2016年05月20日

「女性=健康」プロジェクト 第3回シンポジウム「女性のための予防医療」

「女性=健康」プロジェクト 第3回シンポジウム「女性のための予防医療」が5月18日にザ・プリンス パークタワー東京にて開催されましたので参加してきました。

第43代アメリカ合衆国大統領のジョージ・W・ブッシュ氏が基調講演者だったので、不謹慎ですが、本人のお顔を拝見したいという不純な動機もありました。とても警備が厳重だったので少々驚きました。

内容は端的にいうと子宮頸がんワクチンの普及促進を目的としたものでした。
講演者はお二人で、コーネル大学医学部長で、次期ダナ・ファーバーがん研究所所長・ハーバード大学医学大学院教授のローリー H・グリムシャーさんの「Women’s Health: Preventing Cervical Cancer」と、慶應義塾大学名誉教授、内閣官房参与の吉村泰典氏の「女性の健康の包括的支援」でした。その後のパネルディスカッションでは、子宮頸がんの体験者の方も登場されました。

日本では子宮頸がんワクチンはまだ普及しているとは言えませんが、世界各国ではかなり普及しているとの説明がありました。

場内は写真撮影が禁止されていましたので残念ながら写真はありません。
(か)
posted by resultsjp at 21:16| Comment(1) | 情報