2015年10月23日

「りこちゃん」の独り歩き

先日、静岡市こども家庭課の岡 哲丈さまから「らぽーる」にお電話をいただき、「離婚届を取りに来られた方に養育費について取り決めをするように案内するリーフレットを作成中で、イラストを探していたがいいのがなく、『らぽーる』さんのHPを見たとき、『これだ!』と思ったのがあったが、使用を許可していただけますか?」というお問い合わせをいただきました。
作者である三箇美奈子さんには、今までボランティアでイラストを提供していただいてました。彼女は、私がイメージを伝えると、それをはるかに超える、何とも心和むかわいらしいイラストを描き上げてくださってました。「りこちゃん」がこんなにも有名になったことを彼女は「使ってもらってうれしい」と大変喜んでおられました。
そんな彼女ですから、きっと静岡市でも使いたいというお申し出を嬉しく受け入れられるだろうと思い、「かわいい子には旅をさせろ」ということわざもありますし、静岡市にも使っていただくこととしました。
前述の岡様からは、「事情があって離婚することになった家庭の子どもが、りこちゃんのように、笑顔で生活していければと、静岡市も願っております」というお言葉をいただき、本日、「リーフレットができました」と完成したリーフレットをお送りいただくという心温まる交流ができました。
0001.jpg
きっとこれから、「りこちゃん」の笑顔は日本全国で愛されるようになっていくような気がします。
そんな「独り歩き」第一弾のご報告でした。(鈴木)
posted by resultsjp at 16:43| Comment(1) | らぽーる

11.7シンポ《ピケティ「21世紀の資本」とグローバル・タックス》の最終プログラム決まる

橘木写真_d.JPG       img_6[1].jpg

11月7日のシンポジウムの最終プログラムが決定しました。新たに民間税制調査会(共同代表:三木義一青山学院大学教授、水野和夫日本大学教授)が独自の税制改革大綱案を作成中であり、その概要を発表します。民間税調の基本視座は、納税者目線に立って所得再分配機能の強化=格差是正を行っていくというものです。ふるってご参加ください。

    シンポジウム:ピケティ「21世紀の資本」とグローバル・タックス                
     〜行き詰まる資本主義、日本の格差・貧困、国際課税への提言〜

 ●日時:11月7日(土)13:00〜16:30(12:30開場)
 ●場所:青山学院大学9号館931教室
      (東京都渋谷区渋谷4−4−25 地下鉄「表参道」下車)
 ●資料代:500円(学生は無料)
 ●申込み:
   お名前とご所属をお書きのうえ、EメールまたはFAXでお申し込みください。
    Eメール:info@isl-forum.jp / Fax:03−3834−2406
 ●共催:グローバル連帯税フォーラム / 民間税制調査会
  協賛:(特活)日本リザルツ

 ●内容:
フランスの経済学者トマ・ピケティ氏の著書『21 世紀の資本』が世界的にベストセラーとなる中、今年初めに本人が来日し大きな話題となりました。ピケティは同書において膨大な歴史的データを駆使し、資本主義下における格差とその拡大についてあますところなく証明しました。本シンポジウムでは、同氏の提案である「グローバルな累進的資産への課税」問題を軸にしながら、併せて気候変動や貧困問題等のためのグローバル・タックスの可能性等を展望します。

本シンポジウムの基調講演は、日本の格差・貧困問題の第一人者である橘木俊詔・京都大学名誉教授に基調講演を行っていただきます。日本での格差の現状・実態を踏まえ、グローバルな資産税の可能性を探ります。

続いて、「税制を主権者である納税者の目線から分析し、提言する」政策集団として出発した民間税制調査会の共同代表である三木義一・青山学院大学教授より、政府・与党の税制改正に対する提言案としての「民間税制調査会版税制大綱最終答申」のエッセンスを紹介していただきます。

パネル討論では、25万部超のベストセラー『資本主義の終焉と歴史の危機』 (集英社新書) の著者の水野和夫・日本大学教授、タックスヘイブン・オフショア問題の志賀 櫻・弁護士、グローバル連帯税や金融取引税問題の上村雄彦・横浜市立大学教授、そして気候変動・エネルギー問題の小西雅子・WWF気候変動・エネルギー・プロジェクト・リーダーという各分野の第一人者が、「(気候変動や貧困問題等のための)グローバル・タックス、グローバル累進的資産税の可能性を探る」と題し、討論を行っていただきます。

国内外の格差の問題について、気候変動や貧困等の地球規模課題について、そしてこれらを克服するためのグローバル・タックスについて、ともに考えましょう。

●出演:
 〇基調講演:橘木俊詔 (京都大学名誉教授)
    「『21世紀の資本』と世界的な資産税の可能性〜日本の貧困・格差問題を踏まえて〜」

 〇民間税制調査会:「民間税制調査会版税制大綱最終答申」の紹介
   三木義一(民間税調共同代表、青山学院大学教授)

 〇パネルディスカッション:「グローバル・タックス、グローバル累進的資産税の可能性を探る」
  ・モデレーター: 三木義一(青山学院大学教授)
  ・パネリスト: 水野和夫(日本大学教授)「超バブル経済と資本主義の終焉」
           志賀 櫻(弁護士)「タックスヘイブン対策なくしてグローバル課税なし」
           上村雄彦(横浜市立大学教授)「グローバル連帯税と21世紀の資本」
           小西雅子(WWF気候変動・エネルギー・プロジェクト・リーダー)
                      「パリ会議の概要と、そこにおける資金の重要性」

                    (田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)

◆写真は、橘木俊詔・京都大学名誉教授と三木義一・青山学院大学教授です。


posted by resultsjp at 10:38| Comment(2) | 情報