2016年11月11日

【ニュース】スタッフ佐保の寄稿が公明新聞に掲載

本日、公明新聞の朝刊に日本リザルツのスタッフである佐保の寄稿が掲載されました!

2016/11/11 公明新聞朝刊
「難民問題への関心」

DSCN0310.JPG
内容は、国連難民高等弁務官事務所のフィリッポ・グランディ高等弁務官(前国連パレスチナ難民救済事業機関事務局長)とお会いしたときに、パレスチナ難民支援の状況を尋ねられた際のやりとりからもっと難民問題に関心を持ってもらいたいとの思いを強くしたことです。

また、現国連パレスチナ難民救済事業機関事務局長の朝日新聞の「私の視点」の記事も10月22日に掲載されております。

FullSizeRender[1379].jpg

記事を紹介した公式ブログはこちらを参照。
http://resultsjp.sblo.jp/article/177349420.html
(か)
posted by resultsjp at 19:06| Comment(3) | UNRWA

[ニュース]医療に関する「未来投資会議」

11月11日は介護の日です。
少子高齢化が進んでいる昨今。

日本でも、介護や医療の分野に向けた取り組みが進んでいます。
昨日(11月10日)、安倍晋三首相も出席し「未来投資会議」が開かれたのです。

10mirai_toshi1_1.jpg

会議の中で、安倍首相が、介護を必要とする人の自立支援を中心にした制度へ国の方針を転換していくよう表明しました。また、会議の中では、医療と介護の分野でも、人口知能などの新技術を導入することが提唱されました。

医療に関する分野は、日本リザルツも力を入れています。
今後の動きから目が離せませんね。
(長介)
posted by resultsjp at 18:14| Comment(3) | 情報

スナノミ蔓延の理由(エスンバ)

エスンバで、スナノミ症が蔓延している一番の理由。

それは、地面が舗装されておらず、土がむき出しの状態になっていることにあります。スナノミは文字通り砂に潜むダニ。スナノミが多くいる地面の上を裸足で歩くことで、柔らかい足や手の爪の間に入り込んでくるのです。

IMG_3379.JPG
IMG_3376.JPG
エスンバの一般的な家。
トタン屋根に、窓は穴が空いているだけの簡素な造りで、外壁も床も土がむき出しの状態です。

IMG_3372.JPG
靴を買う余裕がないため、ほとんどの住民は裸足で生活しています。

IMG_3394.JPG
エスンバの公立プライマリー・スクールの教室も、ほとんどの床が未舗装。
1つの教室に100人の生徒が、缶詰状態で授業を受けています。

スナノミに寄生されると、猛烈な痒みと痛みで、歩くことや眠ることさえままなりません。
私がお会いした方々も皆ぐったりしており、目に力が入っていない様子でした。

スナノミ症に感染した方々の写真はこちらから見られます。目をそむけたくなるような光景かもしれませんが、エスンバのこうした現実をぜひ知ってください。
旅便りvol7@ケニア Essumba特集B
猟犬
posted by resultsjp at 16:27| Comment(3) | ケニア

つなみ募金

本日、毎月恒例のつなみ募金を行いました。今回は代表の白須も参加し、いつもの経済産業省前で4名のリザルツスタッフで行いました。昨夜からの強い雨も昼頃には霧雨となり、さすがに今日はコート着用での募金活動となりました。白須はいつもながら素早く所定の部数を配り終え、募金箱を持って、通行中の方々に募金を呼びかけました。配布物は、リザルツパンフレット、リザルツ新聞などでした。

IMG_2557.JPG

DSCN0309.JPG
(か)
posted by resultsjp at 16:11| Comment(3) | 情報

釜石生活M 〜初雪と温かい心〜

11月9日、釜石市は市街地でも雪が舞いました。
"市街地でも"と、ことさらに強調するのは、私が住む標高890メートルの高地では積雪だろうと、とても心配したからなのですが、実際は市街地と同じ程度で済み、風が強かったためということもあり、積もりませんでした。
今週末にはタイヤを交換することにします。

そんな寒い釜石ですが、心温まる出来事がありました。
今日、青葉ビルでお仕事をしていると、配達員の方が「この郵便はここでいいですか?」と、平田の事務所に届いた封筒を持ってきてくださったのです。
驚いて「はい、そうです。でも、よくお分かりになりましたね?」と尋ねると、「何日か前に荷物と封筒を届けた係が、『これと同じ封筒、青葉ビルへ届けた』というので、来てみました。早く届いた方がいいでしょ?」とおっしゃいました。
温かいお気持ちがうれしかったのと同時に、日本リザルツの名刺、封筒はインパクトがあって、効果抜群であることを再確認いたしました。

そういえば、釜石の車もこんな感じなので、時々、「この前、あの辺走ってたね」「イオンの駐車場に止まってたね」と声をかけていただきます。(車(セダン)
IMAG1033.jpg

posted by resultsjp at 14:53| Comment(3) | 東北復興支援