2016年08月31日

[告知]クラウドファンディング事業開始!

本日、日本リザルツで新たなプロジェクトが始まりました。
らぽーるが主催する、クラウドファンディング事業です!

そもそも、クラウドファンディングって何?っていうそこのあなた。
クラウドファンディング(Crowdfunding)とは、インターネットを通じて不特定多数の人から資金を集める仕組みのことを言います。
運営者側は、インターネットを使って出資を呼びかけるので、資金確保はもちろん、自分たちの事業のPRを同時に行うことができます。一方、支援者側は、小額からの投資が可能なので、自分が興味のあるプロジェクトに対して、気軽に投資を行うことができます。その上、プロジェクトが達成された場合には、商品などのリターンを受け取ることができます。

運営者、支援者双方にメリットがあるので、この仕組みを使って、資金を集める団体が増えています。


そして、日本リザルツでも今日から新たなクラウドファンディング事業が始まりました!
screencapture-readyfor-jp-projects-rapportkouza-1472609678657.png

今回のクラウドファンディング事業は、日本リザルツ内にある離婚と親子の相談室「らぽーる」が実施します。
具体的には、夫婦間のコミュニケーションをより円滑なものにするための講座を開催するということです。

==============================
大切な人とより良い関係を構築するためのプロによる講座を開催!
https://readyfor.jp/projects/rapportkouza

 開催期間:8月31日(水)11:00〜9月30日(金)23:00
==============================

らぽーるの事業や日本リザルツの活動に関心のある方は、是非「Take action!」してみては如何でしょうか。目標が達成された際には、素敵なリターンも!待っているということですよ。

詳しい内容はこちらのブログ記事を参照。
http://resultsjp.sblo.jp/article/176688830.html
(長介)

posted by resultsjp at 12:33| Comment(2) | 情報

【本日スタート!】らぽーるのクラウドファンディング

皆様

らぽーるのクラウドファンディングが、いよいよ本日スタートしました!!

screencapture-readyfor-jp-projects-rapportkouza-1472609678657.png

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大切な人とより良い関係を構築するためのプロによる講座を開催!
 https://readyfor.jp/projects/rapportkouza

 開催期間:8月31日(水)11:00〜9月30日(金)23:00

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【ここに注目!】
※夫婦喧嘩防止シール、オススメ夫婦コミュニケーション書籍福袋など、楽しい内容満載です!
※大好評だった、第三回の親教育プログラムの内容(夫婦のコミュニケーション)をパワーアップ改訂!
※らぽーる初!出張講座の試みも!


【リターンの一部をご紹介】

3,000円のリターン
e5e415486e087c112ad51011ff59435621d93468.png
・お礼のメール
・ニュースレター
・夫婦間のコミュニケーションが円滑になる&その他情報色々ガイドブック
丸秘特製シール


5,000円のリターン
f842450cc7abf06c12b7080afd324c4547883b7f.png
・お礼のメール
・ニュースレター
・夫婦間のコミュニケーションが円滑になる&その他情報色々ガイドブック
丸秘特製シール
・夫婦間のコミュニケーション講座参加券(2時間)
 ※日時:2016年12月24日(土) 10時〜12時


10,000円のリターン
0fc382f221f0c6753c435d10461ec5cbd496e33d.png
・お礼のメール
・ニュースレター
・夫婦間のコミュニケーションが円滑になる&その他情報色々ガイドブック
丸秘特製シール
・夫婦間のコミュニケーション講座参加券(2時間)
 ※日時:2016年12月24日(土) 10時〜12時
・らぽーる選りすぐりのコミュニケーション書籍セットの福袋(2〜3冊予定)


【本プロジェクトを企画した経緯】
…をこちらに掲載すると大変長くなってしまうため、企画ページでぜひ!
https://readyfor.jp/projects/rapportkouza


そして、皆様にお願いがあります。


【ご協力のお願い】
本プロジェクトが成功するよう、
ご支援、SNS・メール・口コミによる拡散等ご協力をお願いできましたらと思います。

「支援というか、講座(冊子内容、丸秘シール)興味あります!」

という方、奮ってご参加くださいませ!


ページはこちらです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大切な人とより良い関係を構築するためのプロによる講座を開催!
 https://readyfor.jp/projects/rapportkouza

 開催期間:8月31日(水)11:00〜9月30日(金)23:00

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

何卒、宜しくお願い致します!!!!



