2016年04月13日

STOP THE 結核!!大都会、渋谷でも集団感染!最近の集団感染事例。

graphic13-e1407736745251.jpg

皆様、こんにちは。

警視庁渋谷署で昨年末から今月にかけて、留置などを担当する署員19人が結核に集団感染していたことが11日、分かりました。
うち6人が発症し、3人が入院したそうです。

渋谷署によると、昨年12月に20代の男性署員が体調を崩し、今年1月に結核に感染していたことが判明。その後、相次いで結核感染が判明し、感染者は最終的に19人に上りました。

渋谷署では昨年2月に詐欺事件で留置中の60代の男性が体調を崩して病院に搬送され、肺結核で死亡していたそうです。

同署は因果関係や感染拡大の経緯を調査中とのことですが、渋谷署の小林仁副署長は、「結核に関しての認識が不足していた」と話しているそうです。



都会のど真ん中で起こった結核の集団感染…


結核という病気は決して他人事ではない!

ということを目の当たりにした自分です。



というわけで、今日は最近の集団感染事例を調べてみました。


●最近の集団感染事例

2016年4月
発生地域:東京都渋谷区
発生場所:留置所
感染者数:19人
発病者数:6人
死亡者数:1人(60代・男性)

2016年3月
発生地域:大阪府東大阪市
発生場所:会社寮
感染者数:33人
発病者数:5人
死亡者数:1人(50代・男性)

2016年3月
発生地域:茨城県笠間市
発生場所:病院
感染者数:11人
発病者数:5人
死亡者数:1人(80代・女性)

2016年2月
発生地域:大阪府和泉市
発生場所:消防署
感染者数:16人
発病者数:1人
死亡者数:0人

2016年2月
発生地域:宮城県仙台市
発生場所:会社
感染者数:32人
発病者数:0人
死亡者数:0人(80代・女性)

2015年11月
発生地域:岩手県
発生場所:会社
感染者数:21人
発病者数:4人
死亡者数:0人

2015年10月
発生地域:福岡県久留米市
発生場所:病院
感染者数:10人
発病者数:3人
死亡者数:0人

2015年8月
発生地域:福島県
発生場所:特別養護老人ホーム
感染者数:8人
発病者数:3人
死亡者数:0人




感染した方の年齢は、20代〜80代までと様々です。

発生場所も普通の会社から病院まで…普段、普通に行くような場所です。

…しつこいようですが、結核は昔の病気ではなく、今でも誰もが感染する可能性のある油断できない病気であるということがわかります。


●こんな症状があったら注意!


・咳や痰が2週間以上止まらない
・痰に血液が混じっている
・微熱が2週間以上続く
・胸に痛みがある
・食欲が落ちている、体重が減少している
・体がだるい、息切れがある




等の症状がある場合には、まずは病院で診察を!

周辺に結核患者がいたり、過去に結核にかかったことがある方も注意が必要です。



日本リザルツでは、
「ストップ結核キャンペーン:ACTION (アクション)プロジェクト」に参加しております。

結核の制圧に向け、今後も広く活動を続けていきたいと思います。

こちらの記事もよかったら。
「結核の恐怖…結核についてどのくらい知ってますか?」

(いけのり)
posted by resultsjp at 17:25| Comment(2) | ストップ結核アクション