2015年10月31日

国際シンポジウムに参加して

去る10月27日、18時から弘済会館で国際シンポジウム「新たな国際目標(2030アジェンダ)とエイズ・結核・マラリア 〜日本から考える三大感染症の今後〜」が開催され、参加しました。
マラリア・ノーモア・ジャパン、アフリカ日本協議会とともに日本リザルツは本シンポジウムを主催しています。
全体の概要については別途ご報告があるかもしれませんが、グローバルファンドの國井修戦略・投資・効果局長を始め、海外から多くのゲストが参加して国際色の強い会となりました。

そんな中で、ストップ結核パートナーシップ日本の理事である成瀬匡則さんが登壇し、率直に発言されたことがとても印象的でした。

普通に働いているときにどうも体の調子が悪く、病院に行ったら突然、多剤耐性結核と診断されたこと、
実感もないまま、身体的な症状は回復しても病気は全く改善しないというジレンマに悩んだこと、
転院した結核の病棟は絶望が支配しているようなところで死を身近に考えながら生きた日々、
絶望と希望が交錯する中でお互いに手探りをするように病棟の患者の人達と続けてきた会話、
そして奇跡的に肺も切除せず無事退院しても、世間の目は冷たく元結核患者として見られる辛さ。

このときは言及されませんでしたが、薬の副作用の苦しさなどもあったことでしょう。

このような苦しみのある人達が少しでも希望を持てる活動をしたい、自分のできることで役に立ちたいという思いでお話をされていることが伝わってきました。
成瀬さんのお話には、結核に直接向き合ったものとしての深い動機があります。
当事者としての揺るぎない強さのようなものを感じました。

休憩時間中に成瀬さんの話を聞いた、豪リザルツのスタッフが近寄ってきて、自分が結核のアドボカシーに世界に入ったのも大親友だったフィリピンの女性が突然、多剤耐性結核となり薬で失明したことが発端だった、だからとても共感したと語り掛けてくれました。

ある日、楽しく何気なく過ごしてきた日々が結核の診断とともに音を立てて崩れていく。
結核はやはり怖い病気です。しかしその怖い病気を乗り越えて立ち上がる人達がいます。
直接であれ、間接であれ、この残酷な現実を目の当たりにして立ち上がった人達が他の人のために役立つべく頑張っている姿には美しいものがあります。

ところで成瀬さんはそんな厳しい状況の中でも、信じ合えるパートナーと巡り合い、この度ご結婚されたそうです。誠におめでたいことです!
成瀬さん、ご家族とともに支え合い、一層お幸せに過ごされることを祈念しております。
お仕事もあって忙しいでしょうが、どうぞまたその素晴らしいお話をお聞かせください。
(和邇)
posted by resultsjp at 18:05| Comment(3) | 情報

サンキューセミナー

おととい、リザルツオフィスでは第6回のサンキューセミナーが開催されました。
今回は、以前も一度お話ししていただいた渋谷健司先生をお招きし、グローバルヘルスの今後の課題についての講演を伺いました。

伊勢・志摩G7サミット開催に際し、日本が国際社会のグローバルヘルス改善にどのような貢献ができるのか、というお話に加え、現在のグローバルヘルスグループがどのように活動し、現在の課題と今後どのように活動を進めていくのかという具体的なお話をしてくださいました。

渋谷先生のお話の中で印象的だったのは、「薬やワクチンそのものを開発するより、それをどのように市場に流通させ、一般市民がアクセスできるようにするか、ということの方がよほど重要であり、かつ難しい」というものでした。
実は、今週イランにおける生命倫理のゲストスピーカーの授業が大学でありました。サラセミアという血液の難病を例に、女性の中絶や遺伝病の予防対策を中低開発国でどのように扱っているかという話でしたが、各国における経済状況や生活環境、宗教の違いから日本では当然だと思われていることが他国ではそうではない、ということに気づかされたばかりだったので、渋谷先生のお話も非常に心に響くものでありました。

様々な国際機関や組織が設立されてから50年ほどが経つ今、渋谷先生もおっしゃっていましたが、新たに何か組織を作るのではなく、既存のシステムや体制をどう効率的かつ包括的に活用するのか、ということがどの分野でも不可欠なのでは、と考え込まされてしまいました。

インターン 三倉
posted by resultsjp at 01:09| Comment(2) | 情報

2015年10月30日

グローバルファンド会合に出席しました

10月27日、衆議院第一議員会館にてグローバルファンド日本委員会第19回議員タスクフォース会合・第14回アドバイザリーボード会合に出席しました。グローバルファンドや議員タスクフォースからの出席者の他、国際NGOなど海外からも多くのゲストが参加しました。

DSC03066.JPG

まずは、グローバルファンド日本委員会議員で、タスクフォース共同代表幹事の逢沢一郎衆議院議員、古川元久衆議院議員からご挨拶がありました。

DSC03053.JPG

次に、グローバルファンド戦略・投資・効果局長の國井修氏が、エイズ・結核・マラリアの制圧に向けて、グローバルファンドがどのような成果を出してきたかプレゼンテーションを行いました。

DSC03055.JPG


続いて、グローバルファンドを支援するNGO代表からのコメントがありました。

DSC03074.JPG
International Community of Women Living with HIVマラウイ支部代表のClara Banya

