2016年09月04日

熊本だよりB 第4回専門家無料相談会

今日は、台風12号が接近する中、「第4回専門家無料相談会」を開催しました。
この台風12号は北上スピードが遅く、毎時10qと言いますから、ママチャリで坂道を上るときくらいのスピードでしょうか…、そりゃあ、なかなか進みません。ということは、長くその地にとどまり、雨を降らせ、風を起こすということです。
今日も夕方から、雨風が強くなるという予報だったので、場合によっては早めに終わらせていただこうかと考えたりもしていましたが、結局13〜17時までやり終えることができました。雨は勢いよく降り始めましたが、風はまだ弱く、佐賀県からご参加くださった小児科医の先生も、無事ご帰宅されたようです。
今日のご来場者数は少なかったのですが、13時にいらして、弁護士、税理士、精神保健福祉士、小児科医のブースを次々と訪ねられて、それぞれにご相談をされた方がいらっしゃいました。ご主人さまのお車のお迎えが17時に来られるとのことで、13〜17時までの間、この相談会の「ワンストップで各専門家に相談できる便利さ」を堪能されていました。そういうご利用、大いに歓迎です。
次回は、9月17日(土)13〜17時 飽田公民館で開催いたします。熊本市南区にお住まいの皆さん、ぜひ各専門家への質問、ご相談事項をお持ちになってください。お待ちしております。

夜になって、かなり雨風が強くなってきました。
(この事業はジャパンプラットフォームの助成を受けて行われています) (S)
posted by resultsjp at 23:55| Comment(1) | 情報

熊本だよりA

9月3日の熊本市総合子育て支援センターのご来場親子組数は9組と、先週に比べると4分の1程度でした。
土曜日はいつも静か目だそうですし、台風も来てるし、なんだか夏の疲れもあるし…、などの理由で、皆さん、お家で過ごされているのでしょうか。
子育て相談では、保健師さんから紹介されたという、別室相談をご希望の方の対応を入江純子心理士がしてくださり、小児科医は、この企画の発起人のお一人でもあり、近県の先生方に広報やご協力のご依頼をお引き受けくださっている小出佳代子先生が、はるばる宮城県から来てくださいました。
プリブリーフィングとデブリーフィングの時間を活用して、お世話になった先生方への報告の仕方や、ここでの活動の意義と、今後についても3人で話し合いました。

デブリーフィングを終え、帰ろうとすると、あちらこちらに新聞紙を広げた上に鉢植えが並べてあります。テラスやベランダに置いてあったものを中に入れたのだとすぐわかりました。
強い台風12号が近づいているのです。台風10号は岩手県に被害をもたらしましたが、地震の被さい地は避けて通ってほしいものです。

9月4日は台風の最中の専門家無料相談会です。無事開催できますように… (S)

(この事業はジャパンプラットフォームの助成を受けて行われています)
posted by resultsjp at 01:04| Comment(3) | 熊本支援