2016年01月21日

ガザ事業報告C:モニタリングその1

1月18日(月)

設置したリハビリ器具や運動器具の使用状況を確認するため、再びガザにやってきました。
IMG_0747.JPG

本日1カ所目は、ガザ南部の街タル・スルタンです。
IMG_0880.JPG

天候に恵まれた先週に比べ、強風が吹いて気温が下がり、雨になりそうな空模様でした。
IMG_0882.JPG
写真左手すぐに、エジプトとの国境があります。

タル・スルタンUNRWA診療所のアイマッド・アファナ所長。
IMG_0866.JPG
日本への信頼は厚く、戦争から立ち直り経済大国になったこと、幾度も天災に見舞われながらも復興する姿はお手本であり、メディアなどから、日本人の勤勉で真面目に仕事に取り組む姿勢や、時間を守り人を尊重する国民性などを知り、尊敬しているとおっしゃっていました。
また、自分の父親が体調を崩した時に病院に行ったらX-rayが故障していて使えなかったので私立病院で見てもらったが、誰もが出来ることではなく、ガザでメンテナンスをすることは通常よりも難しいため、長く確実に使うことが出来る器具が必要であり、日本の器具も取り入れたいとのこと。

提供した電気治療器を使って治療を受けていた男性。
IMG_0867.JPG
本日10回目のセッションで、電気治療器を使うのは2回目。
すでに痛みが緩和しており、とても満足しているとおっしゃっていました。

効果を実感することが、リハビリを続ける励みになっていると感じました。

2か所目は、同じくガザ南部に位置するラファです。
IMG_0853.JPG

提供した干渉波治療器を使って治療を受ける男性。
IMG_0908.JPG
痛みが軽減され、嬉しいとおっしゃっていました。

頸部牽引器での治療を受けた女性(写真は断られてしまいました)。
IMG_0911.JPG
首から肩にかけてとても楽になり、感謝しているとおっしゃっていました。

診療所スタッフも、新しい器具が入ったことで、より多くの患者を受け入れることが出来る(同時に複数の患者を診ることができる)ようになり、患者さんを待たせる時間が減ったため、とても満足していると言っていました。
また、スタッフの負担も軽減されたとのことです。

運動器具が設置された場所では、多くの人が運動に励んでいました。
IMG_0900.JPG

リハビリを行いながら、高血圧を抱えている男性。
IMG_0902.JPG
診療所長が、自ら指導を行っていました。

設置場所はいくつかの部屋に分かれており、また、カーテンで仕切れるようになっているため、プライバシーを守りながら利用できます。
IMG_0903.JPG
お互いを励ましながらジョギングマシーンを利用する夫婦の姿もありました。

みんな、楽しそうに運動に励んでいるのが印象的でした。


(本事業は、ジャパン・プラットフォームに助成いただき実施しています)
posted by resultsjp at 12:12| Comment(1) | UNRWA

2016年01月20日

3月の凧揚げ実現に向け、クラウドファンディングを始めました!

岩手県釜石市とパレスチナ自治区・ガザ。
遠く離れたふたつの地域ですが、これまで、凧揚げによって「絆」を深めてきました。

そして、今年3月13日(日)、釜石とガザをつなぐ「夢と希望の凧揚げ交流会」開催のため、クラウドファンディングを始めました。
ご賛同いただける皆さまのご協力をお待ちしております!
https://readyfor.jp/projects/kamaishigaza2016


昨年3月、ガザと釜石が凧揚げを通じて繋がりました。

東日本大震災以来、毎年3月に日本で被さいした人たちを想い、凧を揚げ続けてくれたガザの子どもたち。
(4).jpg

2014年夏にガザで起きた大規模な戦闘を受けて、凧を揚げてくれた釜石の子どもたち。
IMG_6858.JPG

インターネット電話(Skype)を使って、ガザと釜石の子どもたちが素晴らしい対話を行いました。
3.jpg
DSCN7570.JPG

そして、昨年11月には、ガザから3人の子どもたちを日本に招待し、釜石で、地元の子どもたちと一緒に凧を揚げることができました。
DSC02182.JPG

こうして深めてきたガザと釜石の子どもたちの絆。
東日本大震災から5年を迎える今年もまた、釜石で多くの凧を揚げたいと思います。
是非、よろしくお願い致します!
posted by resultsjp at 02:42| Comment(1) | 情報

2016年01月15日

セミナー案内状を送りました

こんにちはインターンの池内です。

今週は2月5日に開催されるGGG+フォーラムの案内状をそれに携わる全ての議員の方をまとめて、さらにファックスで送らせていただきました。たくさんの方にぜひご出席していただきたいです。

