2016年01月13日

【開催案内】2月5日(金)国際ラウンドテーブル「GGG+フォーラム2016: G7サミットとグローバル・ヘルスの課題」


 明けましておめでとうございます。

 本年5月26-27日、伊勢・志摩においてG7サミットが開催されます。特に、日本政府が従来より尽力している感染症対策においては、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバル・ファンド)、Gaviワクチンアライアンス、グローバルヘルス技術振興基金(GHITファンド)、世界ポリオ根絶計画(GPEI)やWHOの役割がますます重要となっており、これら国際機関等がG7サミットで打ち出される政策・イニシアティブにどのように貢献できるのか、また日本との連携を強化できるのかが問われています。

 この国際ラウンドテーブルでは、上記の機関の幹部、政界、官邸、外務省、厚生労働省、JICA、ビル・メリンダ・ゲイツ財団等からのグローバルヘルス・リーダーをお招きし、G7サミットに向けたグローバル・ヘルスの課題と各機関の果たすべき役割・パートナーシップの在り方について、日本の民間企業や感染症患者・関係者、CSO等の皆さまとともに、オープンに討論いただきます。これらの議論を通じ、日本がいかに「健康の外交」をリードできるのかを展望することを狙いとしております。

 G7サミットに向けて大変貴重な機会になるものと考えておりますので、ご多忙の折と存じますが、皆様のご参加をお待ちしております。

■日時:2016年2月5日(金)12:00-14:00(開場:11:30)
■会場:ホテルルポール麹町 2階ロイヤルクリスタル
    東京メトロ有楽町線 麹町駅 1番出口 徒歩3分
    http://www.leport.jp/map/access.html

■【スピーカー/ディスカッサント】(調整中のため変更の可能性あり)

GGGスピーカー.JPG

 アレックス・ロス WHO神戸センター長 (前半・共同モデレーター)
 渋谷健司 東京大学大学院 医学系研究科国際保健政策学教室 教授、(一社)JIGH代表理事(前半・共同モデレーター)
 イボンヌ・チャカチャカ プリンセス・オブ・アフリカ財団、国連アフリカ親善大使
 アイダ・クルトヴィッチ 世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)副理事長
 ンゴジ・オコンジョ・イウェアラ Gaviワクチンアライアンス理事長
 黒川 清 グローバルヘルス技術振興基金(GHITファンド)代表理事・会長
 岸田文雄 外務大臣
 塩崎恭久 厚生労働大臣
 武見敬三 自民党参議院議員、ワクチン予防議員連盟副会長
 和泉洋人 内閣総理大臣補佐官
 竹若敬三 外務省国際協力局審議官
 北岡伸一 独立行政法人国際協力機構(JICA)理事長
 小寺 清 独立行政法人国際協力機構(JICA)顧問 (後半モデレーター)
 ジョアン・カーター リザルツ、リザルツ教育基金 事務局長
 感染症患者代表、内閣官房、厚生労働省、経済産業省、学術界、民間企業、CSO等

■参加費無料、事前申し込み制 締切:1月20日(水)
■お申込み方法
下記を明記のうえ、右アドレスまでお申込みください。送付先:results.japan@gmail.com
・お名前
・ご所属
・役職
・E-メールアドレス
・電話番号

■会場に軽食・お飲み物をご用意しております。
■詳細なプログラムは数日中に日本リザルツウェブサイトに掲載致します。
■連絡先 担当 高木 晶弘
 Tel: 03-6268-8744  Fax: 03-3597-3448
 E-Mail: takagi.results@gmail.com
posted by resultsjp at 19:01| Comment(2) | 情報