2016年01月15日

セミナー案内状を送りました

こんにちはインターンの池内です。

今週は2月5日に開催されるGGG+フォーラムの案内状をそれに携わる全ての議員の方をまとめて、さらにファックスで送らせていただきました。たくさんの方にぜひご出席していただきたいです。

Ikeuchi
posted by resultsjp at 19:27| Comment(1) | 情報

ガザ事業報告B:ガザ南部の診療所へ

1月13日(水)

本日は、ガザ南部に器具を届けに行きました。
ガザ・シティから抜ける海岸沿いの道はまだ新しく、高い建物も多いです。
IMG_0770.JPG

本日1カ所目は、タル・スルタンの診療所です。
IMG_0790.JPG

南部の都市ラファの人口増加に伴い、サウジアラビアの支援で作られた新興住宅街です。
住居、モスク、病院、学校、道路など、全てが真新しいです。
IMG_0792.JPG
エジプトとの国境から目と鼻の先に位置しています。

電気治療器を届けました。

器具の設置、ユーザートレーニングを終え、記念撮影。
IMG_0784.JPG
ガザ中央部以上に保守的な人が多いガザ南部。なかなか写真に入ってくれません。

本日2件目は、タル・スルタンから程近いラファの診療所です。
IMG_0802.JPG

リハビリ器具(干渉波治療器・吸引器2台と頸部牽引器1台)と運動器具(ジョギングマシーン5台、エアロバイク1台、バイクマシン1台、マルチジム1台)を届けました。

設置する器具が多いため、昨日よりエンジニアが増えていました。
IMG_0849.JPG

一時の停電にひやりとしましたが、無事に器具の設置とユーザートレーニングを終えました。
IMG_0823.JPG

新しい運動器具に皆さん興味深々。
IMG_0840.JPG

特に、ガザでは文化的な制約から女性が外に出て運動することはほぼないため、プライバシーが守られた空間で運動が出来るようになることは、リハビリで回復した運動能力を維持し、健康的な生活を送るためにとても大切です。


これで、無事全ての器具を届けることができました。
来週、再度モニタリングでそれぞれの診療所に伺います。

IMG_0683.JPG
(ガザ全域で大活躍のロバ車)

(本事業は、ジャパン・プラットフォームに助成いただき実施しています)
posted by resultsjp at 14:47| Comment(1) | UNRWA

ガザ事業報告A:ガザ中央部・北部の診療所へ

1月12日(火)

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)ガザ事務所です。
IMG_0649.JPG
事務所内にある倉庫から、無事にリハビリ器具と運動器具を運び出しました。

まず、1カ所目はガザ中心部にあるサブラのUNRWA診療所です。
IMG_0652.JPG

日本の国旗を見つけました。
IMG_0653.JPG

サブラ診療所には、低周波治療器、低周波治療用ベッド、助木、頸部牽引器を届けました。

業者から派遣されてきたエンジニアが器具の設置を行いました。
IMG_0655.JPG
IMG_0674.JPG

その後、診療所スタッフへのユーザートレーニングです。
IMG_0669.JPG

待ち望んでいた器具の到着に、診療所スタッフはもちろん、患者さんもとても喜んでくれました。
IMG_0678.JPG
ガザは保守的な人の割合が高いためか、写真を断る人が多いように感じます。
少人数での記念撮影となりました。

サブラは古くからある街です。
IMG_0684.JPG

病院周辺はマーケットになっていました。
IMG_0682.JPG
(どこの診療所も人がたくさん集まるため、自然とお店が集まるようです)

本日2か所目は、ガザ北部のジャバリアにある診療所です。
IMG_0735.JPG

日本の支援で2011年に再建された建物内には、あらゆるところに日本の国旗がありました。
IMG_0693.JPG
2011年は、東日本大震災が起きた年。
それでも変わらず支援をしてくれた日本と日本の皆さんに感謝すると言ってくれた人がいました。

日本の支援によって再建されたことを示す、診療所の入口にあるサイン。
IMG_0692.JPG

診療所所長室の机や棚にも。
IMG_0694.JPG

ジャバリア診療所には、干渉波治療器・吸引器と電動式診察台を届けました。
IMG_0717.JPG

気が付けば、リザルツスタッフが渡したジャパン・プラットフォームとリザルツのポスターを壁に貼ってくれていました。
IMG_0733.JPG

気に入ってくれたようです。
IMG_0734.JPG

明日は、ガザ南部に行きます。

事務所に戻る道中、冬のビーチで遊ぶ子どもたちを見ました。
IMG_0745.JPG
夏は多くの人で賑わうそうです。

(本事業は、ジャパン・プラットフォームに助成いただき実施しています)
posted by resultsjp at 14:02| Comment(1) | UNRWA

hello life! 被さい地復興プロジェクト

先日、hello life! 被さい地復興プロジェクト【2014―2015年】実施結果として、石巻商業高校と石巻専修大学の桝井ゼミの生徒さんからのご寄付とメッセージカードを頂きました。

このプロジェクトは株式会社アソボット様が行っているもので、”寄付する機会“をギフトする新しいモデルのNPOサポートプログラムというユニークなものです。詳しくはアソボット様のホームページでご覧下さい。 http://www.asobot.co.jp/portfolio/hello-life/
寄付文化の裾野を広げることを目的としているそうですが、実にユニークで意義のあるプロジェクトだと思います。

DSCN0125.JPG
石巻商業高校と石巻専修大学の桝井ゼミの生徒さんからのメッセージカード

弊団体からは「お礼のメッセージカード」を送ります。

DSCN0126.JPG
「お礼のメッセージカード」のフォーマット

(門井)
posted by resultsjp at 12:31| Comment(1) | 情報

「らぽーる」千葉県松戸市へ行く

12月に『らぽーる』相談室の存在とサービス内容を、千葉県柏市に知って頂くことになり、リーフレットを置かせて頂くことになったのは、以前のブログにも書きましたが、今回は柏市のお隣の市、千葉県松戸市子ども家庭支援課にもリーフレットを置かせて頂くことになりました。