Ikeuchi
posted by resultsjp at 19:27| Comment(1) | 情報

ガザ事業報告B:ガザ南部の診療所へ

1月13日(水)

本日は、ガザ南部に器具を届けに行きました。
ガザ・シティから抜ける海岸沿いの道はまだ新しく、高い建物も多いです。
IMG_0770.JPG

本日1カ所目は、タル・スルタンの診療所です。
IMG_0790.JPG

南部の都市ラファの人口増加に伴い、サウジアラビアの支援で作られた新興住宅街です。
住居、モスク、病院、学校、道路など、全てが真新しいです。
IMG_0792.JPG
エジプトとの国境から目と鼻の先に位置しています。

電気治療器を届けました。

器具の設置、ユーザートレーニングを終え、記念撮影。
IMG_0784.JPG
ガザ中央部以上に保守的な人が多いガザ南部。なかなか写真に入ってくれません。

本日2件目は、タル・スルタンから程近いラファの診療所です。
IMG_0802.JPG

リハビリ器具(干渉波治療器・吸引器2台と頸部牽引器1台)と運動器具(ジョギングマシーン5台、エアロバイク1台、バイクマシン1台、マルチジム1台)を届けました。

設置する器具が多いため、昨日よりエンジニアが増えていました。
IMG_0849.JPG

一時の停電にひやりとしましたが、無事に器具の設置とユーザートレーニングを終えました。
IMG_0823.JPG

新しい運動器具に皆さん興味深々。
IMG_0840.JPG

特に、ガザでは文化的な制約から女性が外に出て運動することはほぼないため、プライバシーが守られた空間で運動が出来るようになることは、リハビリで回復した運動能力を維持し、健康的な生活を送るためにとても大切です。


これで、無事全ての器具を届けることができました。
来週、再度モニタリングでそれぞれの診療所に伺います。

IMG_0683.JPG
(ガザ全域で大活躍のロバ車)

(本事業は、ジャパン・プラットフォームに助成いただき実施しています)
posted by resultsjp at 14:47| Comment(1) | UNRWA

ガザ事業報告A:ガザ中央部・北部の診療所へ

1月12日(火)

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)ガザ事務所です。
IMG_0649.JPG
事務所内にある倉庫から、無事にリハビリ器具と運動器具を運び出しました。

まず、1カ所目はガザ中心部にあるサブラのUNRWA診療所です。
IMG_0652.JPG

日本の国旗を見つけました。
IMG_0653.JPG

サブラ診療所には、低周波治療器、低周波治療用ベッド、助木、頸部牽引器を届けました。

業者から派遣されてきたエンジニアが器具の設置を行いました。
IMG_0655.JPG
IMG_0674.JPG

その後、診療所スタッフへのユーザートレーニングです。
IMG_0669.JPG

待ち望んでいた器具の到着に、診療所スタッフはもちろん、患者さんもとても喜んでくれました。
IMG_0678.JPG
ガザは保守的な人の割合が高いためか、写真を断る人が多いように感じます。
少人数での記念撮影となりました。

サブラは古くからある街です。
IMG_0684.JPG

病院周辺はマーケットになっていました。
IMG_0682.JPG
(どこの診療所も人がたくさん集まるため、自然とお店が集まるようです)

本日2か所目は、ガザ北部のジャバリアにある診療所です。
IMG_0735.JPG

日本の支援で2011年に再建された建物内には、あらゆるところに日本の国旗がありました。
IMG_0693.JPG
2011年は、東日本大震災が起きた年。
それでも変わらず支援をしてくれた日本と日本の皆さんに感謝すると言ってくれた人がいました。

日本の支援によって再建されたことを示す、診療所の入口にあるサイン。
IMG_0692.JPG

診療所所長室の机や棚にも。
IMG_0694.JPG

ジャバリア診療所には、干渉波治療器・吸引器と電動式診察台を届けました。
IMG_0717.JPG

気が付けば、リザルツスタッフが渡したジャパン・プラットフォームとリザルツのポスターを壁に貼ってくれていました。
IMG_0733.JPG

気に入ってくれたようです。
IMG_0734.JPG

明日は、ガザ南部に行きます。

事務所に戻る道中、冬のビーチで遊ぶ子どもたちを見ました。
IMG_0745.JPG
夏は多くの人で賑わうそうです。

(本事業は、ジャパン・プラットフォームに助成いただき実施しています)
posted by resultsjp at 14:02| Comment(1) | UNRWA