2016年05月05日

熊本出張報告G

熊本市は、電車、バス、路面電車と公共交通機関が充実していますが、市内を自由に走り回るには、やはり自転車が便利です。

ということで、リザルツ自転車を買いに行きました。

IMG_2632.JPG
しかし、近所の自転車屋さんは地震の影響で休業中。
そこから30分ほど歩いて、ようやく営業中の自転車屋さんを発見しました。

DSCN8985.JPG
市内は坂が多いため、変速機付きで最もお手頃価格の物をチョイス。その割にはなかなか素敵なデザインです。

新聞を買って事務所に戻り、事務作業に励みます。

夕方からは二泊だけ温泉宿に泊まる許可をもらえたので、買ったばかりの自転車に乗り、ルンルン気分で宿へと向かいました。

DSCN8989.JPG
熊本城近くの「城の湯」。何と一泊3600円です。

大浴場で体を休め、サウナで汗を流し、少し体が軽くなりました。お風呂に入るのは三日ぶり、ベッドで寝るのは約二週間ぶりです。今までの日常生活で当たり前に使っていたものが、いかに便利で有り難いものだったかを実感します。被さいされ、家が全壊し、今も避難所で暮らす人たちの苦労に思いを馳せずにはいられません。
少しでも早く、人々が以前の暮らしに戻るサポートができるよう、エネルギーチャージをして、また頑張ります。
猟犬


posted by resultsjp at 22:07| Comment(2) | 熊本支援

【神奈川新聞】注目される国際連帯税 「航空券」導入 議連も強調

                  神奈川新聞.JPG

本日の神奈川新聞に「注目される国際連帯税 『航空券』導入 議連も強調」というタイトルで、先の4月20日に開催された院内学習会『グローバル連帯税が切り拓く未来』について、くわしくレポートしています。

当日はグローバル(国際)連帯税に関する議論のほかに、「パナマ文書」問題、つまりタックスヘイブン・オフショア問題も議論となりました。

また、グローバル連帯税の入門書である『世界の富を再分配する30の方法─グローバル・タックスで世界を変える』(合同出版)も紹介しています。

http://www.kanaloco.jp/news/government/goverment2/
(真ん中の写真をクリック)

※ネットから読む場合、有料または無料お試し会員登録をご利用ください。

(田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 13:50| Comment(2) | 国際連帯税の推進

熊本出張報告F

昨日は日本リザルツ代表の白須が新幹線で熊本へやってきました。ゴールデンウィーク中も岡山、北海道、熊本と全国を駆け回っており、大忙しです。

まずは市電に乗って、日本財団のオフィスへ。開設直後からリザルツに事務所を貸してくれ、さらに寝泊りまでさせてくれてる日本財団の皆様にご挨拶です。お土産のカステラをとても喜んでくれました。

その後は菊陽町や熊本市内、地震で最も大きな影響を受けた益城町などを視察。益城町では避難所になっている広安小学校も訪問しました。私が一週間前に訪れた時は人で溢れかえっていましたが、今は高齢者や子どもがほとんどで、教室も綺麗に片付けられていました。授業が5月9日に始まるため、ほとんどの方が自宅に帰られたか、別の場所に移られたそうです。学校の玄関口で小学校2年生の子ども達5、6人が集まっていたので、仲間に入れてもらい少しだけ一緒に遊びました。あっち向いてホイ、変な顔ゲーム、年齢あてっこなど、遊び道具がなくても出来ることはいっぱい。みんなとても元気でした。

DSCN8981.JPG
益城町でも特に被害の大きかった地域を視察。

DSCN8983.JPG
私が以前雨宿りした安永神社も見てきました。

気付けばもう5時近くになっており、代表は大急ぎで新幹線に乗って東京へ。短い時間でしたが、様々な場所を訪れて充実した一日となりました。
猟犬
posted by resultsjp at 09:04| Comment(3) | 熊本支援