2017年04月26日

諸富徹京都大学大学院教授「グローバル税」を論ず(週刊エコノミスト)

                 エコノミスト.JPG

今週の週刊エコノミスト(毎日新聞出版)の特集は「ビジネスマンのための資本主義入門」(ビジネスマンではなくビジネスパーソンにしたほうがよいと思うが)というものですが、その中で、諸富徹・京都大学大学院経済学研究科教授が「格差縮小の処方箋 『グローバル税』が再分配を促す」 という小論で、グローバルタックスの意義と可能性、そして先にも紹介した外務省の「国際連帯税に関する有識者会議」報告書について述べています。

◎週刊エコノミスト: https://www.weekly-economist.com/

以下、要約してみると次のようになりますが、続きはエコノミスト紙をお読みください。

・「グローバルタックス」が注目を浴びてきているが、背景として、とくに多国籍企業のタックスヘイブンを利用した租税回避行為も明白となった今日、「新たな課税対象として、国境を超える経済活動に着目されるようになった」からだ。

・各国政府は1980年代から、課税の重点を消費税や社会保険へシフトさせ、税制の累進性が弱まることで所得再分配機能が失われ、中間層没落の一因となっている。しかし、グローバル化した経済の下で一国だけで再分配を強化しても解決できず、グローバルタックスがここでも必要となってくる。

以下、省略。

【インフォメーション】
◎『貧困根絶!グローバル連帯税実現のため世論にアピールしたい!』プロジェクト
 https://readyfor.jp/projects/g-tax1968 (締切り:4月28日(金)23時まで)

◎研究会:「持続可能な開発目標(SDGs)とグローバル連帯税を考える」
 ・日時:5月7日(日)午後2時〜4時30分(午後1時30分開場)
 ・場所:東京医科歯科大学・M&Dタワー24Fセミナー室
      ・キャンパスマップ: http://www.tmd.ac.jp/outline/campus-map/ 
 ・講師:稲場 雅紀(一社 SDGs市民社会ネットワーク代表理事)
     金子 文夫(横浜市立大学名誉教授)
 ・申込み:「研究会参加希望」とお書きのうえ、Eメールで申込みを。
      Eメール:info@isl-forum.jp 
 ※詳細は、http://isl-forum.jp/archives/1769 を参照。 

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 17:32| Comment(2) | 国際連帯税の推進