2015年08月31日

【ご案内】 11.7シンポジウム:ピケティ「21世紀の資本」とグローバル・タックス

               橘木写真_d.JPG

シンポジウムのご案内です。格差・不平等が世界でそして日本で拡大しています。昨年-今年と一大旋風を起こしたトマ・ピケティ教授の「21世紀の資本」は、格差・不平等との闘いの理論的支柱を提起しています。ちょっと落ち着いたところで、あらためてピケティ理論を捉え返してみたいと思います。

基調報告は、日本の貧困・格差問題の第一人者である橘木俊詔氏に行っていただきます。また、パネルディスカッションでは各分野の第一線で活躍されている専門家が問題提起を行います。世界と日本の格差・不平等を解消し、かつ世界的な貧困化・温暖化等の地球規模課題に対応していくために私たちは何をなすべきか。ともに考えましょう。

 
      シンポジウム:
       ピケティ「21世紀の資本」とグローバル・タックス
〜行き詰まる資本主義、日本の格差・貧困、国際課税への提言〜

  
  ◎基調講演:橘木俊詔 氏(京都女子大学客員教授、京都大学名誉教授)   
  ◎パネルディスカッション:グローバル・タックス、グローバル累進的資産税の可能性を探る
    ・モデレーター: 三木義一(青山学院大学教授)
    ・パネリスト:  水野和夫(日本大学教授)
           志賀 櫻(弁護士)
           上村雄彦(横浜市立大学教授)
       小西雅子(WWF気候変動・エネルギー・プロジェクト・リーダー)

  ・日時11月7日(土)13:00〜16:30(12:30開場)
  ・会場:青山学院大学9号館931教室
  ・定員:150名
  ・資料代:500円
  ・申込み:お名前とご所属、「シンポジウム参加」と明記のうえ、EメールまたはFAXでお申し込みを。。
       Eメール:info@isl-forum.jp / Fax:03- 3834-2406

     グローバル累進資産税はなぜ必要か?それは可能か?
              〜日本の貧困・格差問題の第一人者を迎えて〜


トマ・ピケティ教授は次のように言う。20世紀の社会(福祉)国家と累進所得税は将来的にも中心的役割を果たすが、「民主主義が21世紀のグローバル化金融資本主義に対するコントロールを取り戻すためには、…資本(注:資産)に対する世界的な累進課税」が必要であり、「それをきわめて高水準の国際金融の透明性と組み合わせなければならない」(邦訳版 539P)、と。

21世紀資本主義はますます格差を拡大しつつあり、それがひいては民主主義体制を危うくし、資本主義そのものが立ち行かなくなるからだ。一方、途上国にあっては資金の不法流出が急速に増え続けているという現実がある(1ドルのODAに対し、7ドルの不法流出)。

とはいえ、資産(資本)に対する累進課税は、とくに金融資産への課税は容易ではない。やすやすと国境を越えてタックスヘイブンなどへと移り課税を回避することが可能であるからだ。これを防ぐには、まず国際金融の透明性が前提となろう。

ところで、日本の格差問題は富裕層の所得や資産の動向というより「貧困者や資産ゼロの人々の存在」に負っているというのが橘木教授の所論である。「OECD諸国の中では日本は15%を超す貧困率であり、主要先進国の中ではアメリカに次ぐ第二位の貧困率の高さである」(「トマ・ピケティ著『21世紀の資本』の衝撃」現代思想1月増刊号)、と。

以上から、本シンポジウムでは日本での貧困・格差問題を踏まえつつ国際課税(グローバル公共財の原資としても使用するためのグローバルタックス)について理解を深め、グローバル累進資産(資本)課税の可能性を展望していく。
        
 共 催:グローバル連帯税フォーラム/民間税制調査会
 協 賛:(特活)日本リザルツ


※写真は橘木教授

(田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)


posted by resultsjp at 22:04| Comment(2) | 情報

家族のカタチ〜子どもの本音〜

 先日8月22日に、北区赤羽会館で行われた、子どもたちと、弁護士がつくるお芝居「家族のカタチ〜親と離婚と再婚に伴う子どもの苦悩と子どもの手続き代理人制度〜」を見に行ってきました。

