2016年11月25日

ストップ結核ジャパン・アクションプランフォローアップ会合

結核の抑止は日本リザルツが力を入れる事業の1つです。

ストップ結核パートナーシップ日本(Stop TB Partnership Japan, STBJ)は、世界の結核を制圧するために、世界保健機関(WHO)のストップ結核パートナーシップ(世界26か国)の日本版として、2007年11月19日に設立されました。日本リザルツ代表の白須がSTBJの代表理事を務めるなど、日本リザルツも設立当初から協力をしています。

より結核の抑止を促進させるために2008年に立ち上がったのがストップ結核ジャパンアクションプランです。外務省、厚生労働省、結核予防会、JICA、そしてNPOであるSTBJの官民共同で策定された革新的なアクションプランで、年間約180万人にも及ぶ世界の結核で亡くなる人々の10%を救済することなどが盛り込まれています。

このアクションプランに関して、進捗状況を共有するフォローアップ会合が開かれ、外務省、厚生労働省、結核予防会、JICA、そしてSTBJが参加し、闊達な議論が繰り広げられました。

会議では、第6回アフリカ開発会議(TICAD Y)やG7伊勢志摩サミットにおける保健分野の取り組みが共有されました。

また、インドネシアやアフガニスタンなど世界で日本が実施している結核プロジェクトについても紹介されました。

こうした会議が、結核の抑止につながるといいですね。
(長介)
posted by resultsjp at 11:58| Comment(3) | 結核

[ニュース]公明新聞「子ども貧困率 初の減少」(11/22掲載)

皆様、こんにちは。

11月22日の公明新聞に、気になる記事が載っていました。

「子ども貧困率 初の減少」

総務省が10月末に公表した2014年「全国消費実態調査」によると、「子どもの相対的貧困率」は5年前の前回より2ポイント減の7.9%に改善した。1999年に貧困率に関する統計を取り始めて以来、初の減少となり、数値も最低を記録した。(続きはこちらから)

20161122_9_1.jpg

IMG_0020.JPG

IMG_0019.JPG

今後の対策には、2通りのアプローチがあるそうで、1つは困っている家庭へのピンポイントの支援、もう1つは子どもたち全体を、社会で支える視点だそうです。
ピンポイント型だけでは差別の助長にもつながりかねず、限界があるため、地域の声掛けや居場所づくりなど、「広く支え合う共生社会の構築」という包括的なアプローチも併せて行うべきと綴られています。

らぽーるでもこのふたつのアプローチで活動していきたいです。




(いけのり)
posted by resultsjp at 10:44| Comment(2) | 情報

2016年11月24日

Future 2030 in Japan =SDGsから見る日本と世界の未来=

持続可能な開発目標(SDGs)は、日本リザルツが力を入れるプロジェクトの1つです。
11月24日、「Future 2030 in Japan =SDGsから見る日本と世界の未来=」が開かれ、SDGs推進に向けて闊達な議論が行われました。

今回のイベントは、政府・民間・市民団体などがセクターの壁を越えて一堂に会することで、 SDGs 推進のためのビジョンを共有し、連携の促進を図ることが目的です。

IMG_0688.JPG

司会はロングロングさん。お笑い芸人さんです。

ゲストも豪華!ここからは、写真の数々とともにご紹介します。

IMG_0692.JPG

公明党SDGs推進委員会事務局長、岡本三成衆議院議員
元ゴールドマンサックスの職員というビジネス経験に基づいたお話しをされていました。

IMG_0695.JPG

和泉洋人内閣総理大臣補佐官
代表の白須の話も交え、場を盛り上げていらっしゃいました。

IMG_0696.JPG

相星孝一外務省地球規模課題審議官
SDGsの流れを詳しく説明して下さいました。好きなTV番組は「ブラタモリ」だそうです。

IMG_0705.JPG
IMG_0706.JPG

民進党幹事長代理、福山哲郎参議院議員
わかりやすい写真を使って、気候変動について説明して下さいました。

IMG_0709.JPG

衆議院政治倫理審査会長、逢沢一郎衆議院議員
日本・アフリカ連合(AU)友好議員連盟会長としてのご経験を紹介して下さいました。

第一部のSDGs 時代の「パブリック」では、NGO代表として日本リザルツの長坂も発言しました。
「思いやりのある人になりたい」という言葉をSDGsのキャッチフレーズにすることを提案しました!

IMG_0724.JPG

会場からも続々意見が。
イベントは大盛況のうちに幕を終えました。

これをきっかけに、ますます「SDGs=思いやりのある人になりたい」に対する関心が高まるといいですね。
(長介)
posted by resultsjp at 18:23| Comment(4) | 情報

[本日スタート!]Q&AAA(トリプルエー)+プロジェクト始動

ケニアのスナノミ症対策のため、日本リザルツでクラウドファンディングを開始しました。
その名も、Q&AAA(トリプルエー)+プロジェクトです。

1.png

開催期間:11月24日(木)11:00〜12月19日(月)23:00

プロジェクトページのURLはこちらです。
https://readyfor.jp/projects/QAAA

リターンの内容を一部ご紹介します。

気軽に応援コース! 3,000円のリターン
◇お礼のメール
◇ケニアでの運動靴の贈呈の様子をニュースレターで配信!

プチ・ギフトコース! 5,000円のリターン
◇Qちゃんこと高橋尚子さんの著書「シューズとアフリカと500日」をプレゼント。
◇お礼のメール
◇ケニアでの運動靴の贈呈の様子をニュースレターで配信!

ラグジュアリー・ギフトコース! 10,000円のリターン
◇マラソンに欠かせないランニングシューズをプレゼント!
◇お礼のメール
◇ケニアでの運動靴の贈呈の様子をニュースレターで配信!

CvR1j9JVYAEYMPf.jpg


皆様にお願いがあります。
【ご協力のお願い】
本プロジェクトが成功するよう、
ご協力、SNS・メール・口コミによる拡散などのご協力をお願いできましたらと思います。

皆様、奮ってご参加くださいませ!

プロジェクトページのURLはこちらです。
https://readyfor.jp/projects/QAAA
(長介)
posted by resultsjp at 10:36| Comment(3) | 情報

2016年11月23日

釜石生活Q 〜復興釜石新聞〜

11月17日の相談室開所式の様子は、その日の夕方のNHKローカルニュースで取り上げていただき、その反響もあったということは、本ブログ内の下記URLでお伝えしてきました。
http://resultsjp.sblo.jp/article/177709842.html
http://resultsjp.sblo.jp/article/177716537.html

そして、今日の「復興 釜石新聞」でも、1面の大きな記事になりました。
釜石新聞1面 1123.png

相談室記事 1123.png

こんな風に書いていただいて、一層身の引き締まる思いがしております。(鈴木)
posted by resultsjp at 23:36| Comment(3) | 東北復興支援