2016年07月22日

専門家無料相談

8月6日(中央区ふれあい文化センター)を初回とし、連続6回の子育て支援を中心とした専門家無料相談会の開催準備に追われている。弁護士、税理士、社会福祉士、保育士、小児科医にお集まりいただき、面談によるワンストップサービスを目指すもの。子育てや震災関連のこころのケアについては、行政の電話窓口や特別に設置された相談所が熊本市のあちこちに設けられている。しかし、子どもが夏休みとなる8月から9月にかけて開催すること、またまだ余裕がなく、こういった相談所に足を運べない方々に提供すること、既存のサービスへとつなげることを目指している。8月14日(北部公民館)、8月27日(西部公民館)、9月4日(健軍文化ホール)、9月17日(飽田公民館)、9月25日(子ども文化会館)のいずれも午後に開催する予定。ただし、中央区にあるすべての公共施設は「拠点避難所」となっており、しかも満員の状態であるため、子ども文化会館は仮の設定となっている。
ところで、熊本市の感染症情報によると、ヘルパンギーナが5週連続増加中とのことである。4歳以下のお子さんをお持ちの方は気をつけられたし。
(この事業はJPFの助成をうけています)
posted by resultsjp at 23:17| Comment(1) | 熊本支援

ADRの問合せが増えています。

7月に入って、ADRの問合せが増えました。
昨日も2通の特定記録郵便を出しました。これは、一方の親御さんからお申込みをいただいた場合、もう一方の親御さんに対して、「〇〇様(お子様のお名前)の今後の養育について協議のご提案」というタイトルのお誘いのお手紙をお出しするものです。「らぽーる」にとって、「ドキドキする瞬間 その1」です。どうか、思いが伝わり、ADRが成立しますようにと祈る思いで、郵便局へもっていきます。
「ドキドキする瞬間 その2」は、お誘いのお手紙の締め切り日にやってきます。直接お電話でお話しすることもあれば、FAXが届くこともあります。よく、申込者からも、お手紙を受け取った方からも、申込者の代理人であるかのように勘違いをされたりもしますが、そこは丁寧に中立であるということを説明します。
そしていよいよADR期日には、「ドキドキする瞬間 その3」を迎えます。お父さん、お母さん、仲裁人の弁護士、「らぽーる」スタッフの4人が顔を合わせる瞬間です。
「らぽーる」側もドキドキするくらいですから、お父さん、お母さん方の不安と緊張は、その何十倍も大きいと思います。そこは、お気持ちを汲んだ対応を心掛けています。
「らぽーる」のADRで合意したご両親は概ね、話し合って合意したという達成感を持ってその後の人生をリスタートできていますし、ADRで取り決めた内容を守る傾向が強いです。
このADRのよさを、また「親教育プログラム」も「共同養育計画合意書」も、いろいろな方法で啓蒙していかなくてはなりませんね。
子どもの笑顔を、家族の笑顔を守るために…(鈴木)
hanabi_family_bg.png
posted by resultsjp at 21:31| Comment(1) | らぽーる

夏休み

そろそろ学校は夏休みですね。子どもの頃は夏休みは待ち遠しいものでした。
宿題はなるべく早く終わらせて、何をして遊ぼうかということばかり考えていた気がします。

私の祖父母は私が小学校低学年までに亡くなってしまいましたし、転勤族の子どもでしたから特に故郷はなく、母方の伯父や伯母のいた富山県の石動(いするぎ)が故郷に近いものでした。夏休みの自由研究では、富山県の倶利伽羅峠について書いた年もあったことをこのブログを書きながら懐かしく思い出しました。

社会人になってからは夏休みの能登旅行の際に従姉の家を拠点としたことがありますが、その後はなかなか行けないでいます。
さて、今年の夏休みはどうなりますか、まだ何の予定もありません。

昨日、今日とビックリするほど涼しく、過ごしやすい日となりました。皆さま風邪など召さぬようご自愛ください。(か)
posted by resultsjp at 17:59| Comment(2) | 情報