2016年03月30日

いよいよ刊行!『世界の富を再分配する30の方法』(合同出版)

                    30の方法表紙L.jpg

グローバル連帯税の入門書である『世界の富を再分配する30の方法─グローバル・タックスで世界を変える』がいよいよ合同出版より刊行されます。

≪4月4日発売! A5変型判 144頁定価1,400円+税≫

「深刻化を増す世界の貧困・環境破壊・紛争」の裏には、グローバルな格差・不平等という問題が存在します。さらにその根底には経済(金融)のグローバル化という構造が横たわっています。本書では、その変革のためにグローバル・タックスという手法で地球上の富の再分配を行い、公正で持続可能な社会創造に向けた具体的な政策を、たいへん「分かりやすく」提示しています。ぜひお手に取ってお読みください。

<執筆者>
上村雄彦(横浜市立大学教授)<編集>
金子文夫(横浜市立大学名誉教授)
佐藤克彦(前・PSI 加盟組合日本協議会(PSI-JC)事務局長)
田中徹二(グローバル連帯税フォーラム代表理事)
津田久美子(北海道大学法学研究科博士課程)
望月 爾(立命館大学法学部教授)

<内容紹介>
貧困や格差、環境破壊など世界が抱えている深刻な問題、同じ世界で、たった1%のお金持ちに富が集中する現状、その2つを同時に解決できる革新的な税のしくみ、それがグローバル・タックスです。グローバル・タックスは、地球上の富を再分配し、世界を変える可能性を秘めているのです。

<目次>
第1章 世界が抱える深刻な問題
1 地球を悩ます貧困・環境破壊・紛争
2 一瞬にして世界に不幸をまき散らす金融危機
3 富める人は富み、貧しい人はどんどん貧しくなる世界
4 ODAでは地球の問題は解決できない 
5 CSR、BOPの手法では世界の貧しさは解決できない
コラム@ トマ・ピケティの『21 世紀の資本』と「グローバル資本税」

第2章 世界のお金が1%に集中するしくみ
6 世界経済が資本主義的市場原理で一体化すると……
7 地球上のおカネと資源を貪る多国籍企業
8 実体経済の数十倍にも膨れ上がったお金の売り買い
9 1%の大金持ちに富が集中する世界のしくみ
10 マネーゲーマーたちの天国 タックス・ヘイブンのしくみ
11 地球問題を解決するのにいくらかかるのか
コラムA ドーア氏の名著『金融が乗っ取る世界経済─ 21 世紀の憂鬱』

第3章 地球規模で税金を集め、分配するしくみ
12 グローバル・タックス(国際連帯税)はこうして生まれた
13 グローバル・タックスってどんなしくみ?
14 トービン税がグローバル通貨取引税へ進化した
15 国際社会で税金を集めるルールはどのようなものか?
16 炭素に税をかけて、温暖化を解決する方法
17 武器の売買に税をかければ、武器取引も抑制される
18 飛行機に乗ることで、三大感染症の対策に貢献できる
19 グリーン気候基金で温暖化対策の資金を調達する
20 グローバル・タックスで運営される国際機関が出現すると…
コラムB プチ・グローバル累進的資産課税の提案

第4章 金融取引税のとりくみ
21 金融は、経済の血液
22 EU金融取引税の実施で、310億ユーロの資金が見込まれている
23 世界ではじめてEU10カ国が金融取引税の実施に合意した
コラムC 誤解されがちな金融取引税

第5章 いま、私たちが抱える問題は武力や資源の争奪では解決しない
24 世界の問題を解決する資金源革新的開発資金を創り出すために
25 集めた税金を活用する最適な機関をつくる
26 99%のための国際連帯税キャンペーン
27 なぜ、世界の労働組合は国際連帯税を求めるのか
28 国際連帯税を導入するためのルールづくり
29 日本でグローバル・タックスが実現・導入される道筋
30 世界の問題を私たちの手で解決するために
コラムD 「格差と貧困」は世界のキーワード

(田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)

posted by resultsjp at 19:54| Comment(2) | 国際連帯税の推進

2016年03月25日

理事会・総会に参加して

3月22日(火)に平成27年度日本リザルツ通常理事会が開催されました。今年度初めて出席させて頂きました。

IMG_1318.JPG
浅野茂隆理事長

IMG_1303.JPG
水澤茂監事

◆第一号議案ではスタッフの門井から平成27年度決算報告を行いました。
IMG_1302.JPG
IMG_1304.JPG
三好公認会計士

◆第二号議案では大崎から、平成28年度事業計画及び予算計画について説明がありました。
IMG_1308.JPG

◆第三号議案では平成28年度役員承認の件で話し合いが行われました。
IMG_1312.JPG

最後に、今年度の活動について、鈴木、吉田、大崎から報告がありました。
今回は少人数ながら和やかに進行し、引き続き総会も開催され、こちらも無事終了することができました。
皆さま貫禄があり、圧倒されっぱなしの理事会・総会でした。(HK)

posted by resultsjp at 16:23| Comment(2) | 情報

ソーシャルインパクトボンド(SIB)についての有識者による勉強会開催

3月22日(火)、世界で少しずつ広まりを見せているソーシャルインパクトボンド(SIB)について、有識者の方々をお招きし、説明&意見交換を交えた勉強会を開催しました。
SIBとは、埋まっている民間の良質なサービスを掘り起こす仕組みの一つで、あらかじめ設定したプロジェクトの目標達成時のみ、報酬を政府行政が民間資金提供者に支払う、「民間資金を活用した官民連携による社会課題解決の仕組み」です。
いわゆる社会的投資の手法の一つとしてヨーロッパを中心に広がりを見せています。
現在の世界におけるSIBの実施分野は、若者就労者支援、生活困窮者支援、子供・家庭支援、児童養護施設支援、刑務所の受刑者の再犯率を低めるプログラムなどです。
日本では、2014年に日本財団が推進事業を開始、2015年には経産省の委託事業として、介護予防にかかるパイロット事業がスタートするなど、徐々に広がりを見せ始めています。
リザルツでは、今後もこのような勉強会を実施していこうと思います。

