2016年07月05日

弁護士の助っ人

日本リザルツでは、母子メンタルケア事業の中で、6月から総合子育て支援センターにて子育て相談事業を実施していますが、その一環として、8月と9月に専門家無料相談会を予定しています。

熊本地震によって、勤め先が長期休業を余儀なくされてしまった人や職を失った人が多くおり、地震発生以降、熊本労働局には約5700件を超える相談が寄せられています。特に幼い子どもを持つ親は専門機関に行く余裕がないことから、生活再建の目途が立たず、財政的にも精神的にも不安定な状況が続いている状態です。
そこで被さい者、特に子育て世帯を対象に、生活再建に向けて市内の各地区(中央区、東区、西区、南区、北区)で弁護士や医師、税理士、社会福祉士などの専門家を派遣した無料相談会を行うことになりました。

本日は熊本市総合子育て支援センターでの活動を終えた後、熊本子ども・女性支援ネットワークの方にご紹介していただいた弁護士先生の事務所にお邪魔し、日本リザルツの活動や本事業について説明してまいりました。

IMG_0661.JPG

こちらの先生は、地元住民のために水俣病やハンセン病などの問題に長年取り組んで来られ、以前は議員としても活躍されていたとのこと。本事業にご共感いただき、今回の専門家無料相談会にもご協力いただけることになりました。地元の本当に多くの方々に支えられ、私たちの熊本での活動は成り立っています。有り難いことです。
(本事業は、ジャパン・プラットフォームに助成いただき実施しています)
猟犬
posted by resultsjp at 19:08| Comment(2) | 熊本支援

熊本日誌B

7月4日(月)の相談会は午前中でした。
「お集まり」という読み聞かせがあり、0〜2歳のお子さんとお母さんが集まりました。
お集まり.png
静かにお話に聴き入る姿がかわいいです。

その後、お子さんを遊ばせながら、担当の先生がお母さん方の様々なご相談に応じられました。
0〜2歳というと、目が離せないお年頃なので、お母さんがご相談中は私たちがお子さんのお名前を呼び、一緒に遊んで待ちます。
ママ相談中.png

私が滞在中のホテルから子育て支援センターまでは歩いて10〜15分ですが、大きな橋を渡って行きます。
先日の大雨の足跡で、橋げたに木の枝がいっぱい絡みついているのを見つけました。本来、道だったであろうところにも土砂が積もっています。大変な大雨だったことが分かります。
IMAG0955.jpg

午後は日本財団さんの事務所をお借りして事務仕事を行いました。
私たち以外は、時々他団体の方がお一人で来られて1時間ほどいらして、またお出かけになる感じでした。
IMAG0956.jpg

静かで、コーヒーなどのお飲み物もいただけますし、気付くと20時前になっていました。
IMAG0957.jpg

20時ごろには鍵が閉まるということで撤収しました。
蒸し暑い一日で、炎天下に歩くことも(現地スタッフは自転車でどこまでも行くことが)多いので、ばてないように体調管理していきたいと思います。(鈴木)
(本事業は、ジャパン・プラットフォームに助成いただき実施しています)
posted by resultsjp at 07:28| Comment(2) | らぽーる