on our way to a healthy and sanitation-secure nation.

Hilda
posted by resultsjp at 00:22| Comment(1) | 情報

NUTRITION MATTERS EMERGE AT NATIONAL DRAMA FESTIVAL

Matters nutrition took centre stage at the ongoing Kenyan National Music Festival in Nyeri. Uthiru Genesis School led pupils in pushing this message in their verse.

“Minus a meal though the teachers strain, this brain cannot retain what the teachers train,” goes part of the verse.

From their verse, it was clear that pupils require good nutritious meals in order to enhance their concentration span in the classroom.

The venue had eating tents provided by private catering service providers and the cold Nyeri weather necessitated warming of food for participants.
WhatsApp Image 2018-08-20 at 16.43.31 (1).jpeg
We are satisfied the quality of performance as the children exhibited energy and enthusiasm in performance,” said Annie Mwaura, the Equatorial Nut Company Marketing Manager who sponsored the category.

Such efforts, led by the children themselves, are critical in advocacy work to stem up nutrition for children.

Drama, because of its entertaining nature, can be a good way to spread this message.
Shiko
posted by resultsjp at 00:10| Comment(1) | 情報

GOOD NEWS: 250 MILLION PEOPLE TO ACQUIRE SATO TOILETS.

UNICEF is teaming up with the sanitation company LIXIL to get safe, affordable toilets installed in rural communities across Kenya, Ethiopia and Tanzania to improve health and education outcomes.

This new collaborative measure will realize SDG 6, which mandates improved access to clean water and sanitation for all by 2030.
WhatsApp Image 2018-08-20 at 16.43.32.jpeg
Outreach will focus mainly on rural parts of the country that fall short improved sanitation and water.

SaTo is already serving around 6 million people across Asia and Africa, more effort is needed to infiltrate to the majority of poor world populations that stands at 2.3 billion people who do not have access to clean water and safe toilets.

In Kenya, Ethiopia, and Tanzania, LIXIL representatives will work with communities and families to ascertain which of the SaTo toilets will best fit their needs.

It is of great importance to note these marvellous trends by LIXIL Corporation, as RESULTS Japan we will plan to implement SaTo toilets in Kangemi and other to be earmarked areas as one important aspect of the last phase of our project.

***Dicken***


posted by resultsjp at 00:01| Comment(1) | 情報

2018年08月20日

ケニアの異常気象の話

この度、ケニアで実施している結核予防事業の現場であるナイロビ市を離れて
週末にリフトバレー州にあるナクル湖国立公園を訪れる機会を頂きました。
世界遺産「大地溝帯にあるケニアの湖沼群」の一部となっているところです。
ここは、多いときで数百万のフラミンゴが飛来することで知られていたそうです。
しかし、近年の異常増水によりフラミンゴの食糧である藍藻類の生育量が激減してしまい、
今ではほとんどフラミンゴの姿を見かけなくなってしまいました。

異常気象の影響で、水に浸かってしまったホテルの残骸や、洪水で流されてきた流木群など、公園内には
その爪痕がはっきりと残っていました。

土曜の午後に到着してから、日曜の午前中に帰路につくまでの短い滞在でした。
しかし、国立公園の中を車で移動している間に、大雨となり、道路はみるみるぬかるみ状態に…。
また、翌朝も同じように大雨に降られてしまいました。

東アフリカの気候は、日本の四季とは異なり雨季と乾季に分かれています。
1〜2月と7〜9月は乾期。10〜12月は少雨期。
そして3〜6月は大雨期で1年で最も雨が多い時期です。
ところが8月も中旬を過ぎた現在でも、このように雨が降るのは
やはり異常気象の影響なのでしょうか。
また、ケニアでは例年になく肌寒い日が長く続いているようです。
もしかしたら、これも異常気象の一つなのかもしれません。

chako
posted by resultsjp at 03:23| Comment(2) | 情報

KENYA TO LAUNCH 2019-2023 NATIONAL TB STRATEGIC PLAN

The Ministry of Health, Kenya, has embarked on a new, robust approach to evaluate evidence for informing the next National Strategic Plan on Tuberculosis, Leprosy and Lung Health (2019-2023).

A workshop, convened from April 17- 19 2017, reviewed consolidated national data and incorporated the extensive evidence base of critical studies and surveys on the TB situation. This was done to identify root causes of the epidemic, establish priorities and map out future actions.

strategic-plan-cycle.jpg

Supported by the Bill and Melinda Gates Foundation, the Global Fund, the government of Japan and WHO, the workshop brought together over 50 participants including experts from AMREF, Kenya Medical Research Institute (KEMRI), Stop TB Partnership, USAID.

“Kenya must step up the effort to end TB,” said Dr Maureen Kamene, the head of National TB Programme.

This workshop is a critical first step to review all available evidence and formulate strong national policies for bold actions to end TB in Kenya.

“We highly appreciate this evidence-based, participatory planning process for stronger TB response”, said Mr John Ochero, Senior Fund Portfolio Manager, Global Fund fight against AIDS, Malaria and Tuberculosis.

The workshop comes on the heels of the recent TB prevalence survey which highlighted major gaps in access to care, with more than half of people with TB disease undiagnosed or not notified.

“Kenya has made significant progress towards ending TB, but still faces a high burden of the disease,” emphasised Dr Rudi Eggers, WHO Representative for Kenya.

The National Strategic Plan is expected to be finalized in September 2018.

Abuta
posted by resultsjp at 03:08| Comment(1) | 情報

2018年08月19日

貴重な出会い

先日、元駐日ケニア共和国大使館特命全権大使、現豊田通商アフリカ・ナイロビ事務所の代表、デニス・アウォリ氏に会わせて頂く機会がございました。

DSC_0902.JPG

アウォリ氏を拝見したのは、先日ナイロビで開かれたGGG+フォーラムが初めてでした。
僕は、そこで彼が述べられた、保健分野における民間企業と公共部門の交流・発展の重要性を、当団体の保健活動を推進する上で、とても強く感じました。

アウォリ氏はお忙しい中、とても温かい対応をして下さり、彼の器の大きさに感動しました。

自分自身、豊田通商が行っているような社会問題へのビジネスソリューションも学び、当団体がカンゲミで行っている結核予防・啓発事業に還元したいと改めて思った、貴重な表敬訪問の機会となりました。

(智貴)
posted by resultsjp at 20:22| Comment(2) | 情報