2016年05月18日

熊本から

今日は熊本市子ども支援課の協力のもと、被さいされた母子の精神ケア事業を実施予定の「熊本市総合子育て支援センター」を訪れ、乃美所長と打合せを行ってきました。

子育て支援センターは、「親と子がほっと過ごせるための居場所」をコンセプトに、プレイルームなどお子さんを安心して遊ばせられる環境が整っています。

DSCN9017.JPG

熊本市内には20ヶ所の子育て支援センターがありますが、中央区にあるこのセンターは規模が一番大きく、他の区からも多くの親子、多い時には一日50組ほどの方々が来られるとのこと。みんな就学前の0〜5歳の乳幼児ですが、震災直後はいつもより異常に怖がったり、泣いたりする子が多かったそうです。
親御さんの方も、余震も少なくなってきて日常は戻ってきているが、まだ気持ちの整理がついておらず、一人で悩みを抱えている母親は多いのではないか、このタイミングで心のケアを行うのはとても大切だとおっしゃっていました。また、職員の方も益城で被さいされた方がおられるそうで、親御さんだけではなく、子どもと関わるスタッフのケアも同時に必要だと感じました。

DSCN9026.JPG
DSCN9028.JPG
プライバシーを守るため、お子さんやお母さんたちはほとんど写していませんが、このときも10組ほどの親子がいらっしゃいました。

所長さんと話し合う中でいくつか課題も見えてきたので、柔軟に対応しながら、より充実したサポート事業になるよう進めて参ります。
猟犬
posted by resultsjp at 23:41| Comment(1) | 熊本支援

口腔ケアが気になります

皆様、こんにちは。


熊本の地震から、1か月が経ちました。

そんな中、先週、熊本で活動中の大崎さんが東京に一瞬戻り、また熊本にトンボ帰りしました。

現地の皆さんが困っていること、今後の支援体制について、あーでもない・こーでもないと意見交換をしていたところ、「これは…」という現地情報がありました。


口腔ケアの怠りが原因で起こる感染症や肺炎の蔓延です。

…感染症隊長の私としては、聞き逃せない情報です!!!

というわけで今日は、口腔ケアと病について書こうと思います。

YUKI150321020I9A4395_TP_V.jpg

【口腔ケアの怠りが感染症や肺炎につながるメカニズム】

水不足などの事情で歯磨きがしにくく、衛生状況が悪化

口の中が汚れ、細菌が増殖する

口の中の汚れ・最近が唾液などと一緒に気管に入る

「誤嚥(ごえん)性肺炎」や感染症等を発症する



予防のためには、とにかく口の中の細菌を増やさないことが大事とのことです。

歯ブラシなど口腔(こうくう)ケア用品がない場合、ぬれたティッシュやガーゼを指に巻いて歯や入歯を磨くのも一つの手です。
断水している場合は、ウエットティッシュがあるといいですね。
のどあめで口を適度に運動させるのも効果的だそうです。
(出典:産経ニュース


そして、最近の口腔ケア・肺炎・感染症についての記事です。

歯科医師、口腔ケアに奔走 九州各県から被災地へ


震災後に最も怖いのは肺炎だった、口腔ケアを!


避難所でも口腔ケアを 誤嚥性肺炎の原因に


震災直後に「肺炎」増加 森田医師、口腔ケアの必要性指摘


避難所の感染症予防にうがい・手洗い徹底を



震災で抵抗力が落ちている中で、口腔ケアが不十分になれば、震災関連死につながる恐れがあります。

口腔ケアもしっかりできるように何か働きかけができたらいいなと思います。

(いけのり)
posted by resultsjp at 13:13| Comment(2) | 情報

柴山補佐官訪問

5月16日午後、 内閣総理大臣補佐官 柴山昌彦 衆議院議員に栄養3銃士*で面会することができました。

今回は、伊勢志摩サミットを前に、栄養改善の取り組み促進について2つの報告をしました。一つ目は、栄養に関する国家戦略の策定についてです。「国際母子栄養改善議員連盟」のもとにつくられた、行政、国連機関、研究機関、NGOなど栄養に関する専門家による「国際母子栄養改善国家戦略タスクフォース」が作成した、「国際栄養課題に関する国家戦略(案)」を説明しました。日本政府として栄養改善に向けた、具体的な方針作成を促すものです。

二つ目は、4月25日に開催した世界栄養報告書2015セミナーの報告です。同セミナーでは栄養関係の200名近い参加があったこと、栄養改善取り組みへの機運が高まっていること等を報告しました。

柴山補佐官からは、栄養に関する国家戦略案に基づく具体的なアクションについて、全容を把握すべく、積極的な質問をいただきました。私たちが提出した資料をもとに検討していくというコメントをいただきました。

また、G7サミットにおいては保健も主要課題となるため、その中でも栄養についても入れていくように努めたいとコメントされました。

またサミットではSDGsについてもしっかり取り組みたいとのご意向が示されました。

来週には伊勢志摩G7 サミットが開催されます。日本政府の取り組みを期待したいと考えています。

*栄養3銃士とは日本リザルツ、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、ワールド・ビジョン・ジャパンの3つのNGOを指します。
水練.jpg
(たか)
posted by resultsjp at 09:36| Comment(2) | 栄養問題