2016年04月22日

法律ができるまで

2年前に発足した「親子断絶防止議員連盟」の超党派の国会議員の先生方は、「親子断絶防止法(仮)」の早期成立を目指して活動してくださっています。
この「親子断絶防止法(仮)」は議員立法での成立を目指しているわけですが、「唯一の立法機関」である国会において、法律の作り方は2種類あります。「議員立法」と「閣法」です。
まずはその違いを明らかにしましょう。

《閣法》内閣が提出する法律案の原案は各省庁で作成されます。それらは閣議にかけられる前に、すべて内閣法制局によって審査が行われます。内閣法制局のチェックは、憲法や他の法律との整合性、立法内容の妥当性など法律的な観点や、立案の意図が正確に表現されているか、のような技術的な観点などから幅広く行われます。審査を経た法律案は閣議決定され、内閣総理大臣から国会に提出されます。

《議員立法》国会議員が法律案を作成する場合は、衆参それぞれの法制局がアドバイスやチェックを行います。衆議院議員が立案する際は衆議院法制局、参議院議員の場合は参議院法制局がサポートします。審査が終わると、議員がそれぞれが所属する議院に法律案を提出します。
説明をする男性[1] (2).jpg
では次に、審議の流れについてお話しいたします。
法律案が衆議院に提出された場合、まず衆議院議長が、法律案の内容を踏まえて審議するのにふさわしい委員会(例:法務委員会や厚生労働委員会など)を選びます。委員会では、本会議での審議に先立ち、法律案の詳細な審査を行います。
手順としては、内閣提出であれば担当大臣が提案理由説明を行い、法律案の内容や意義を説明します。審査は主に質疑応答形式で行われ、法案提出者に対して法律案の課題や問題点をただし、明らかにしていきます。重要法案の審査では、参考人を呼んで意見を聞いたり、公聴会を開いて、利害関係者から意見を聞いたりすることもあります。十分に審査が尽くされたと判断されると、法律案は採決にかけられます。委員会としての結論が出されたら、次は本会議で審議されることになります。
委員会での審査の結果、必要があれば修正案が作成されます。また可決された後、政府が法律を執行する際の注意点などを示す「付帯決議」が付けられることもあります。

本会議では、委員会での審査結果を踏まえて審議されます。そして採決が行われ、ここで衆議院としての最終的な結論を出します。本会議で可決されると、法律案は参議院に送付されます。新聞やテレビのニュースで「法案が衆議院を通過しました」と報じられる段階です。

参議院でも、衆議院と同じように、委員会から審査が行われ、本会議で審議された後、採決されます。参議院の本会議でも可決されれば、晴れて法律として成立となるわけです。

衆参で意見が割れることもしばしばありますよね?
そんなときには下記の二つの方法があります。
ひとつは「両院協議会」を開いて、衆参両院の代表が意見の一致を図る方法です。話し合いの結果、成案が得られた場合は、それぞれの議院で可決されると成立します。
もう一つは「衆議院の再可決」です。衆議院で出席議員の3分の2以上の多数で再び可決された場合は、法律となります。

今国会会期中にも、多くの法案が提出されています。私たちの生活に関係する法案も意外と多かったりします。国会でどのような法律が作られようとしているのか、審議の行方をしっかりチェックする習慣をつけなければなりませんね〜。(S)
posted by resultsjp at 18:01| Comment(1) | 親子断絶防止

第11回ポリオアドボカシー・ミーティング

4月21日(木)、一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ事務所にて、第11回 ポリオ アドボカシー・ミーティングが開催されました。参加者メンバーはJIGH、UNICEF東京事務所、国際ロータリー日本事務局、日本リザルツです。

4月はポリオ関連のイベントがたくさんあり、以前のブログでもご紹介したインド視察(http://resultsjp.sblo.jp/article/174901356.html)やポリオ国際ラウンドテーブル2016(http://resultsjp.sblo.jp/article/174901356.html)の報告が主に行われました。

国際ロータリー日本事務局からは、ポリオ撲滅推進功労賞をナイジェリアのムハンマド・ブハリ大統領が授与したというお話がありました。ポリオ撲滅推進功労賞は、ポリオ根絶活動において多大なる貢献を果たした国家元首や保健機関のリーダーを称えるため、ロータリーが1995年に設立したものです。日本人では、2003年に橋本龍太郎首相、2006年に小泉純一郎首相、昨年には安倍晋三首相と、過去に三人が受賞しています。
それもそのはず、1988年以来、日本政府は世界ポリオ撲滅推進活動(GPEI)が中心となって進めるポリオ撲滅活動に対して多額の寄付を行っており、その額は世界第3位を誇っているのです。

こうした日本の貢献もあり、世界からポリオを根絶するまであと一歩のところまで来ているのですが、今朝ニュースを見ていると、衝撃的な記事を発見しました。
『パキスタンでまたポリオ接種阻止の攻撃、警官7人殺害』
http://www.cnn.co.jp/world/35081599.html

パキスタンで子どもへのポリオワクチンの接種作業に当たっていた医療従事者を警護する警官が、武装勢力に銃撃され、7人殺害されたそうです。犯行を行ったのは反政府勢力パキスタン・タリバーン運動の分派組織
で、今年1月にも、ワクチン接種作業の警護をしていた警官を狙った自爆テロが発生しています。
世界中の様々な課題、栄養不良も、感染症問題も、テロも戦争も全ては繋がっており、どれかを一つだけ改善するだけでは意味がなく、全体を良い方向に変えていかないのと駄目なのだと、実感したニュースでした。
猟犬
posted by resultsjp at 15:31| Comment(1) | 情報