2019年06月20日

サンキューセミナーとシンポジウム集客作業

既にご案内のブログがアップされていますが、7月に開催される2件のセミナーとシンポジウムの為、今週は職員のみならずボランティアも交えて集客作業に追われています。

メールだけのお知らせでは見落とされることもありますので、メール送付後に確認の電話を差し上げています。
これがなかなか時間がかかります。
なるべく多くの皆様にお知らせできるようスタッフ総出で頑張っています。

沢山の方々にお越しいただきたいと思います。
(か)
posted by resultsjp at 15:11| Comment(0) | 情報

サンキューセミナー

7月5日に「国際保健・理論と実務 〜抗生物質と人間、世界の保健政策〜」と題して、次の通りサンキューセミナーを開催します。

サンキューセミナー「国際保健・理論と実務 〜抗生物質と人間、世界の保健政策〜」
日時:2019年7月5日(金) 18:00〜21:00 
    ※セミナー終了後に簡単な懇親会を予定しています。
場所:日本リザルツ事務所 東京都千代田区霞が関3-6-14 三久ビル503
講話:長崎大学熱帯医学研究所 山本太郎教授
    【抗生物質と感染症、そして人類】
   国際医療研究センター 井上肇国際医療協力局長
    【世界の保健政策と日本】 

サンキューセミナー案内.jpg


毎回ご好評をいただいておりますこのセミナー、
どのようなお話を聞けるか、主催者側ではありますが楽しみです。
UME
posted by resultsjp at 10:06| Comment(1) | サンキューセミナー

2019年06月18日

本日の清掃@カンゲミヘルスセンター

日本リザルツケニア事務所では、カンゲミ地区で公衆衛生の改善のために、清掃活動を行っています。
本日もカンゲミヘルスセンターで清掃を行ってきました。
IMG_20190618_093412.jpg
ボランティア、CHV、警察官と一緒に、駐車場を重点的にごみ拾いをしました。
IMG_20190618_114645.jpg
ごみの内容はお菓子の袋や飴などの包みが最も多く、続いて、スナックとしてよく食べられているトウモロコシの芯、ペットボトルの容器などが目につきます。
ごみ拾いをしているそばから、ごみを捨てていく人もいますが、たまに1つ2つごみを拾うのを手伝ってくれる人がいると温かい気持ちになります。
コミュニティと毎月一緒に行っている清掃活動と合わせて、住民が参加してくれるように、私たちも活動を続けていきます。
Taki
posted by resultsjp at 22:47| Comment(1) | ケニア

SDGs達成のための国際連帯税を実現するシンポジウム2019

7月24日(水)13:30〜17:00、衆議院第一議員会館国際会議室において「SDGs達成のための国際連帯税を実現するシンポジウム2019」が開催されます。
皆様のご参加をお待ちしております。
申込みは下記のお申込みリンク( https://forms.gle/B4qGmX5vs67Yx74s9)までお願い申し上げます。
SY

= = = = = = = =

【ご案内】SDGs達成のための国際連帯税を実現するシンポジウム2019

  

●呼びかけ

2015年国連は持続可能な開発目標(SDGs)を採択しました。それは世界の貧困、持続可能な経済、気候変動など山積する地球規模課題への対応を、「誰一人取り残さない」という理念のもとに達成しようというものです。しかし、SDGs達成のためには、毎年25000億ドルもの資金ギャップがあると言われています。これを克服するための有効な方法が国際連帯税です。


・国際連帯税とは、グローバリゼーションによって利益を得ている経済活動に広く薄く課税し、その税収をSDGsなど地球規模課題に使うという税システムです。国際航空券税や金融取引税などがそれです。今日国際連帯税のイニシアチブを国の内外で振っているのが、河野太郎外務大臣です。


・本年9月には「国連第1SDGサミット」が開催され、首脳レベルで実施状況をレビューする年ですが、開発資金についても議論されます。私たちはこのサミットに向け、国際連帯税実施の機運を高めるためにシンポジウムを開催します。


・本シンポジウムの特徴は、次の2つです。ひとつは、金子宏・東京大学名誉教授の昨年の文化勲章受章記念という性格をもちます。もうひとつは、「学生たちとの対話」というセッションを設け、次代を担う若者たちのSDGs活動や国際連帯税活動への参加を促していきます。

     

●日時・会場

・日 時:7月24日(水) 13時30分〜17時00分 (終了後、懇親会を行います)

