2016年11月01日

マラリア抑止に向けた会議

虫を媒介とする感染症は依然として深刻な問題です。
その一つがマラリア。

Malaria.jpg

世界三大感染症の1つで、熱帯・亜熱帯地域で猛威を振るっています。
今日は、日本リザルツで、開発途上国においてどうマラリア抑止を行うかを検討する会議が開かれました。

IMG_0593.JPG

今日の会議では、3時間の長丁場。
行政はもちろん、医療機器メーカーやマラリア対策に取り組む団体、有識者が集まり白熱した議論が、繰り広げられました。

IMG_0597.JPG

具体的には、
日本の技術を開発途上国のプロジェクトに活かすことや
製薬会社と連携して取り組みを進めるべきだなどの意見が出されました。

マラリアは100カ国余りで流行しており、世界保健機構(WHO)の推計によると、年間2億人以上の罹患者と200万人の死亡者があると言われています。

この会議をきっかけに、マラリア抑止が進むといいですね。
(長介)
posted by resultsjp at 20:59| Comment(3) | 世界基金

【ニュース】7,000人以上の結核患者が未報告・未治療

先月、世界保健機関(WHO)によって『世界結核報告書2016』が発行されました(http://resultsjp.sblo.jp/article/177325802.html)が、ケニアの保健省からも興味深い報告がありましたので、ご紹介します。

7,000人以上の結核患者が治療を受けず周囲に感染の恐れ
ケニアでは7,000人以上の結核患者が治療を受けることなく生活を送っているため、死に至ったり周囲に感染させる恐れがある。保健省結核・ハンセン病・肺疾患プログラムが実施した調査によって、結核の報告が正しく行われていないために、治療を受けられていないケースが多く存在することが判明した。
調査期間中、73のサブ・カウンティで47,000人の結核患者が想定されていたが、実際に報告があったのは39,100人のみで、結核患者の5人に1人は報告されていないことになる。
さらに、報告されていないケースの中には排菌している患者も含まれ、周囲に感染させる危険性が高いとみられている。

原文はこちら
http://www.standardmedia.co.ke/health/article/2000219868/high-infection-risk-as-over-7-000-tb-patients-not-on-treatment

私たちが事業を実施しているカンゲミでも、自分が結核に感染していることに気づかないまま病気が進行し、知らず知らずのうちに周囲にうつしてしまう方が後を絶ちません。戸別訪問でそうした方々を見つけ、治療を受けるよう促すCHVの働きが、これからますます重要になってきます。
猟犬
posted by resultsjp at 17:31| Comment(3) | ケニア

モチベーションアップ!

先週は、衆議院議員あべ俊子先生の報告会がありました。

IMG_3565.JPG

あべ先生がヨルダンのユニセフ視察に行かれた時のお写真。先生と子どもたちの笑顔がとても素敵ですね。
「聴いて、実行する」をスローガンに掲げるあべ先生。リザルツの意見にもいつも耳を傾けていただき、感謝しています。
今日もがんばろう!という気持ちになりますね。

(Saho)
posted by resultsjp at 12:34| Comment(3) | 情報

栄養改善についての意見交換会

昨日は、国際母子栄養改善議員連盟の事務局長を務めていらっしゃる衆議院議員あべ俊子先生、ニプロ株式会社、JICA関係者との栄養改善に関する意見交換会に参加してまいりました。あべ先生は、TPP特別委員会でお忙しい中、駆けつけてくださいました。

161031_1213~03.jpg

全世界の5歳未満で亡くなる子どものおよそ4割は、栄養不良が原因だと言われています。
栄養改善のために私たちができること、日本が過去の経験を生かして貢献できること・・・これから実際の行動に移していかなければなりません。

161031_1214~01.jpg

(Saho)
posted by resultsjp at 10:35| Comment(3) | 栄養問題

【祝】岩手県釜石市にらぽーる主催のこどもの相談室がオープンしました!

皆様、こんにちは。

本日、11月1日、岩手県釜石市に「あおば通り子どもの相談室」がオープンしました!

無題.png


電話相談と対面による相談があり、子どもや子育てに関する悩みや心配などの相談をお聞きいたします。
相談は無料で、子どもの相談のことならどなたでもご利用できます。

また、子どもの養育に関する相談会や学習会、支援者の研修会、親子交流イベントなども開催予定です。
詳細は決まり次第、またご案内させていただきます。

相談室の詳細はコチラのPDFでご確認ください。

らぽーるの活動が着実に全国に広まっています!

(いけのり)
posted by resultsjp at 09:28| Comment(3) | 情報

離婚と親子の相談室「第15回事例勉強会」開催(10月31日)

皆様、こんにちは。

離婚と親子の相談室らぽーる主催の「第15回事例勉強会」が、10月31日に開催されました。

この「事例勉強会」は、離婚と親子の問題に関係する 大学関係者、弁護士、臨床心理士、関連団体の方、その他オブザーバーが一堂に会し、離婚と親子の問題について話し合い、情報交換を行う会です。

今回は、法務省・赤石市・FPICの共同養育計画書作成の研究、親子断絶防止法に関する情報などについて、活発に議論が行われ、有意義な意見交換の場となりました。

また9月に行われたクラウドファンディングで作成した夫婦のコミュニケーション冊子についても回覧し、話に花が咲きました。

IMG_9814.JPG

本日、11月1日には、岩手県釜石市にこども相談室も新開設予定のらぽーる!!

今後もよろしくお願い致します!

相談室の新開設については、次回ブログでご案内させていただきます。


(いけのり)
posted by resultsjp at 09:21| Comment(3) | 情報