 父親は家庭より仕事重視。浮気・DV・ギャンブルなどは一切していない、いわゆる真面目なサラリーマン。ただし、細かいことが欠点。一方母親も、仕事人間であるがゆえ、家事においては一切無頓着なタイプ。子どものことがあり次女出産後は仕事から一戦を退いた。
 というごく普通の家庭が、性格の不一致から、母親が離婚を決め行動にでる。そんななか、子どもたちの渦巻く思いは、吐き出せないまま沈没船のようにしずんでいく。
 その声を、すくいあげるため、『大人たち(子ども手続き代理人)が走り出す。』といったストーリーでした。
 
 離婚に至る、子どもの本音は、とてもよく表現されていたと思います。特に印象的だったのは、「パパとママ、どちらも好き嫌いじゃない。どっちも大切なんだ。」「パパとママの離婚はいくつになっても寂しい。心がぽっかり穴が開いたまま。」です。自分の子どもと照らし合わせてしまい、思わず涙がこぼれました。

 今回の設定では、父親が働かない・借金ぐせ・DV・浮気性等と、特に問題のない場合の子どもの気持ちですが、仮に問題(働かない・借金ぐせ・DV・浮気性)のある父親でも、子どもの気持ちは同じだと思います。

 今までの調停や裁判では、子どもが、ないがしろにされがちの中、子どもの本音(不安・孤独・寂しさ・自己嫌悪)を、東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別委員会が制作し、お芝居までにしたことは、とても大きな一歩であり、画期的なことです。

 しかしながら、子どもの手続き代理人が、両親の弁護士と一切関係のない弁護士で設定していかないと、子どもの手続き代理人制度も、無意味になるケースもあると思いました。
 また、弁護士の先生がたも、離婚調停・裁判では、勝ち負けでなく、皆にとっていい結果を出すことを、目的としていかないと、全く無意味な制度です。 
あえて勝ち負けで分けるとしたら、『自分の都合のいい主張ばかりする場合には、親権も得られなく負けとなる。』という位の仕組み作りは必要かと思います。

 そして、子ども手続き代理人には、弁護士でありながら臨床心理士並みのクオリティも必要とされると思います。もしくは臨床心理士とのペアで行っていくことで、名前ばかり形ばかりでない、本当の意味のある、子供も手続き代理人制度といえるのです。

(お芝居後のアンケート記入の際には、上記のことをしっかり明記して、東京弁護士会の方に直接渡してきました・・・。)

 子どもが両親の離婚によって深く傷ついているのに、子ども手続き代理人の方までも、事務的な対応だったり、どちらかの親に偏りがちだったら、『子供にとって、はかり知れない傷になるということ』『子どものその後の人生を大きく左右してしまうということ』を肝に命じて、子どもに寄り添い対応してほしいと願います。

 そして最後に、やはり一日も早く共同親権制度になることは、深く願うばかりです。
 らぽーるの開設に向けてと準備が進んでいますが、親教育プログラムと共に、弁護士の先生方の意思改革も、とても重要であることを、さらに痛感した一日でした。(H・K)
posted by resultsjp at 01:38| Comment(2) | 親子断絶防止

2015年08月28日

くにたち夢ファームプロジェクトがWAM助成を獲得しました!

この度、くにたち夢ファームのプロジェクトが独立行政法人福祉医療機構の地域連携活動支援事業の一つに選ばれ、先日、内定通知書をいただきました。

こんな書類が到着しました。
DSC02747.JPG

その後、内定事業者の説明会を経て、くにたち夢ファームのメンバーにも報告しました。
現在、事業計画書を最終提出する段階です。
WAM助成金を使って、シェアハウス2棟を借りて、まず住居の支援や相談所の開設などを行う予定です。
マイクロファイナンスは助成事業に直接関係しませんが、まず色々な人達が集まり憩える場所づくりから始めていき、マイクロファイナンス事業も形づくっていきたいという考えで応募してみました。

申請当初に作ったイメージ図です。
WAM助成図.jpg

当然のことながら国民の税金である助成金を使わせていただくので確り管理していかなければなりません。
身が引き締まります。説明会でも手続きや心構えについて何度も言及がありました。
この貴重な資金を使ってぜひ活動を具体化させていく大きなきっかけにしたいと思います。

また助成金をいただいたことで広報活動の一環でWAMのマークを使わせていただくことになりました。
txt_J_HP.gif
今後、様々な場面でこのロゴマークが登場することになります。
どうぞ宜しくお願いいたします。
(和邇)
posted by resultsjp at 21:47| Comment(2) | マイクロファイナンス