・会 場:衆議院第一議員会館国際会議室


●主催・共催・後援

・共催:グローバル連帯税フォーラム、国際連帯税アドバイザリー・チーム

・後援:国際連帯税創設を求める議員連盟、日本リザルツ、外務省(要請中)ほか


●プログラム(予定)

第一部:あいさつ&講演   

1)挨拶:衛藤征士郎・国際連帯税創設を求める議員連盟会長(衆議院議員) 

ローラン・ピック フランス駐日大使(要請中)     

2)文化勲章受章・記念講演:金子 宏・東京大学名誉教授       

 3)講演:「なぜ世界は国際連帯税を求めるのか〜SDGsと国際連帯税〜」(仮題)  

        上村雄彦・横浜市立大学教授


第二部:学生たちとの対話   


第三部:パネル討論「テーマ:SDGs達成のための新しい資金の使途と提言」(仮題)

−国際機関、感染症患者代表、栄養/感染症分野、気候変動分野、労働組合・NGOから発言

  

第四部:宣言文採択


<お申込リンク>

https://forms.gle/B4qGmX5vs67Yx74s9

<お問合せ>

グローバル連帯税フォーラム  090-3598-3251(担当 田中) eメール gtaxftt@gmail.com

日本リザルツ 03-6268-8744 (担当 梅木)eメールtoshihide.umeki.results@gmail.com

posted by resultsjp at 14:34| Comment(1) | 情報

2019年06月16日

工事がどんどん進んでいます(2019年バージョン)

日本リザルツはケニア・ナイロビ市のスラム街、カンゲミ地区で結核抑止プロジェクトを実施しています。

最終年度の今期プロジェクトでは、
@カンゲミヘルスセンターを使いやすくするために、多目的ホールの建設と通路の舗装を実施する
Aウエストランズカウンティの8つの公立学校にトイレ・手洗い場を設置する
上記の2つの施設整備を実施しています。

建設が本格的に始まり、筆者も2回目の現場監督に復帰しました。今日はその様子を写真でお伝えします。

@多目的ホール

20190614_124422.jpg
昨年の結核検査所に引き続き、ムタイさんとのタッグで、猛スピードで掘削工事が進んでいます。

20190614_124440.jpg
7月末までに工事を終わらせるため、人員を増強していただいています。なんと15人態勢です。
20190614_124430.jpg
掘削作業は3日間で終了しました。
20190614_124447.jpg
ここにコンクリートを流し込み地盤を固め、基礎工事に入ります。

Aトイレ建設

20190610_091015.jpg
こちらはすでに基礎工事が終わり、施設の建設が始まっています。
20190610_091206.jpg
安全第一。ヘルメット防護服の着用を徹底しています。
20190610_091026.jpg
セメントと石をつなぎ合わせて、施設を作っていきます。
20190610_092236.jpg
無事壁ができあがりました。尚、安全のため、周囲はきちんと覆っています。

7月末には双方の施設の工事が完了する予定です。
安全第一で、工事が進められるよう頑張ります。
(はるか)
続きを読む
posted by resultsjp at 01:01| Comment(2) | 情報

2019年06月15日

LIXILのSATO戦略拡大へ

元日本リザルツインターンの春日さんから、興味深いニュースを共有していただきました。

_20190614_203748[170539].JPG

日本リザルツとお付き合いのあるLIXILが製造しているSATOに関して、SATOの事業がバングラディシュで黒字化したため、さらに事業を拡大することになってそうです。
このため、LIXILはSATOという部署を新たに設け、人員も倍増させるということです。

SATOについてはこちらを参照

白須が以前SATOのトイレを視察したときの様子はこちらを参照

日本リザルツもケニアの結核抑止プロジェクトの一環として、現在、ウエストランズサブカウンティの8つの小学校にSATOが入ったトイレ・手洗い場を建設しています。
LIXILのSATOのような日本の知見を活かして、どんどんトイレ革命が進んでいくといいですね。
(はるか)

posted by resultsjp at 22:06| Comment(4) | 情報

カンゲミヘルスセンター清掃活動

日本リザルツケニア事務所では、カンゲミ地区で公衆衛生の改善と清掃活動の啓発活動を行っています。
私たちは毎日カンゲミヘルスセンターを訪問して、施設内の清掃を行っています。
IMG_20190614_124826.jpg
ドライバーのジェーモーさんやボランティアの方も一緒に清掃してくれました。
IMG_20190614_124557.jpg
最近、ほんの少しですが、ごみが減ったような気がします。
清掃活動の輪が広がっていくよう、根気強く続けていきます。
Taki
posted by resultsjp at 17:32| Comment(3) | 情報

平和と健康の会(JAHP)の仲間づくりにご協力お願いします!

