2017年04月11日

美味しいパン

今日はいつもリザルツのいろいろな印刷物をお願いしている有限会社トータルマーケティングプリンティングの田島さんが、彼のお客様であるDaisyというお店のパンを持ってきてくださいました。

このお店のコンセプトは、「美味しい食事パンの店」だそうで、農林水産大臣賞を受賞した「クロワッサンB.C.」が人気商品とのことです。川口市内、蕨市内で6店舗あり、お店の職人の方々もいろいろなコンテストで受賞されています。お昼に皆でパンを美味しくいただきました。私はメロンパンをいただきましたが、とても軽くておいしいパンでした。(か)
IMG_0175.JPG
posted by resultsjp at 13:08| Comment(1) | 情報

くまモン塗り絵展覧会いよいよ開催!

熊本地震からもうすぐ1年が経過します。
日本リザルツでは、熊本地震を受けて防さい絵本おまもりブックを作成しました。 おまもりブックには、ご当地キャラクターくまモンの塗り絵が付いています。

熊本のみなさんに元気になってもらいたい!と全国、全世界で塗り絵大会が実施され、日本リザルツに寄せられました。

P1000992-thumbnail2.jpg
P1000993-thumbnail2.jpg
P1010005-d7b83-thumbnail2.jpg

子どもたちはもちろん、プロの芸術家の方からも届きました。

IMG_1080-d6173-thumbnail2.jpg
IMG_1079-thumbnail2.jpg

集まった塗り絵は1,000枚近く。いよいよ熊本市国際交流会館でお披露目されます。

kaikan.jpg

場所:熊本市中央区花畑町4番18号 熊本市国際交流会館
休館日:毎月第2、第4月曜日(月曜日が祝日の場合、翌火曜日)

熊本の子どもたちはもちろん、釜石、愛知、東京、そしてパレスチナ自治区ガザ地区や難民キャンプの子どもたち、ケニア、ネパール、タイ、ラオス、フィリピンなどなどたくさんの方にご協力いただきました。
本当に有難うございます!

1人でも多くのみなさんに是非、見ていただきたいですね。
(はるか)
posted by resultsjp at 10:24| Comment(3) | 情報

ケニアの人たちへの見方が変わった

ケニアに来てから丁度3カ月が経った。当初道端に散らばるゴミ、排気ガスを吐きながら、重苦しそう
に満員の乗客を運ぶ乗り合いバス、カウンターやレジ係りの無表情な接客態度などをみて、ケニアの人た
ちの国民性、気質を感じ取った。暫くその時のイメージが頭に定着して、半ば諦めの気持ちでこちらの
人たちを見ていた。しかし、いつの間にか人の顔が優しく見える回数が増えてきたようだ。偶然ではな
いと思う。しかも優しく見える時は当然のことかも知れないが、こちらに何らかの動作、挨拶をはじめ、
警備員がドアを開ける時、道を譲り合った時など。こちらが外人だから、親切にしてくれているのだろ
うと、思っていた。
だが、現地の人同士でも、意外と相手に配慮した行為をしている場面に、気が付くようになった。良い
例が車の譲り合いだ。朝晩のナイロビ市内は、通勤・通学で各道路は激しい交通渋滞が起こる。車の
先端を少しでも先に突き出し、前に出ようとする戦いの連続である。最終的にどちらかが譲るわけだが、
この時は相手に配慮などしていないと考えている。自分さえ良ければ、周りはどうなっても気にしない。
ちょっと偏見があるかも知れないが、言い当てている部分もあると思う。しかし多少余裕がある時は、
配慮、親切心が現れている。車が右折する時、手を振って譲る合図をすることも、よく見かける。また、
荷車を引いている人の先にロープが張られているのを、見ず知らずの人が、上に持ち上げて通して
あげていた時など、一瞬心温まる場面に遭遇する。
我々が事業展開するカンゲミ・スラム居住区、貧困層の人たちが多く暮らす街だ。経済的には決して
余裕などない中で、コミュニティの繋がり、相互扶助の精神は存在している。本事業の活動部隊―
CHVの人たちが、結核予防・啓蒙活動のためボランティアで、各家庭を回っている。コミュニティの
繋がりの糸を更に太くする試みが行われている。

局チョー
posted by resultsjp at 04:15| Comment(1) | 情報