2016年11月30日

[速報]ケニア・スナノミ抑止キャンペーン

本日、インターンの白石が、現地の医大生と一緒にスナノミ抑止キャンペーンを行っています。
白石から写真が届きました。衝撃です。

IMG_20161130_120845.png

スナノミ症が悪化し、手が壊死しています。
キャンペーンについてはこちらを参照。
速報!スナノミ抑止キャンペーン。
https://readyfor.jp/projects/QAAA/announcements/46686
Q&AAA(トリプルエー)+プロジェクト7割達成
https://readyfor.jp/projects/QAAA/announcements/46683

スナノミ症は靴が履ければ、防げる病気です。
1人でも多くの子どもたちにシューズを贈るため、日本リザルツではクラウドファンディングを行っています。
1週間で7割に到達しましたが、まだまだ資金が足りません。

Q&AAA+プロジェクトの詳細はこちらを参照。
一生歩ける幸せを!ケニアの子どもにきれいな運動靴を届けたい!(Readyforのサイトより)
https://readyfor.jp/projects/QAAA

ケニアで1人頑張る白石のためにも、是非、ご協力をお願いいたします。
(長介)
posted by resultsjp at 18:28| Comment(3) | 情報

[ニュース]患者を生きる(HIV)

感染症は日本リザルツが力を入れる事業の1つです。
本日付(11月30日付)の朝日新聞朝刊にHIV陽性者で活動家の長谷川博史さんが取り上げられていました。
GapB01-053.jpg

長谷川さんは、有名な活動家です。以前、日本リザルツの勉強会にも参加して下さり、ご自身の活動を紹介して下さいました。

そのときの様子はこちらを参照。
ピンクベアのともに生きるセミナー その1:当事者と日本のエイズコミュニティの取組み =予防から共生へ=
http://resultsjp.sblo.jp/article/88310746.html

FullSizeRender.jpg

記事では、長谷川さんの治療の様子はもちろん、HIV陽性者として各地で行っている講演などの活動についても紹介がされています。

詳しい記事はこちらで読むことができます。
[朝日新聞]HIV 3「幸福な感染者」伝えたい
http://www.asahi.com/articles/ASJCY628GJCYUBQU00K.html

朝日新聞の「シリーズ患者を生きる」では、現在、感染症が取り上げられています。
是非、ご覧ください。
http://www.asahi.com/apital/special/ikiru/

明日からは12月。インフルエンザなど感染症が流行る季節になってきました。
みなさまも、手洗いうがいをしっかりして、楽しい冬のひとときを過ごして下さいね。
(長介)
posted by resultsjp at 12:58| Comment(3) | 情報

2016年11月29日

国際栄養課題に関する国家戦略

11月18日(金)に開かれた第五回国際母子栄養改善議員連盟では、議連副会長の逢沢 一郎先生より、柴山 昌彦内閣総理大臣補佐官へ、「国際栄養課題に関する国家戦略」の骨子案が提出されました!
これを機に、日本が一体となって栄養改善に向けた取り組みを展開できることを期待したいと思います。

PDFの原稿は以下よりダウンロードいただけます。

国際母子栄養戦略案図
議連タスクフォース_国際母子栄養戦略案図20161117.jpg
【PDFファイル】
http://resultsjp.org/wp/wp-content/uploads/2016/11/議連タスクフォース_国際母子栄養戦略案図.pdf


国際母子栄養改善戦略
【PDFファイル】
http://resultsjp.org/wp/wp-content/uploads/2016/11/国際母子栄養改善戦略.pdf

(Saho)
posted by resultsjp at 13:10| Comment(3) | 栄養問題

2016年11月28日

Q&AAA(トリプルエー)+プロジェクト6割到達!

先週から始まったQ&AAA(トリプルエー)+プロジェクトのクラウドファンディング。
1.png

開始5日目で6割到達しました!

しかし、ケニアに靴を届けるにはまだ資金が足りていないのが現状です。
スナノミ症は運動靴が履ければ防げる病気です。

IMG_3378-45646-b8fd9-thumbnail2.jpg

1人でも多くのケニアの子どもたちに靴を届けるためにも、みなさんの応援が欠かせません。
リンクのシェアやFacebookのいいね!など、是非、ご協力をお願いいたします。

Q&AAA+プロジェクトの詳細はこちらを参照。
一生歩ける幸せを!ケニアの子どもにきれいな運動靴を届けたい!(Readyforのサイトより)
https://readyfor.jp/projects/QAAA
(長介)
posted by resultsjp at 17:26| Comment(3) | 情報

パレスチナ難民の母子手帳、電子化へ!

日本リザルツは、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のキャンペーン事務局をしています。

今日は、UNRWAの清田明宏保健局長から面白いニュースをいただきました!
パレスチナ難民の母子手帳の電子化が、UNRWAとJICAの支援で進んでいるそうです。

K10010784561_1611252003_1611252022_01_02.jpg

来年前半にもアプリが導入され、紙の手帳がなくてもスマートフォンやパソコンで手帳を見ることができるようになるそうです。パレスチナ自治区は、紛争が続く不安定な地域ですが、電子化が進めば、避難先でも翻訳ソフトで他言語への変換も可能になります。

11月23日〜25日まで、東京で開かれた「第10回母子手帳国際会議」で報告されたということです。

ニュースの詳細はこちらを参照。
朝日新聞「避難先でも命守る…パレスチナ難民の母子手帳、電子化へ」
http://www.asahi.com/articles/ASJC63F2VJC6ULBJ003.html
NHK News Up “日本発” 母子手帳は難民の“生命のパスポート”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161125/k10010784561000.html?utm_int=word_c

日本の知見が、パレスチナ難民のみなさんの健やかな生活づくりに活かされているとは、嬉しい限りですね。
(長介)
posted by resultsjp at 15:21| Comment(3) | UNRWA