2016年05月24日

熊本の口腔ケア事業

最近、熊本では口腔ケアの重要性を指摘する新聞記事が増えています。
震災後、歯磨きなどの口のケアが十分に行えなかったことで、お年寄りの肺炎が急増しているのです。
http://resultsjp.sblo.jp/article/175341623.html

IMG_2732.JPG

IMG_2733.JPG

IMG_2734.JPG

日本リザルツではこの問題に対応するため、オーラルピースという歯磨きジェルを広める事業を実施します。
オーラルピースは水がなくても使うことが出来、植物由来の成分で出来ているので飲み込んでも安心です。歯磨き剤というよりは、食べられる口腔消毒剤ですね。
http://oralpeace.com/oralpeace

これを福祉避難所で配布するだけではなく、熊本でひとり暮らしされているお年寄りや、障害を持った方々を地元の団体と一緒に個別訪問してお渡ししたり、熊本歯科衛生士会と連携して口腔ケア講習会を行う等、6月初めの事業開始に向けて、調整を進めています。
猟犬
posted by resultsjp at 18:48| Comment(3) | 熊本支援

今、ネパールが熱い!ネパール視察の旅第二弾へ…

我らが日本リザルツ代表のしらすのんさんが、明日から30日までまた!ネパールに向かいます。

unnamed.jpg
(ネパール情報を入念にチェック中)

今月はじめに視察へ行ったばかりですが、またひょっこり出没されます。

…オフィスがちょっと静かになりそうです。


ネパール大地震から1年以上。

地域によって支援のレベルに大きな開きがあり、今回は詳細な状況把握のための視察です。


…ちなみにさすがの代表、、視察だけじゃ終わりません。

有明で大掛かりな凧揚げ交流会をしたばかりなのに

ネパールの現地(しかも複数箇所)でも凧揚げをするため、

スーツケースいっぱいに詰め込んだ160個(!)の凧を持って行きます。

それ以外にも子どもたちのため、大量のお菓子を持って行きます。

荷物が重た過ぎて、背中やら足やらがバリバリ痛い〜

と叫びながらも、大量に持って行きます。(感服です)

現地情報を楽しみにお待ちください。


(いけのり)
posted by resultsjp at 18:12| Comment(4) | 情報

凧で栄養改善

5月22日、凧揚げ大会。

私も地震のあったネパールの国旗の上に栄養改善と書いた凧を揚げた。
今年、何回か凧揚げをする機会があって、できると思った。
最初は地上でぐるぐる回り、中々揚がってくれなかった。
風はほどほどにあったものの、この形の凧には技がいるんだとあきらめかけた。
FullSizeRender (8)たこ1.jpg
芝生に座って休み、もう一度挑戦した。
やはり同じくぐるぐる回って、落ちてしまう。
周りの人はかなり高く上がり、安定して凧揚げを楽しんでいた。

いつのまにかかなり遠くまで行き、芝生で横になって空をながめた。
そして、揚げてみると上空まで揚がった。
あきらめなければできるんだと思った。

3〜4歳の子どもがとても高く凧を揚げていた。動き回るうちに凧は地上に落ちた。
しかし、また歩き回っているうちに、凧は上空に安定して揚がっていた。
すごいと思った。

その後、もう一度揚げてみたら、どんどん揚がって写真も撮ることができた。
FullSizeRender (10)たこ3.jpg
風を読むことは大切。あとあきらめないことも大切だと思った。こどもの心も大切かもしれない。
栄養改善もきっと世界で進んでいく。
(たか)
FullSizeRender (9たこ2).jpg

posted by resultsjp at 12:12| Comment(5) | 栄養問題