2016年04月30日

パナマ文書問題:戦々恐々とする海外資産5000万円以上保持する富裕者

              ICIJ.JPG

このところ、「パナマ文書」問題で上村雄彦先生とテレビ出演のコンビを組んでいる(?)森信茂樹教授のパナマ文書関連の所論が、ダイアモンド・オンラインに連続して掲載されていますので紹介します。専門家だけあって、タックスヘイブン問題に関する実務について語られていますので、必読です。

例えば、「今後日本人(日本居住者)や日本企業の情報がパナマ文書の中から見つかった場合には、どうなるか」など。

その中で面白かったのは、日本居住者の海外財産の捕捉のための国外財産調書ですが(5000万円以上の財産)、「未提出が相当数いると言われている」とのこと。故意の不提出には罰則(1年以下の懲役)が科せられるので、パナマ文書に問題には戦々恐々としているのではないか、と。

これらのことは、本日(4月30日)の日経新聞にも載っていますね。「…パナマ文書発覚以降、氏名公表を心配した富裕層からの(法律事務所への)問い合わせがやまない」、と。

*【日経新聞】「パナマ文書が問う上:逃げる富 揺らぐ税の信頼」
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO00282090Q6A430C1SHA000/?dg=1 

【感想:罰則強化(例えば懲役5年以下とか)がひとつのカギになるか】

あと大企業のタックスヘイブンへの子会社(現地法人)の実態をどう把握するかですね。まずは徹底した情報開示と各国の自動情報交換制度構築が課題となります(パナマはこれに入ろうとしていなかったが、今回の事件もあり入ることに)。

日本の大企業がタックスヘイブンにどのくらいの現地法人を持っているかというと、資本金1億円以上の日本の大企業1,700社(大企業総数は2万9672社)が9000社を持っているとのことです。これは4月26日の参議院財政金融委員会で大塚耕平議員の質問(民進)に対して国税庁が答えたものですが(下記録画、42:16分頃)、やはりすごい数ですね。

*参院財政金融委員会ネット録画: http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php 

しかし、問題はその自動交換制度の実効性です。交換制度の条約を結んだのはよいが、タックスヘイブン諸国からまったく情報が上がってこない、という実質的サボタージュが考えられます。実は、何十万社というペーパーカンパニーがあるケイマン諸島の政府機関は5階建てのビルひとつに入るくらいの規模だそうで、このような陣容で果たして政府当局が供与すべき情報を把握できるのか(志賀櫻「タックス・オブザーバー」エヌピー新書)、ということであり、情報を把握する能力も意思もなく、結果的に何ら有用な情報が出ないということも考えられます。

次に、4月のG20財務相会合の声明も挙げておきます。ちなみに、「G20では、ドイツが租税回避地への制裁も含めた強硬策を求めたが、新興国側は「事務量が増える」と慎重姿勢で、「防御的措置(対抗措置)」というあいまいな表現にとどまった」と毎日新聞にありました。

以上、森信教授の所論とG20財務相会合の声明、毎日新聞記事につきクリックして見てください(赤、青字は分かりやすいように引用者が付けたものです)。

田中徹二(グローバル連帯税フォーラム・日本リザルツ理事)

★写真は、ICIJのパナマ文書関連WEBサイト
posted by resultsjp at 13:08| Comment(1) | 国際連帯税の推進

G7に関する外務省・NGO意見交換会への参加

4月28日、霧雨と強風の中、「G7に関する外務省・NGO意見交換会」に参加して参りました。

image.jpeg

参加団体は日本リザルツを含め計15団体。

交換会の時間はピッタリ1時間しかないため、早口で自己紹介の後、それぞれの団体が提言・要望・質問を行い、それに対して、サブシェルパの宇山智哉経済局参事官からお言葉をいただくという流れでサクサク進みました。

要望のテーマは団体ごとに違うのですが、「保健、女性と開発、紛争・難民問題、ビジネスと人権、飢餓と栄養改善、気候変動・エネルギー、サミットと政府・市民対話の持ち方」等、幅広かったです。

日本リザルツからは、ワクチンと栄養についての要望をしました。

もちろん、Gaviを強調させていただきました!