今週から(一社)平和と健康の会(Japan Association for Health and Peace:JAHP)の立ち上げのための会員募集活動、要は「仲間づくり」を本格化しています。先の結核勉強会の席では、理事長の浅野茂隆先生から、「平和と健康の会の理事長も務めています」とのご発言を頂きました。実際のところ、出席者には「平和と健康の会って何?」、という雰囲気もあり、これではいけないと思いました。


そして今しかない、最大のチャンス到来と感じた理由は、アフリカ健康構想が民間レベルで動き出したからです(613日のブログ参照)。第一回会合の参加者は、アフリカへの進出実績のある、あるいは検討されている先駆的な企業ばかりで、そのカバレッジも業種横断です。異なる業種の企業がアフリカ進出に関する共通課題の解決を共有し官の支援もお願いする、そしてアフリカの健康の達成、「誰一人取り残さない」というSDGsに向けて頑張ろう、という熱い気持ちが少数ながらヒシヒシと伝わってきました。


因みに、食品産業系の官民プラットフォームには、前職の食品産業センター時代に筆者が立ち上げに関わった栄養改善事業推進プラットフォームNJPPPNutrition Japan Public Private Platform )があり、設立3年を迎えています。こちらもアフリカにも目を向き始めているようです。


民間会合の熱い気持ちを、アフリカには関心をもつがまだまだという企業に直接伝えたい、語りかけたいということです。筆者がポリオの議連会合、GGG+フォーラム等の集客で伝えてきた熱い気持ちをJAHPでも、ということもできます。今のところ語りかけた企業は、キッコーマン、TOTO、タニタ、サラヤ、味の素、大塚製薬、富士フィルム、五十鈴商事の8社で、栄養、衛生、製薬、医療機器、商社、大企業から小企業まで様々の多様な企業集団です。どこも、熱い反応を示してくれている企業ばかりです。


最後にサラヤ森さんから頂いた熱いメッセージを皆さんに共有します。

https://sdgs.saraya.com/hygiene/100万人の手洗いプロジェクトが熱いです。

訪問先のスナップもお楽しみください。平和と健康の溢れる素晴らしい世界を目指すため、仲間づくりに協力をお願いします。                                                                                                                                                                             MK


IMG_2830.jpgIMG_2840.jpgIMG_2829.JPG




MK


続きを読む
posted by resultsjp at 15:51| Comment(3) | 情報

2019年06月14日

国際連帯税議員連盟総会

本日、参議院議員会館において開催された、国際連帯税の創設を求める議員連盟2019年度第1回総会に出席してきました。その中で、外務省から国内外の状況、G20大阪会合及び革新的資金調達に関するリーディンググループ会合についてご報告があり、議員連盟からは、G20におけるゴールは何で、そのためにいつ、誰が、どのような形で国際連帯税について発言、提案をするかといことについて、スケジュールを含めて具体的な道筋を描いていかないと進まないという意見が出されました。
代表の白須からは、今年の7月24日(水)に開催するシンポジウムでは若い学生さんの参加を去年よりさらにに拡大して、全体の3分の1以上にしたいこと及び9月にニューヨーク国連本部で開催されるSDGsサミットに派遣する学生さんを募っていることをお話しし、衛藤会長に早稲田大学へのお声がけについてお願いしたところ、早稲田大学の総長が早稲田の国際化を非常に強く打ち出しているということで、お力添えをいただけるという心強いお答えをいただきました。
シンポジウムの開催を含め、国際連帯税の創設を目指す取組みを後押しできるよう頑張ります。
UME

IMG_1787.jpg

IMG_1797.jpg

IMG_1799.jpg
posted by resultsjp at 10:14| Comment(3) | 国際連帯税の推進

2019年06月13日

アフリカ健康構想第1回民間会合

6月5日(水)に、日本リザルツにおいてアフリカで事業を行っている企業とアフリカ進出を考えている企業が集まって会合を行いました。その中では、官民連携を進める上でどのように企業側から政府に要望等の働きかけをするのが良いかということについての共通認識が形成されました。様々な分野の企業が互いに情報を共有して協力できるところは協力しながら、複数企業のパッケージとして事業を形成し、日本政府に売り込んでもらうという方針が確認されました。
これからも第2回、第3回と開催していく予定で、日本リザルツとしても、日本の優れた製品や人材がアフリカで活躍できるよう後押ししていきたいと思います。

写真は会合の議事録です。
UME

議事録表紙.jpg
posted by resultsjp at 13:04| Comment(3) | TICAD