2017年04月14日

熊本地震から1年 白石

昨年の今日(4/14.15)から1ヶ月後には熊本にいました。

自転車に乗り、益城町総合体育館に毎日通っていたのを覚えています。

被さい地の様子、避難所生活の様子、今でも忘れられません。
1年経った今、お宅に温かく迎え入れてくださったおばあちゃん、もう一度お伺いしたいと思います。

忘れないこと。重要です。

IMG_3239.JPG

IMG_3241.JPG

IMG_3242.JPG

IMG_3246 (1).JPG

IMG_3247.JPG

IMG_3249.JPG

IMG_3250.JPG

HuffPostで素晴らしい生中継をやっています。

【熊本地震】熊本城、追悼の終夜ライトアップ 震災1年で「復興への思い」込める
http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/13/kumamoto-castle_n_16002488.html

熊本城のライトアップを中継しています。
FaceBookからも見ることができます。
https://www.facebook.com/HuffPostJapan/videos/831173820370435/?notif_t=live_video¬if_id=1492164750167257

しらいし
posted by resultsjp at 19:39| Comment(1) | 情報

ナイロビ生活vol4 "カンゲミの「空気」編"

皆さま、こんにちは。白石です。

前回のブログ"ナイロビ生活vol3"はこちらから
ナイロビ生活vol3 "CHV Meeting+Follow-up Meeting編"

日本でもそれぞれの街で"空気"というようなものを感じますよね。その街にいると思い出される記憶というか、匂いというか、街並みの雰囲気というか。言葉で表現するのは難しいですが、読者の皆さまはご理解いただけると思います。

カンゲミという街、はどんな"空気"だったのか。書いてみようと思います。

download.jpeg

カンゲミとはナイロビ市内から約20分、大通り沿い一帯にあります。見渡せばトタン屋根の建物が立ち並び、ぎゅうぎゅうなほど人々が密集しています。道の左右には小さな商店があり、野菜から果物、牛肉などの食材から、洋服、何かの電気機器に使うケーブル、鍬のような農業器具、さらには棺桶など様々なものが置かれ、売られています。
確かに、ゴミが散らかっており汚い。(私が1番嫌いなケニア人文化は所構わずポイ捨てをすることです。その上、なんで汚いのに掃除しないの問うと、それは政府がやるべきだ。とケニア人お得意の政治の話に進んでいってしまいます。まず捨てなきゃいい、集めておいてそこからは行政がやるべきかもしれない。と常々思います。←何か良いアイディアがあればコメントください。)

===

人が集まる場所には人が集まります。

カンゲミには30万人以上の方が暮らしています。(私の生まれ故郷、埼玉県春日部市の人口は23万人程度だったと思います。)正確な面積や人口が把握されていませんが、明らかに人口密度は春日部市の数十倍です。

正確な面積や人口が把握されていない。スラム街には住所というものが存在せず(ただ家賃は存在するようです。)、詳細な戸籍のようなものも存在しません。

人が多いと自然と音も大きくなります。喋る音、車の音、店から流れる音楽、雑音のようで私はなぜか心地よく感じてしまいます。
人が多い、音が多い。これがカンゲミの第一印象でした。

===

歩けば、その街が分かります。活気があり人が行き交う。怒っている人もいれば、笑っている人もいる。そんな街の一面を見てきました。

これからのカンゲミでの活動で、カンゲミの”空気”をさらに感じ、どんな街が伝えられればと思います。
短く内容の薄いブログで申し訳ありませんでした。

次回はナイロビ生活vol5 "結核患者にお会いしました編"をお送りします。

しらいし
posted by resultsjp at 17:25| Comment(1) | 情報

クラウドファンデングを通じた社会貢献の道を模索中

昨日の夕方、日本リザルツの会議室にて、内閣官房で新型インフルエンザや国際感染症対策をご担当の、長谷川企画官や福寿主査、グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)の佐藤VPを迎えて、クラウドファンデングを通じて幅広い層の人たちからサポートを戴きながら社会貢献の道を拓く方向に関して議論が行われました。
新しいスタイルの模索には色々と乗り越えるべきハードルはあるようですが、前向きに検討を進めていく方向です。
日本リザルツが提起したケニアでのスナノミ症の問題も、こうした新しい土俵に乗せて対応を進められないか、結核やAIDS等の感染症も包括的に含めて取り扱えないか、などなど、活発な意見交換が行われました。
(中)
posted by resultsjp at 14:30| Comment(1) | 情報

リザルツ新聞を配布しました

春爛漫の中、桜吹雪に間に合うように、リザルツ新聞第9号が出来上がりました。
鬼の美人編集長の指揮の下で、スタッフ全員の労作です。
ケニアのスナノミ症から、現地でのボランテイア活動報告、ガザの凧揚げ、アフリカの歌姫イボンヌさんの来日、離婚と親子の相談室「らぽーる」の活動、栄養関連セミナーなど、多岐に渡った活動が掲載されています。残念ながら紙面の制約で割愛した活動もいろいろと・・・。
すべてが、皆さまの温かいサポートの成果です。
スタッフ全員の手で、国会議員の皆さまにも配布させていただきました。
今後も日本リザルツの活動を見守って戴きたく。
(中)                             
IMG_20170414_125533.jpg
posted by resultsjp at 13:46| Comment(2) | 情報