2017年02月28日

日本リザルツ業務報告書の作成

来週の理事会を前に、ただ今、2016年の日本リザルツの業務報告書を作成しています。
1年間の業務をブログの記事を中心に1冊の冊子にまとめるのですが、GGG+フォーラム、凧揚げ、ケニア支部開設、釜石らぽーる開設、ポリオキャンペーン、数々の新聞記事投稿、極めつけはスナノミキャンペーンのスタート等、この少人数でよくこれだけのことをしてきたものだ!と編集をしながら自画自賛してしまいます。
写真の選定もセンスが試されるところなので、たくさんの写真の中から選んでいます。

リザルツの1年間を振り返ることのできる、大変濃い内容のものとなっています。
枚数は現時点で150枚、文字数は20万文字を軽く超える大作です!(容量が大き過ぎて、編集ソフトのワードが重くなり、たまに動作が止まって落ちてしまい作業がやり直しになることも…涙)

出来上がりを楽しみにお待ちくださいませ。

posted by resultsjp at 08:56| Comment(2) | 情報

2017年02月27日

まさにボランティア活動

ナイロビのスラム居住区でボランティア活動に励むCHVの人たち、今回は普段の結核予防活動とは違った一面を紹介する。先日彼らからの提案で実現した、自主的な地域清掃活動に参加した。今回の清掃地域は、担当する4地区の内、GichangiA とGichangiB地区で、この地域のCHV35名が参加した。集合場所のKangemi Health Centerには、集合時間の10時頃には約20名が集まっていたが、肝心の掃除道具の箒(実際にはデッキブラシの様なモノ)が揃っていなかった。寄せ集めの箒は、柄が極端に短いものも多く、結局みんなでお金を出し合って(まさにボランティア精神)購入することになり、この準備に時間が掛かったが、箒を担ぎながら目的地に向け出発した。
Center から清掃予定地までは、両側に小さな店が並ぶ、緩い起伏のある道で、途中途中でCHVの人たちが、結核予防等のチラシを配りながら、約800mを歩いた。また、Westland Sub-County Environment Officer も加わり、沿道の人たちにCHVの活動を知らせていた。
清掃場所は、やはり両サイドに店が並ぶ道で、片側の店の前は水路となる溝が続いていたが、一般の道と同様、ごみが散乱していた。約50mの間に分散して、ごみを数か所に集め、焼却する方法で進めた。みんなが積極的に手を動かし、溝にも降りてごみをかき集めていた。自分でもやってみて、デッキブラシの様な固いものを使う訳が分かったのは、ビニール袋などが土に入り込んでいるため、上っ面だけをなぜても取れない。それでも取れない場合は手で引く抜くことになる。事前にビニールの手袋は配られていたが、サイズが小さ過ぎたようだった。途中通りがかりの車から、何回か声援が掛けられ、より作業に熱が入ったようだ。傍観していた人たちも、いずれは徐々に参加してくれるものと期待したい。
清掃がある程度進んでくると、だんだん気分も楽しくなってきたのか、CHVの人たちが、お互いにスマホで写真を撮る場面が多くなってきた。作業が終わりみんなが集まった時、年配の女性が前に出て、ハンドスピーカーから声高々に、何か鼓舞する声援を発し、やがてお決まりのダンスに変わっていった。Center に戻って、ボランティアで参加してくれた彼らに対し、何らかの慰労をしたいと、飲み物とパンを配り一息ついてもらった。
今回の清掃活動が何らかの啓発、意識改革につながるようにしたい。黙々と清掃作業に取り組むこともいいが、楽しそうに、半分お祭り気分でやっている、そんな雰囲気の方が住民の人たちを巻き込み易いかも知れない。その前にCHV の人たちがいつまでも諦めないで、活動に携わってもらえるよう、我々がどのように彼らと協力していくかも、良く考えなければならないと思う。

P1000828.JPG
寄せ集められた箒、柄がないものが多い

P1000834.JPG
いざ出陣

P1000839.JPG

P1000842.JPG
途中途中で結核予防等のパンフレット(次の写真)を配布

P1000832.JPG

P1000843.JPG
途中でCHV活動を唱えながら

P1000849.JPG
清掃作業(以下2枚も)

P1000851.JPG

P1000852.JPG

P1000856.JPG
作業を終え一段落、呼びかけにダンスが始まる

P1000858.JPG
ヘルスセンターに戻り、配られた飲食物を手に一息

局チョー

posted by resultsjp at 16:34| Comment(2) | 情報

東京マラソンにWe love Tシャツが!

昨日は東京マラソンでした。

なんと、日本リザルツがお世話になっている内閣官房内閣審議官の山田安秀新型インフルエンザ等対策室長、国際感染症対策調整室長がWe love Tシャツを着て走ってくださいました。

無題.png
(山田室長のFacebookより)

42.195キロを完走されたそうです。
リザTガールズたちが、花束を持って完走をお祝いしに参上しました。

IMG_0440.JPG

IMG_0442.JPG




週明けからサプライズ大成功でした!
(はるか)
posted by resultsjp at 10:45| Comment(2) | 情報

2017年02月26日

釜石生活㊷ 〜グリーフケア・アドバイザー2級研修〜

今日は、「グリーフケア・アドバイザー講座2級」の研修を受講して参りました。
この講座は「日本グリーフケア協会」が主催するもので、日本人の死別悲嘆の反応と悲しみを癒すアプローチ法について学び、身に付けることに重点をおいて学習するもので、今回私が受講させていただいた2級は初級、1級が中級、そして特急が上級となっています。
今日、受講して、このような受講証兼認定証をいただきました。
IMAG1193.jpg

1級以上へ進むにも、2級を持っていることが前提ですし、グリーフケアの基本を押える意味でも、この証書は第一歩を踏み出したことの証です。これからも学びと実践を深めてゆきたいと思います。

さて、グリーフとグリーフケアについて少し…
大切な人を失う絶対的な別離によって、失意とともに深い悲しみの感情と、なんとか対処しようとする理性・認知感情との狭間で揺れ動き、とらえどころのない苦痛を伴う心身の反応を「悲嘆(グリーフ:grief)」といいます。
グリーフに陥り、突然不慣れな環境に押し込まれた時、繰り言や思い出話をじっくりと傾聴してくれる人、さりげなく寄り添うサポートは心強いもので、これらの援助を「グリーフケア」といいます。

今日は、死別についてのお話しでしたが、離婚によって子どもに会えなくなった人の悲嘆にも、津波にさらわれていまだ行方不明の家族に対する思いにも、グリーフケアの基本は活かせます。
これからの超高齢化社会でも、需要は高まっていくことでしょう。(鈴木)


posted by resultsjp at 21:54| Comment(2) | 東北復興支援

2017年02月24日

JIGH金森さんとのお食事会

いつもポリオ案件でタッグを組んでいるJIGHの金森さんとリザルツのスタッフとで、ランチ会をしました。
場所は代表はじめスタッフお気に入りのリトリート。アボカド豚が有名なお店です。

s_001j.jpg
Retreat

無題.png

無題.png

美味しいごはんを食べながら、ポリオ話に花が咲きました。

IMG_0414.JPG

またぜひ!
posted by resultsjp at 11:25| Comment(2) | 情報