離婚と親子の相談室「らぽーる」 第二回事例勉強会

8月26日(水)19〜21時、離婚と親子の相談室「らぽーる」 第二回事例勉強会を開催いたしました。
(第一回の様子はこちらをご覧ください。http://resultsjp.sblo.jp/article/158143668.html
「らぽーる」に関わる弁護士5名、面会交流支援者3名、大学院教授1名、大学準教授1名、マスコミ2名の12名の専門家、有識者にご参加いただき、加えてリザルツ関係者5名の合計17名で、初回に続いて今回も内容の濃い白熱した議論が展開されました。
DSC02645.JPG DSC02646.JPG

今回は、相談業務に次ぐサブメインの事業となる「ADR」についての話し合いをじっくり行いました。専門家が集まると、私などが思いもよらない想定が出てきて、大変勉強になりました。
議論の流れについていくのに夢中になっているうちに、あっという間に2時間が過ぎていました。
まだまだもっと詰めていくべきことがあり、また、第二回事例勉強会で表出した新たな課題もあり、大至急のお仕事もあり…、帰宅して休んでいる夢の中でもあれこれと考えていたのか、翌朝起きたらぐるぐるとめまいがしました。(笑)
もう若くないので、体調を整えて、まわりの協力を得ながらきっちり準備していきたいと思います。(鈴木)
posted by resultsjp at 18:52| Comment(2) | 親子断絶防止

2015年08月27日

GII/IDI懇談会で栄養議連設立総会の発表

以前のブログで高木がお伝えした通り、先週外務省のGII/IDIに関する懇談会に出席し、7月1日に開催された「国際母子栄養改善議員連盟設立総会」の報告を行いました。

内容は議連の概要、設立の経緯、議連の目的などで約5分間の発表でしたが、懇談会にはNGOと外務省から約30名の方々が参加されており、大勢の前で話すのに慣れていないため非常に緊張しました。

これまでのブログでもリザルツの栄養アドボカシーに関して進捗報告は行ってきましたが、せっかくですので「国際母子栄養改善議員連盟」がどうして誕生したのか、その経緯を今回改めてご紹介したいと思います。


そもそも私たちが栄養への取組みを始めたのは2013年4月に遡ります。日本リザルツ、セーブ・ザ・チルドレンジャパン、ワールド・ビジョン・ジャパンなどのNGOと、ヘルスマネジメントコンサルタントの和田耕太郎さんで栄養の動きを日本でも盛り上げようと、アドボカシー活動などを行ってきました。

そして2013年12月、第一回栄養ラウンド・テーブルを開催しました。これは日本で初めて栄養関連の団体が集まった画期的な会合で、味の素などの企業、FAOやユニセフなどの国連機関、外務省、財務省、厚労省、NGOなどで栄養についての議論を行いました。ここで議連設立の話が持ち上がったのがきっかけです。

翌年3月には議連設立に向けた第一歩として、国際栄養に関する議員勉強会を開催しました。ここではNGO、民間企業、研究機関、政府などの各セクターにそれぞれの取組みを紹介してもらい、どのようにしたらそれらをうまく連携させ、途上国の栄養改善に貢献することが出来るかを話し合いました。

2014年11月には第二回ラウンドテーブルを開催し、第一回に引き継いで、NGOの栄養事業の調査報告を行ったり、栄養問題に取り組む各当事者が共有するアクションプランの作成について討議が行われました。

その後、「Global Nutrition Report2014(国際栄養報告書2014)」という世界で栄養問題に取り組む専門家が国際栄養問題の状況を初めて包括的に分析した文書があるのですが、これを日本でも広く普及させようと、日本語版の作成が行われました。そして2015年4月には、世界栄養報告ランドテーブルセミナーを開催してこの報告書を発表し、国会議員、中央省庁、企業、学界、NGOから90名近くが参加しました。


このような経緯があり、このラウンドテーブル・セミナーの三か月後に、満を持して「国際母子栄養改善議員連盟」が設立されたわけです。

世界の母子栄養改善のためには官民連携パートナーシップが重要ですが、この栄養議連には、そこからさらにもう一歩踏み込んで、日本のNGOや、国連機関も組み込んだ大きな枠組を作っていく場になってほしいと考えています。

来週9月2日(水)には「第二回国際母子栄養改善議員連盟」を開催予定です。実はこの栄養議連、これからどんどん進化を遂げそうです。皆様に報告できる日を楽しみにしています。
(大崎)
posted by resultsjp at 19:51| Comment(2) | 栄養問題