DSC03081.JPG
International Civil Society Support事務局長のPeter Van Rooijen

最後に日本リザルツから白須が感動的なスピーチを行ったのですが、詳細は後日お伝えします。

DSC03089.JPG

DSC03091.JPG
会合が終わり、久々に再開したRESULTS KoreaのSunnie Kim、RESULTS AustraliaのSarah Kirk、Princess of Africa FoundationのLouis da Gamaと記念撮影

(大崎)
posted by resultsjp at 22:42| Comment(2) | 世界基金

議員会館文書室

議員会館(衆議院、参議院)の文書室へ議連の案内を配りに行きました。
まず、議連にかかわる議員の方(秘書さん)にご挨拶をしに伺い、説明をします。
議員のお部屋がずら〜っと並んでいるのが壮観でした。ホテルの廊下を歩いているのに似ています。
なんだか100mダッシュが出来そうな長さです。
それから地下の文書室へ行き、それぞれの議員の方のボックス(郵便受け?)へ議連の案内を入れました。

配布後、議員会館の食堂へランチに行きましたが、議員さんの席は別になっているのですね。当たり前ですが。
時間が少し遅かったので、食事中の人は少なく、ゆっくりと食事が出来ました。雰囲気はこんなものかなという感じでした。

(写真はありません。ゴメンナサイ)
(門井)
posted by resultsjp at 20:12| Comment(2) | 情報

2015年10月28日

【寄附金のお願い】ガザの子どもたちを日本・釜石へ

IMG_6909.jpg

日本が大好きな、パレスチナのガザの子供達3人を11月1日から6日まで日本に招待します。
そのご協力をお願いします。

この子供達は、ガザで毎年3月に行われる東日本大震災の被さい者激励の凧揚げに参加しています。
ガザでは親日感がとても強く、今までの日本の協力に対する感謝も非常に大きく、その為、東日本大震災のあと、被さい地の復興を願って子供達による凧揚げが始まりました。
今年も3月9日に、ガザの空に凧が揚がりました。
昨年の夏に50日の戦争があり大きな戦禍にあったにもかかわらずです。
1000人以上の子供達が参加しました。今年はそれに対応して、岩手県の釜石で500人以上の子供たちによる凧揚げも行われました。

26.jpg

この凧揚げに参加した子供達3人を日本に、そして釜石に呼びたいと思っています。
ガザの子供達は今まで数回の戦争を経験しています。
昨年夏の戦争は大きな戦禍をもたらしましたが、復興の足並みは非常に遅く、子供達の夢は奪われたままです。

今回の招聘は、日本とガザの子供達の親交を深め、お互いの夢や希望を強め、そして日本とガザの絆を深める事を目的としています。
日本でより広くパレスチナを知って頂き、支援の輪が広がればと思っています。
そして何より、自分達の方がもっと大変なのに、毎年3月に大好きな日本の、東北大震災の被さい者の為に凧を揚げるガザの子供達の気持ちに応えたいと思っています。

皆様の貴重なご寄付は、この子供達3人とその付き添いの先生の招聘に使わさせて頂きます。
この子供たち、そして交流した日本の子供たちが、将来、必ず平和の使者として、ガザの平和、中東地域の平和と安定、そして世界の平和と安定の礎になると信じています。

皆様のご支援・ご寄付をお願いいたします。

招聘予定: ガザの子供3人と引率教師の計4名
招聘時期: 11月1日から11月6日(日本発着)、11月2日から3日にかけて釜石を訪問
目標金額: 200万円(航空運賃(約80万円)、都内・釜石への交通費(約40万円)、 日本での滞在費(約30万円)、その他諸経費(50万円))
*残金が生じた場合はガザ地区におけるパレスチナ難民の教育事業に活用させていただきます。
****************************************************************************************************************************************************
◎郵便局から郵便局への振込先: 00170-9-581459 特定非営利活動法人 日本リザルツ
◎銀行からゆうちょ銀行への振込先: ゆうちょ銀行 019(店番)当座 581459 特定非営利活動法人 日本リザルツ
※ご寄付いただける場合は、振込内容に、お名前と「ガザ支援」とご記入いただければ幸いです。
◎日本国内の銀行から銀行への振込先: 三井住友銀行 霞が関支店 普通預金 6823329 トクヒ)ニホンリザルツ
◎海外から銀行送金いただける場合には、以下銀行口座にご送金いただければ幸いです。
Bank: Sumitomo Mitsui Banking Corporation
Branch: Kasumigaseki Branch
Account: Ordinary Deposit
Account Number: 6823329
Account Name: Results Japan
Swift: SMBCJPJT
※ご寄付いただける場合には、併せて以下連絡先までメールにてご一報いただけますと幸いです。
日本リザルツさんのご厚意により、寄付金集金のためにご口座をお借りしております。みなさまからのご寄付と分かるようにご協力をいただければ幸いです。
****************************************************************************************************************************************************
その他、ご不明な点等ございましたら、以下までお問い合わせいただければ幸いです。
連絡先: 服部修(国連パレスチナ難民救済事業機関、UNRWA、ウンルワ) o.hattori@unrwa.org
posted by resultsjp at 19:27| Comment(2) | UNRWA