2016年09月18日

熊本だよりG 〜第5回専門家相談会と子育て相談会〜

9月17日(土)の第5回専門家相談会は、南区の飽田公民館で13〜17時の間、開催されました。コラボレーションイベントとして、東京から長坂が駆けつけ、「被さい地復興くまモン塗り絵」初お披露目を行いました。
会場に入れたのが12時過ぎてからで、慌てて準備を行いました。13時前に、相談者がお一人と、くまモン塗り絵展示イベントの取材に記者さんがお一人いらっしゃいましたが、それぞれお待たせせず対応できました。

IMG_0810.JPG

9月4日の相談会も台風の影響を心配しながらの開催でしたが、今回もそうなのか、あるいは3連休の初日だからか、もしくは、中心地からかなり離れたところにポツンとある施設だからか…、ご来場者は多くはありませんでした。
それでも、長坂のメディアワークで記者さんがわざわざ取材に来てくださったり、相談者のアンケートには、皆さん、大変満足されている様子が綴られていましたし、「おまもりブック」とくまモン塗り絵を5部欲しい、20部欲しいというリクエストなどもあり、その点はよかったです。

16時過ぎくらいから風が強くなりはじめ、黒い雲が近付いてくるのが分かりました。
17時には専門家の先生方も片付けを手伝ってくださり助かりました。
19時ごろ、帰り着いたのと同時に雷と強い雨になりました。ぎりぎりセーフでした。

17日は「子育て相談」も午後にある日でした。重なっていて子育て相談には行けないため、入江真之先生とは事前にブリーフィングを行い、お任せしていました。
現地アドバイザーの「熊本子ども・女性支援ネット」の園田敬子さんも、今日、相談会が重なっていることを気にかけてくださり、はじめに長坂と私を飽田公民館まで車で送ってくださり、途中から「子育て相談」へ移動され、サポートしてくださいました。
「子育て相談」の方は、個別相談ご希望者が3名いらして順番に対応されたとのことでした。総合子育て支援センターで相談が可能なことの周知がすっかり広がったといえます。
来月からは、月に2回程度の開催で、入江ご夫妻さまと小出佳代子先生が中心となって踏襲してくださるということで、心強く思いますし、感謝の気持ちでいっぱいです。チラシの雰囲気もそのままいくとおっしゃってくださっています。
熊本で知り合えた方々は、長坂も感じたようですが、皆さん温かく飾らずオープンで、1か月滞在してきた私にとっては親戚のようにも思えます。
今の気持ちを覚えたての熊本弁で言うと、「これからも折に触れkeep in touchばするばってん、一旦活動んあとぜきばせにゃん」(共通語:これからも折に触れkeep in touchするけれど、一旦活動の扉を閉めなければならない)
「あとぜき」「くまモン体操」を総合子育て支援センターで教えていただきました。
https://www.youtube.com/watch?v=sBBZop5j6D0
段々とそんな思いに駆られ始めたこのごろです。(S)

(この事業はジャパンプラットフォームの助成を受けて行われています)
posted by resultsjp at 21:39| Comment(2) | 熊本支援

[ニュース]日本企業がジカ熱ワクチン開発へ:日米政府も支援

20160906_01.jpg
Source:NHK NEWS WEB

日本リザルツが力を入れている事業の1つが感染症対策です。
現在、ジカ熱、黄熱病、はしかなどの感染症の蔓延が世界的な懸念事項となっています。

詳しい内容はこちらの公式ブログ記事を参照。
[ニュース] 国内外で感染症拡大相次ぐ
http://resultsjp.sblo.jp/article/176838936.html

特にジカ熱は中南米だけでなく、東南アジアにも感染が広がり、先週は、ベトナムから訪日した女性のジカ熱感染が確認されました。流行が始まった昨年5月以降、国内で確認されたのは8例目。厚生労働省が、感染が拡大している中南米や東南アジアへ渡航する際には注意するよう、呼び掛けを行っています。

ニュースの詳しい内容はこちらを参照。
[NHKニュース]ベトナムから訪日の女性 ジカ熱感染を確認
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160912/k10010682171000.html

黄熱病やはしかはワクチンを接種すれば防げる病気です。
一方、ジカ熱には、感染を未然に防ぐことができる有効なワクチンが未だにありません

この問題を打開しようと、日本の民間企業も動き出しました。

K10010684811_1609140507_1609140508_01_03.jpg
Source:NHK NEWS WEB

日本の製薬会社「武田薬品工業」が、2017年からジカ熱ワクチンの開発を始めると発表したのです。この開発プロジェクトには、米国政府が最大で3億1200万ドルの助成金を支払うほか、日本政府もアメリカと共同で支援を行う方針を固めています。

詳しいニュースの内容はこちら。
[日本経済新聞]武田、17年からジカ熱ワクチン開発へ 米などで治験
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ02HRU_S6A900C1TJC000/
[NHKニュース]ジカ熱ワクチン開発 米政府と共同で製薬会社支援の方針
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160914/k10010684811000.html

ニュースによると、日本の製薬会社でジカ熱ワクチンの開発を始めるのはこれが始めてだということです。日本の技術力を上手く活かして、ジカ熱ワクチン開発が成功することを願っています。

また、こうした日本企業の取り組みは、日本の皆さんにワクチン接種の重要性を改めて知ってもらう良い機会にもなります。このニュースをきっかけに1人でも多くの人がワクチン接種に行くことで、様々な感染症の拡大抑止につながるといいですね。
(長介)
posted by resultsjp at 18:35| Comment(1) | 情報