(いけのり)
posted by resultsjp at 11:26| Comment(3) | 情報

TICAD Y 最終日

28日でTICADが終了しました。
image-7a598.jpeg
今日、近くを通りかかりましたが、メイン会場となったKICCの周りは人通りも少なく、日常に戻っていく様子が感じられました。
image-274ae.jpeg

最終日。我々は朝一からサイドイベントに参加し、お昼前にはKICCに到着しました。
image-65bd4.jpeg

午後2時30分からの閉会セッションが始まる直前!安倍総理が入場されるところにちょうど遭遇することができました。WEハート️JAPANの我々と握手をしてくださいました。
image-6e4b4.jpeg

また、帰り際には、ケニア共和国 ウフル・ケニヤッタ大統領とも握手をすることができました。WEハート️AFRICAのメッセージが伝わっていたら嬉しいなと思います。

image-2e189.jpeg


関連記事:TICAD Y閉幕
http://resultsjp.sblo.jp/article/176662022.html
image-ac41c.jpeg
image-b9050.jpeg
image-36e14.jpeg

(Saho)
posted by resultsjp at 02:36| Comment(2) | ケニア

TICAD Y 市民社会サイドイベント@Laico Regency Hotel

8月28日、ミレニアム・プロミス・ジャパンとミレニアム・プロミスの共催するTICAD VIサイドイベント「MDGsからSDGsへ:ミレニアム・プロミス/ケニア・シアヤ地域におけるミレニアム・ビレッジの経験を通して」に参加してまいりました。
http://afri-can-ticad.org/ticad_information/ticad6_jp/mpj/
image-14f6b.jpeg

2005〜2015年の期間に実施された「ミレニアム・ビレッジ・プロジェクト(MVP)」(※)の事例として、チームリーダーのJessica Masiraさんがこれまでの経験や成功例を発表されました。

※ ミレニアム開発目標(MDGs)を達成するために、立ち上げられたプログラム。アフリカの最貧困層が、コミュニティ主導のアプローチにより持続可能な発展を実現できるよう、根本的な原因に対処する。
image-022b7.jpeg

開会の挨拶をされたミレニアム・プロミス・ジャパン 理事長 鈴木 りえこ氏。
image-19d24.jpeg

ゲストの挨拶として、外務省 TICAD担当大使 藤田 順三氏。
image-9e91c.jpeg

MVPケニアチームリーダー Jessica Masiraさん。

MVPの一つの取組みとして「HEI(HIV Exposed Infants)Graduation Ceremonies at 18 months」についてプレゼンテーションをされました。これは、HIVに感染した妊婦さんが母子感染を起こさないようにサポートする取組みで、生後18ヶ月を迎えた時にセレモニーを行うそうです。

セレモニーに集まった人々の中で経験談が共有されることで、対処方法を互いに学べるプラットフォームを育むことができると話します。
image-46426.jpeg

イベントには、実際にプログラムを実践した親子2組がいらしていました!
image-5c980.jpeg

地域で継続して取り組むことのできる事例は、本当に素晴らしいと思いました。

image-c05fc.jpeg
image-5be37.jpeg

(Saho)
posted by resultsjp at 00:38| Comment(1) | ケニア

2016年08月30日

CHVsへの対応

皆様、Jambo!

TICAD VIが無事終わり、ナイロビも普段の落ち着いた様子に戻りつつありますが、私たちの事業は昨日から本格的に動き出しています。本日オフィスで作業していたところ、保健省の方から、トレーニングを行うCHV(コミュニティーヘルスボランティア)の数を5人増やして欲しいという連絡が入りました。

カンゲミには約200名のCHVがいますが、そのほとんどは結核に関する専門的な研修を受けたことがないそうです。
皆さん、何人だか予想つきますか?

なんと!!!
たったの23名!!!全体の11.5%の人しか過去に結核に関する研修を受けていないとのことでした。

当初、75名のCHVをトレーニングする予定でしたが、コミュニティユニットが4つあるカンゲミでは、20名ずつの方が均等になるということで、最終的に計80名のCHVをトレーニングすることになりました。

研修によって多くのCHVの方々に結核に関する知識を習得していただき、少しでも早く結核患者の発見と治療が可能となるよう、協力していきます。
演劇
タグ:結核 ケニア
posted by resultsjp at 19:06| Comment(1) | ケニア