2016年05月10日

熊本出張報告J

明日一度東京に戻るということで、今日は午後から自転車でいろいろな所を回って来ようと決めていました。ところが朝からまさかのどしゃぶり。事務所でおとなしく仕事しようかとも思いましたが、雨なんかに負けんばい、とカッパを着込んで出動しました。自転車で長距離移動する日は、なぜか毎回大雨です。

DSCN8994.JPG

まずは東に10km、菊陽町にあるGavi職員の方のお家へ。代表が先日熊本に来た時に持って来たお菓子やふりかけなどの食料を届けてきました。ずぶぬれの様子に驚かれたのか、温かい紅茶をいれていただき、すっかり話し仕込んでしまいました。

その後は一度、熊本市の事務所に戻り、今度は北に5km、中央区の拠点避難所へ。「男女共同参画センター はあもにい」と「サンライフ熊本」を訪問しました。というのも、熊本市では一昨日から、180近くある避難所を20カ所の拠点避難所へ集約するため、人々が移動を始めています。これを機に、避難所で暮らす人々の数や環境が大きく変わることもあり、これから事業を行うにあたって、現状を把握しておく必要がありました。

DSCN8998.JPG

DSCN9000.JPG

「はあもにい」では、以前別の場所でお会いした「熊本子ども・女性支援ネットワーク」の藤井館長と再会し、お話しました。子育て中の世帯は、学校が始まってから自宅に戻ったご家族が多く、上記二カ所の避難所にはほとんどいなくなったとのこと。ただ、自宅に戻っても不安やストレスを抱えている女性やお子さんはたくさんいるので、そのような方々に、避難所の場所以外でどのようにアプローチするかが課題になります。

ところで雨の中、地図を確認したり写真を取ったりするのに何度かiPhoneを使っていたのですが・・・事務所に戻って電話を確認すると、完全に壊れていました。これは痛い出費になりそうです。

【教訓】雨の中で電子機器を使うのは止めましょう。ダメ、絶対。
猟犬
posted by resultsjp at 22:32| Comment(2) | 熊本支援

熊本出張報告B 白石ver

私が熊本入りをしてから、3日連続で悪天候です。
そんな今日1日は、自分が何ができるのか。
深く考えてみることにしました。

IMG_3205.JPG

先日訪問した、益城町保健福祉センターには、陽気な歌を歌う方々がいらっしゃいました。

IMG_3193.JPG

話を伺うと地元のミュージシャンの方で、「少しでも元気になってもらおうと避難所をまわり歌と笑顔を届けている」と満面の笑みで語っていました。
そんな彼らのまわりには子どもたちのはしゃぎ声が響いていました。

また、益城町総合体育館で出会った子どもたちは、小雨が降る中元気いっぱいサッカーボールを追いかけていました。彼らの笑顔を写真に収めることができなくて残念です。
そんな彼らも「早く学校に行ってみんなと会いたい」と語っていました。

さらに、本日(5月10日)付の熊本日日新聞、どーん!と一面には学校再開を喜ぶ子どもたちの笑顔が輝いていました。

笑顔は広がると実感しました。
無邪気な子どもたちの笑顔が熊本を明るくします。

私にできることは、まずは自分が笑顔になること。次に誰かを笑顔にすること。だと思いました。

サッカーでもじゃんけんでも、凧揚げでも何でも。そう感じました。
(白石)
posted by resultsjp at 20:55| Comment(1) | 熊本支援

熊本出張報告A 白石ver

今日は、自転車に乗り熊本市内と益城町を中心に避難所を見て回りました。

IMG_3196.JPG
益城町保健福祉センター

IMG_3193.JPG
音楽などの娯楽が心を癒していると感じました。

IMG_3197.JPG
益城町総合体育館裏

IMG_3200.JPG
被害は甚大です。

GOPR0141.JPG

GOPR0143.JPG
ゴミ処理が追いついていないようです。

GOPR0146.JPG

GOPR0150.JPG

益城町総合体育館で、子どもたちの仲間に入れてもらい全力でサッカーをしてきました。久しぶりに汗を流して運動をした気がします。
子どもたちは
「早く学校に行って、友達に会いたい。」
と話してくれました。
益城町では11日から町内小中学校で授業再開だそうです。

そのあとは事務所に戻り、銭湯でゆっくりしてすぐ寝てしまいました。(白石)
posted by resultsjp at 08:59| Comment(3) | 情報