2015年11月05日

阪大微研理事長の山西弘一先生講演会

11月4日(水)、前参議院議員の梅村聡先生(元・ストップ結核パートナーシップ推進議員連盟会長)の勉強会に出席しました。講師は阪大微生物病研究会理事長の山西弘一先生で、テーマは「わが国のワクチン開発事情」について。山西先生はワクチン研究の第一人者で、突発性麻疹ウィルスのワクチン開発に世界で初めて成功した方です。

人間の歴史はウィルス病との闘いであったとして、天然痘、狂犬病、ポリオ、エボラ出血熱、エイズ、インフルエンザ等とワクチン開発について解説され、その後世界のワクチン開発の外観と日本の現状について分かりやすくお話しされていました。興味深かった点としては、

@世界のワクチン市場は2兆円規模で、全医薬品の3%を占めるが、GSK(グラクソスミスクライン:英国)、SANOFI(仏)、メルク(米)等の大手が市場の大部分を占めている。日本のワクチン市場は2000億円規模で、世界の10%を占める計算。

A国内人口は少子化によって2030年には現在の76%にまで減少すると見込まれる。ワクチンは子どもを主な対象としているので、日本国内のワクチン業界は国内市場だけでは将来がないということになる。海外の市場については、今後は富裕層が増加しているアジア市場で小児用の高品質なワクチンの需要が高まり、またアフリカも同様に伸びるだろう。

B阪大微研は職員800人で300-350億円ぐらいの事業規模。水痘、不活化ポリオワクチンは国内で唯一生産。これまですでにタイ、ブラジル、インドネシア、ベトナム、中国等で技術協力をしているが、東南アジアに出ていきたい。

Cワクチンは国防であると考えるが、ワクチン開発には莫大な費用がかかる。科学的なエビデンスがあれば治験の簡略化をして良いのではないか。開発のコストと時間がかかりすぎ、中国と比べても後れを取っている。また、海外に展開するためのファンドが必要。JICAのベトナム支援(麻疹・風疹ワクチン製造の技術協力)は成功しており、先方から大変感謝されている。ワクチン開発・研究は自分の組織内で閉鎖的にやっていてもワクチンはできない。オールジャパンでやっていく必要がある。

以上、大変勉強させていただきました(高木)。

(参考:ワクチン開発の歴史と今後 一般社団法人日本ワクチン産業協会「わが国のワクチン産業と
市場の動向
」より抜粋)
ワクチン開発.PNG



posted by resultsjp at 11:58| Comment(2) | GAVIキャンペーン

ガザの子どもたちを囲む会 受付編

昨日の「ガザの子どもたちを囲む会」には150名ほどのお客様がお見えになり、前日の夜の135名の予定をも越えてしまい大盛況でした。

受付では11月2日までに参加登録を頂いていない方にはお名前を記入していただいたのですが、その人数が30名ほどいらっしゃいました。一昨日ガザの子どもたちが訪問させて頂いた東洋英和女学院からは教師の方2名、生徒さん6名も参加してくださいました。

IMG_0373.JPG

料理もレストランに依頼した分だけでなく、塩むすびを50個追加しましたが、それもすっかりなくなってしまい、皆さん召し上がれたのかなと気になりました。

ボランテイアで会場の設営、飾りつけ、受付、通訳をしてくださった皆様、大変有難うございました。
(門井)
posted by resultsjp at 10:21| Comment(2) | 情報

ガザの子ども達を囲む会

11月4日、立食パーティー「ガザのこども達を囲む会」が日本リザルツで開催されました。6時の開場少し前から人が集まり始め、6時半のパーティ開始時には廊下まで人が溢れかえっていました。
それもそのはず、この夕食会には約150名の人々が参加したのです。

IMG_0416.JPG

IMG_0377.JPG
女優、タレントでGet in touchの理事長でもある東ちづるさん

IMG_0394.JPG
毎度おなじみ逢沢一郎衆議院議員

PB049989.JPG
外務省 国際協力局 緊急・人道支援課長の廣田司氏

IMG_0418.JPG
ワリード・アリ・シアム パレスチナ大使

IMG_0385.JPG
美味しい料理の数々(スタッフはほとんど食べられませんでしたが・・・)

IMG_0396.JPG
ガザの子ども達へボールのプレゼントも!

PB040038.JPG
東日本大震災で被さいされた女性からは、ガザの子ども達へエールの言葉が送られました

PB040031.JPG

パレスチナの輪がこのような場でどんどん広がっていくことを嬉しく思います。
(大崎)
posted by resultsjp at 10:21| Comment(2) | UNRWA

【ガザの子どもたち】 総理に会いに行きました。

ガザの子どもたちは昨日、安倍総理に会いました。

PB049884.JPG

残念ながら、懇談中の写真はないのですが、子どもたちを代表してラワンさんが素晴らしいスピーチを行いました。
「前日に訪れた釜石で楽しく凧を揚げ、生まれて初めて恐怖を感じることなく子どもらしく遊ぶことができました」
「私たちガザの子どもたちは、戦争をしたいのではなく、平和が欲しいのです」

スピーチしたラワンさん
PB049895.JPG

モハメドくん
PB049889.JPG

ガイダさん
PB049901.JPG

ラウィア先生
PB049904.JPG

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のピエール・クレヘンビュール事務局長は、パレスチナ難民に対する日本の絶え間ない支援に感謝を述べました。
PB049910.JPG

清田明宏UNRWA保健局長からは、「ガザ・戦争しか知らない子どもたち」を。
PB049921.JPG

最後に、多くの報道陣に囲まれながら、ガザの現状を訴えました。
PB049965.JPG

皆さん、本当にお疲れ様でした。
PB049970.JPG
posted by resultsjp at 09:34| Comment(3) | 情報