今現在東京23区でリーフレット設置にご協力を頂けている区は15箇所あります。神奈川県では小田原市。
少し離れて、西は大阪府、兵庫県企画県民部で、『らぽーる』相談室の存在とサービス内容を知って頂くことになりました。

来週には東京23区内で、まだリーフレットを置いてもらっていない区役所に訪問をし、リーフレット設置をお願いしてきます。

こうして一つずつ『らぽーる』の輪が東京近郊中心に広まっています。
イラスト2.jpgりこちゃんとパパママ散歩(カラー).jpg
これからも地に足の着いた活動と、困っておられる相談者に寄り添って、一つひとつ、確実なお仕事をしていきたいと思います.(HK)
posted by resultsjp at 11:35| Comment(1) | らぽーる

栄養アドボカシー

1月14日(水)、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、ワールド・ビジョン・ジャパン、日本リザルツの栄養三銃士3名で、内閣官房幹部とお会いしました。
今年開催のG7伊勢志摩サミットとTICAD VIに向けた意見交換を行い、大変充実した会合となりました。本年はリオオリンピック、サミット、TICAD VIと大きなイベントが続き、栄養の年になりそうです。
猟犬
posted by resultsjp at 11:20| Comment(1) | 栄養問題

お仕事について...

こんにちは、最近はとても充実した日々を送っている白石です。
日本リザルツでのインターンが始まってやっと3ヶ月目。毎日たくさんの人と出会い刺激を受けています。
日本リザルツで働く皆さんは、それぞれ違った背景や個性があって話しているだけでも勉強になることが多いです。

そんな日本リザルツでのお仕事、最近は来月5日『国際ラウンドテーブル GGG+フォーラム2016に開かれるセミナー』の準備で慌ただしい日々、ご案内メールや各国大使館宛にご案内を送ったり、地道な作業ですがこのセミナーにたくさんの方がご来場いただけるようにする大切なものだと思います。

これからも、日本リザルツのインターンとしてたくさんの刺激を受け成長できればと思います。
(白石)
posted by resultsjp at 11:17| Comment(1) | 情報

GGG+フォーラムスピーカー:ンゴジ・オコンジョ・イウェアラ氏

先日のブログで、2月5日(金)開催の国際ラウンドテーブル「GGG+フォーラム2016: G7サミットとグローバル・ヘルスの課題」についてお知らせしましたが、今回はスピーカーの一人、ンゴジ・オコンジョ・イウェアラ(Ngozi Okonjo-Iweala)氏をご紹介します。

NgoziOkonjoIweala.jpg

ンゴジ・オコンジョは、1954年ナイジェリア南部のオグワシ=ウクに生まれました。ナイジェリア最古の大学、イバダン大学インターナショナル・スクールを卒業後は、アメリカ合衆国に留学し、ハーバード大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学で博士号を取得しています。

その後、21年間世界銀行に勤め、組織改革・戦略担当局長、東アジア地域局地域担当業務担当局長、域内国担当局長などを歴任し、2003年に母国ナイジェリアで財務大臣に就任しました。ナイジェリア初の女性財務大臣として、オコンジョは対外債務削減で手腕を発揮。主要債権国会議との交渉で、同国の公的債務三百億ドルを「帳消し」にしてみせ、2005年に世界有数の国際金融専門誌『ユーロマネー』で「世界最高の財務大臣」の座に輝きました。民主化を推進した、当時のオバサンジョ大統領の下で、金融安定化と汚職撲滅のために財政の透明化を図り、その業績は国際的にも認められています。
 
2006年には外務大臣に転任して同国の外交を統括した後、2007年に世界銀行の副総裁に就任しました。世銀副総裁を4年間務めた後には、2011年にグッドラック・ジョナサン大統領によって財務大臣に再任されています。彼女は優れた開発経済学者・政治家であると同時に、アフリカ諸国における外国投資と雇用創出の有益性を説くなど、アフリカへの世界的な偏見や、イメージを一掃するために活躍しています。また、男尊女卑が根強く残るアフリカで女子教育の重要性を訴え、財務大臣時代に母親が誘拐された(その後解放)ことから、ボコハラムによる少女誘拐に関して積極的に発言を行っていることでも知られています。そのため「アフリカ人女性の希望の星」と言われており、米誌『フォーブス』が毎年発表する「世界で最も影響力のある女性100人」に、5年連続で選ばれています。

2015年9月21日には、Gaviワクチンアライアンスの新理事長に選出され、2016年1月より就任しています。オコンジョは理事長就任にあたり、33年間の公的機関における金融・開発の経験を活かして、Gaviが支援している国の政府が、自国の財源で保健システムを強化できるよう、自立を促すための働きかけを行っていきたいと話しています。

以上のような経歴から、オコンジョは指導者としての評価も高く、2014年に米誌『タイム』の「世界で最も影響力のある100人」、2015年には米経済誌『フォーチュン』の「世界のもっとも偉大なリーダー50名」に選出されています。

TEDにも出演しており、彼女のプレゼンテーションはこちらから見る事が出来ます。
https://www.ted.com/talks/ngozi_okonjo_iweala_on_doing_business_in_africa?language=ja

2月5日のセミナーには彼女の他にも多くの素晴らしいゲストが出席しますので、皆様どうぞご参加下さい。
お申込みはこちらからどうぞ。
http://resultsjp.sblo.jp/article/171888769.html

猟犬
posted by resultsjp at 09:23| Comment(1) | 情報