2015年09月09日

安全管理ブリーフィング開催

9月2日(火)、日本リザルツ事務所にて、安全対策研修を行いました。

日本赤十字社の松本聡さんをお迎えして、「パレスチナ自治区ガザにおける安全管理ブリーフィング」と、一般的な「個人の危機管理」と題した講座を開催しました。

DSC02758.JPG

外務省の海外安全ホームページ上の海外安全情報(危険情報)によると、ガザ地区は2015年9月9日現在「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」に指定されています。

危険なところには行かない、立ち入らないことが原則ですが、それでも「危険」とされる場所に行く必要がある場合、できる限りの安全対策をすることでリスクを軽減することができます。
みんな真剣に松本さんのお話に聞き入っていました。

DSC02756.JPG

ちなみに、危険レベルは4段階によって表され、それぞれ以下のような意味があります。
「レベル1:十分注意してください。」
「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」
「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」
「レベル4:避難してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」

たとえ危険情報が発出されていないところでも、犯罪などに巻き込まれてしまう可能性はゼロではありません。

日々の心がけひとつで自分の身を守ることができるので、「自分は大丈夫」「日本は安全だから大丈夫」という油断をなくすという意味でも、大変有意義な時間でした。

松本さん、ありがとうございました。

(吉田)
posted by resultsjp at 11:01| Comment(2) | 情報