2016年09月05日

ケニアの新聞記事から

皆様、Jambo!
本日は、ケニアの三大新聞社でもあるDaily Nationのwebsiteに、結核に関する記事を発見しましたので、ご紹介します。
記事はこちらから(英語です)。

タイトルは、"The TB patients who must sneak into hospital" (こっそりと病院に行かなければならない結核患者)です。
冒頭には、一人の結核患者の女性の話が描かれています。この女性は多剤耐性結核(MDR-TB)の為、バイクに乗れず、働くことも出来ません。MDR-TBは約150万円の治療費がかかり、治療期間は約2年間です。一日15錠の薬を飲み、肩身の狭い思いをしながら、困窮した生活を強いられています。MDR-TB患者のため、人と接することは禁止されていますが、ケニアでは隔離出来る場所が少ないため、彼女のように家から病院に通っている結核患者がたくさんいます。

本記事では、ケニアの地域別の結核患者数や結核に対する偏見、そして結核と栄養失調の関係性まで、ケニアの結核事情が全般的に、分かりやすく紹介されています。

メディアに結核を取り上げられることは、一つの効果的なアドボカシーだと思います。ケニアのような識字率が80%を超える国では、新聞やテレビなどで掲載されると認識と意識に変化が出てきます。

今後、さらに結核の記事が取り上げられると、良いですね。
演劇
タグ:結核 ケニア
posted by resultsjp at 18:52| Comment(3) | ケニア

防さい冊子「おまもりブック」ができました!

皆様 こんにちは。

日本リザルツ特製の防さい冊子「おまもりブック」ができました!

熊本で先週から配布を開始し、ご好評をいただいています。

表紙が塗り絵になっていたり、写真が貼れるコーナーやお絵かきコーナーなどを入れ込んだ構成にしていて、親子で楽しく防さい対策ができる冊子になっています。

IMG_9515.jpgIMG_9516.jpgIMG_9517.jpgIMG_9518.jpgIMG_9519.jpgIMG_9520.jpgIMG_9521.jpg



内容はこちらです。

【家族みんなのコーナー】

 思い出の写真コーナー

 お絵かきコーナー

 「熊本地震」が起こった日

 子育て防さいグッズ

 防さいマニュアル
 (家族編)
  (親編)


【お父さんとお母さんのためのコーナー】

 震さい後の子どもへの接し方
 (0〜3歳児編)
 (4〜5歳児編)

 震さい・子育て相談Q&A

 子育て相談団体

 震さい・育児に関する連絡先一覧



「ぜひほしい〜!」という方がいらっしゃいましたら、
日本リザルツ(results.japan@gmail.com)までお問合せ下さい。

(この事業はジャパンプラットフォームの助成を受けて行われています)

(いけのり)
posted by resultsjp at 15:29| Comment(4) | 情報