2016年05月31日

明日から事業が始まります

今週は、明日から開始される二つの事業「被さいされた母子のメンタルサポート」と「お年寄りや障がい者の口腔ケア事業」の実施に向けて、準備のために慌ただしく動いています。

DSCN9061.JPG
IMG_2739.JPG
ご協力いただける歯科医師の方と打合せをしたり

FullSizeRender (1).jpg
専門家の方々につけてもらう腕章や名札などの物品を調達したり

DSCN9065.JPG
新しく設立された地元NPOのネットワーク会合に参加して、リザルツの事業に協力いただける新たな方を紹介していただいたり・・・
熊本の方々と毎日お話していると、皆さんがそれぞれの専門性を活かして、地元の復興のために頑張ろうという熱意が伝わってきます。私も少しでもそのお手伝いが出来ると嬉しいです。がまだせ、熊本。


IMG_2753.JPG
本日の熊本日日新聞では一面で子どもの心のケアの問題が大きく取り上げられていました。
猟犬


posted by resultsjp at 22:26| Comment(2) | 熊本支援

2016年05月30日

帰国しました!

たった今、成田空港に到着しました。

クアラルンプールから、
image.jpeg

image.jpeg

成田空港です。

image.jpeg

やはり着くとホッとしますね。(白石)
posted by resultsjp at 20:32| Comment(2) | 情報

ネパール凧揚げ

先日ブログでもご紹介しました、ネパール凧揚げの記事が産経新聞の電子版に掲載されました。以下のリンクからご覧になれます。
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160529/dly1605290018-n1.html

熊本の復興願いたこ揚げ ネパールの地震被災地
1464347752968.jpg
熊本地震の被災者を励まそうと、ネパール北東部のシンドパルチョーク地区ポテナムラング村の学校で約650人の子どもたちが参加する大規模なたこ揚げ大会が開かれた。
 ネパールでは昨年4月に大地震が発生し、約9千人が死亡。同村でも約300人以上が犠牲になった。貧困問題や被災地支援に取り組む非政府組織(NGO)「日本リザルツ」が今も復興の途上にあるこの村に教材を届けたところ、「少しでも恩返しがしたい」と27日、たこ揚げが行われた。
 子どもたちは、熊本県のPRキャラクター「くまモン」のイラストや日本、ネパールの国旗が描かれた約130枚のたこを、復興への祈りを込めて揚げたという。
 日本リザルツは東日本大震災で被災した岩手県釜石市やパレスチナ自治区ガザ、熊本県益城町でもたこ揚げを企画。スタッフは「紛争や災害で苦しんでいる人たちをつなげることで、復興を支援していきたい」と話している。

猟犬
posted by resultsjp at 16:29| Comment(2) | 世界凧揚げ

悲しいニュース(ガザ)

皆様、こんにちは。

カザから悲しいニュースが届きました。

市民の間で、イスラム教で禁止されている自殺が増加しているようなのです。


宗教に関係なく、自殺は悲しいことです。


ガザでは、繰り返される戦闘や高い失業率など、出口が見えない厳しい生活が続いています。

そのような状況に絶望し自ら命を絶っている人が増加しているそうなのです。


ガザの人権団体などによると、確認された自殺者数は、14年と15年がそれぞれ5人だったのに、2016年では4月の時点で既に7人とされています。大変由々しきことです。


何ができるのか、考えていきたいです。


記事はこちらです。

無題.png
信濃毎日 5月25日 夕刊


【ガザ関連のニュース】

14〜15年に病院攻撃で計959人死亡 シリア、ヨルダン川西岸、ガザ、イラク、パキスタンで多発

イスラエルがガザ報復攻撃 女性死亡、子供ら負傷


ガザ地区、ヨルダン川西岸地区、ヨルダン、レバノン、シリアで約500万人のパレスチナ難民に教育、保健、福祉、救急などの援助および人間開発を行う国際連合の事業機関「UNRWA」のサイトもご参照ください。
un.png




ガザの凧揚げで見た子ども達の笑顔がもう一度見たくなりました。

2.jpg
(7).jpg



(いけのり)






posted by resultsjp at 09:51| Comment(3) | 情報

2016年05月29日

ネパール報告D

立て続けに白石です。
最終日である29日は、ガイドのNabinさんが関わっている、カトマンズにあるHarima Educational Support Centerで凧揚げを行ってきました。

_YbpTi9w.jpg

rSa_SIcx.jpg

VXLkRTzd.jpg

この学校では、周辺に住む公立学校に通えない子どもたちが15人通っています。
小学校に通えるよう、英語・数学・歴史などの一般教養の授業を3名の先生方で行っています。

cgd3n7IQ.jpg

T-bBeW5_.jpg

G1O2cR40.jpg

また、子どもたちのために洋服や文房具を日本人からの支援でまかなっています。

PnVRqR8M.jpg

GxUQrlFf.jpg

日本からの本や、文房具がたくさんありました。

k3u3XrvX.jpg

先生方は公立学校のお給料の5分の1程度、ほぼボランティアで働いています。

この活動は2007年に開始。9年間で170名以上の子どもたちを公立学校に送り出しています。もちろん、公立学校に通うための制服や教科書、授業料なども負担しています。

565.jpg

573.jpg

593.jpg

588.jpg

ここでも、無邪気な子どもたちの笑顔を見ることができました。
posted by resultsjp at 20:51| Comment(4) | ネパール