そして、、実は一番手の発表だった私。

サブシェルパの目を見て要望を言えたのでよかったです。思いは伝わったでしょうか。

写真撮影がないので、会の様子が伝えられず残念ですが、皆さん、それぞれの思いをテキパキ発表されていました。

市民団体がこうしてサブシェルパとの対話の時間を持てるのは凄いことですね。

G7に向けて、準備が着々と進んでいるのを肌で感じました。

貴重な機会をありがとうございました。


(いけのり)
posted by resultsjp at 08:06| Comment(1) | 情報

2016年04月28日

熊本出張報告D

本日は、益城町、南阿蘇村に次いで被害が大きかったと言われる熊本市に自転車で行ってきました。

DSCN8904.JPG
DSCN8925.JPG
路面電車も走り、一見平和な町の様子ですが・・・

DSCN8922.JPG
DSCN8881.JPG
DSCN8905.JPG
DSCN8943.JPG
DSCN8948.JPGDSCN8947.JPG
ところどころに震災のツメ跡が見られます。

DSCN8926.JPG
DSCN8928.JPG
市役所前には配給のための列が出来ていました。

DSCN8886.JPG
DSCN8885.JPG
DSCN8883.JPG
益城町と同様、ごみの問題も深刻です。

DSCN8939.JPG
DSCN8937.JPG
日本赤十字社発祥の地とされる洋館で県重要文化財の「熊本洋学校教師ジェーンズ邸」も全壊して、ブルーシートが掛けられていました。

DSCN8942.JPG
崩壊前はとても立派な建物だったようです。

DSCN8924.JPG
文化財と言えば、熊本城も壊滅的な被害を受けました。

DSCN8916.JPG
DSCN8913.JPG
DSCN8914.JPG
DSCN8907.JPG
いまは立入禁止になっていますが、外からでも石垣が崩れているのが分かります。

さて、日本リザルツは東日本大震災が発生した後、岩手県釜石市に事務所を設置しました。以来、現地で継続的な被さい地支援を行っています。熊本にも同様の拠点を作るため菊陽町、益城町と動き回ってきましたが、
この度、熊本市の「日本財団 災害復興支援センター」にオフィスを構えることが決まりました。日本財団では、熊本支援を行うNPOに対して、無料で事務所を貸し出しています。

DSCN8900.JPG
DSCN8889.JPG
場所は県庁前ビル4Fです。

DSCN8898.JPG
DSCN8895.JPG
DSCN8896.JPG
DSCN8891.JPG
今はまだ何もない部屋ですが、徐々にデスクや椅子等のオフィス用品が揃っていくそうです。まだ設立されたばかりで、新聞で情報を見るなり飛び込んだので、弊団体が一番乗りでした。

日本リザルツは、これからこの事務所を拠点に熊本支援を行っていきます。
猟犬
posted by resultsjp at 21:22| Comment(1) | 熊本支援

日暈

皆さんは日暈(ひがさ、にちうん)のことをご存知でしょうか?
写真は昨年5月22日の朝11時ごろに撮ったものです。
太陽に薄い雲がかかった際に太陽の周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことだそうです。
因みに月の周りに現れたものは月暈(つきがさ、げつうん)というそうです。また虹のようにも見えることから白虹(はっこう、しろにじ)ともいうそうです。

DSCN0102.JPG

昨年この日暈が出た際には、テレビのニュースにもなりましたので覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。時々は空を見上げてみませんか?
(か)
posted by resultsjp at 19:18| Comment(1) | 情報

感染症対策の強化…内閣官房のアクションプランを読んでみました。

皆さん、こんにちは。

内閣官房が発表している分厚いアクションプラン、

「国際的に脅威となる感染症対策の強化に対する基本計画」を眺めていました。

image.jpeg

官民連携プラットフォームの設置…
プラットホーム(構成員:関係省庁、JICA、AMED、国内医薬品・医療機器関連団体等(必要に応じて、 GF、GHIT Fund、 Gaviワクチンアライアンス等の参加を求める))を設置し、官民一体となって、国際的な感染症対策への一層の 貢献、我が国の医療業界等の市場開拓に資する。

素晴らしいですよね。

そして!気になる一文を発見しました。


「NGO等によるクラウドファンディング等の支援の活性化の促進」



こちらです、内閣官房の国際感染対策調整室発表のこちらの3ページ目の下です。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokusai_kansen/pdf/kihonkeikaku_gaiyou.pdf


NGOの感染症関連のクラウドファンディングを支援。。。

ただ今、企画進行中のリザルツ発信のクラウドファンディングの噂を聞きつけたのでしょうか。

内閣官房が味方についてくれたら、怖いものはないですね。

詳細はまだ明かせませんが、世界の保健を変える企画です。

みんなが平和に安心して毎日を過ごせるようにするための企画です。

乞うご期待!

(いけのり)
posted by resultsjp at 13:54| Comment(1) | 情報