また、夕方からは衆参両議員会館にて、リザルツ新聞の配布も行いました。内容は「世界凧揚げ交流会2016報道特集号」です。各種新聞などにも取り上げられ、盛り上がりを見せている世界一斉凧揚げ大会を通じて、リザルツの活動をもっともっとたくさんの方々に知ってもらえるきっかけにしていきたいです。

ぴかぴか(新しい)
posted by resultsjp at 11:17| Comment(2) | 情報

平成27年度理事会・総会での一幕

日本リザルツの理事も務めていらっしゃる、姫井由美子先生にもご出席いただきました。姫井先生は先日公開された「コンビニ夢物語」の原作者の顔もお持ちです。

私は高校生の時に姫井先生の著書「コンビニ改造論」を読み、コンビニが今日では社会的インフラとして、日本人に無くてはならない存在になりつつあると同時にコンビニ加盟店主は過酷な労働環境を強いられているという実態を知ることが出来ました。今日の日本にはフランチャイザー、コンビニ加盟店主の保護に関する法律がありません。この本が当時高校生ながら、コンビニについて考え直す機会を与えてくれたことを覚えています。そして数年後、たまたま日本リザルツでインターンをさせていただき、姫井先生と直接お会いすることができました。ありがとうございます!

「コンビニ夢物語」は 池袋シネルーブにて公開中です!
web3_02_2.jpg

兵庫県・香住。8年前に妻に先立たれた坂上幸造は、地元に愛される酒店を切り盛りしていた。ある日、幸造は持病の心臓の発作に襲われてしまい、息子の幸一 が駆けつけてくる。東京に出て行ったきり長い間故郷に戻ってきていなかった幸一は、突然、父の酒屋をコンビニに改装したいという驚きの提案をする。幸一の 言葉に半信半疑だった周囲の人も、次第に彼の熱意に気持ちが動かされ――。
コンビニの実態を知り尽くした著者が描き出した、田舎町に起こった奇跡の物語(コンビニ夢物語公式HPよりhttp://www.convini-yume.com/

綺麗な景色とコンビニ中心で展開される人間味が溢れでるストーリーにユーモアを散りばめた、まさに笑いあり涙ありの映画でした。

5186nlQ2tAL._SX342_BO1,204,203,200_.jpg

原作にもなったご本も発売中です!是非お手に取ってください。(白石)
posted by resultsjp at 10:45| Comment(2) | 情報

第7回サンキューセミナー「G7サミット・TICAD VIに向けた開発協力ファイナンスの展望とグローバル連帯税の可能性」

今月の31日リザルツ事務所にて、第7回サンキューセミナー「G7サミット・TICAD VIに向けた開発協力ファイナンスの展望とグローバル連帯税の可能性」が開催されます。

今回は講師として、横浜市立大学国際総合科学郡教授の上村雄彦氏(第一部)と、財務省主計局 外務・経済協力第一係主査の山本庸介氏(第二部)をお迎えします。
また、昨年お亡くなりになった、元財務相主計局主計官・OECD租税委員会日本代表の志賀櫻先生の追悼会(第三部)も合わせて開催いたします。

また、志賀櫻先生をしのぶ会ですが、こちらには民間税制調査会の共同代表である三木義一青山学院大学学長や、元大蔵省で志賀先生の上司でもあった元世銀副総裁日下部元雄さんも参加されます。志賀先生の足跡と熱かった思いをしのびたいと思いますので、第3部のこちらだけでもどうぞお申込みください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
第7回NGOサンキューセミナー
「G7サミット・TICAD VIに向けた国際協力ファイナンスの展望とグローバル連帯税の可能性」

スライド1.JPG

■日時:2016年3月31日(木)
17:00〜18:00 第一部 グローバル連帯税が切り拓く未来 (講師:上村雄彦氏)
18:00〜19:00 第二部 ODA予算の作り方(講師:山本庸介氏)
19:00〜21:00 第三部 志賀櫻先生をしのぶ会

■会場:日本リザルツ事務所(千代田区霞が関3-6-14 三久ビル5F)

■アクセス:https://goo.gl/maps/hMOtc
      東京メトロ 国会議事堂前駅 徒歩4分 溜池山王駅 徒歩5分
詳細は、添付のチラシをご覧ください。

★ 参加申込みは、以下の参加申込みを票にご記入の上、(results.japan@gmail.com)までメールでお送りください。
※定員80名
※メールの件名は、【第7回NGOサンキュー・セミナー】とご記入ください

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
第7回NGOサンキュー・セミナー 申し込み票
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◎ご参加されるセミナー(第一部・第二部・第三部・すべて)
◎ お名前 (      )
◎ ご所属 (         )
◎ ご役職 (      )
◎ メールアドレス (       )
◎ 電話番号 (       )
◎ 講師の方に聞きたいこと:
◎ その他コメント:

お申込みいただき、ありがとうございました。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
(白石)
posted by resultsjp at 10:14| Comment(2) | 情報