2017年05月27日

ナイロビ生活vol.16 "特別編4"

皆さま、こんにちは。白石です。

前回のブログナイロビ生活vol15はこちらから
ナイロビ生活vol.15 "特別編3"

少し語らせてください。

===

「初めの炎」常に自分の行先を灯してくれるもの、いつでも心を温めてくれるもの。
社会学者の見田宗介先生が、社会学入門―人間と社会の未来 (岩波新書) で、「社会学とはなにか」を論じているときに出てくる言葉です。先生にとっての「初めの炎」は「人はどうしたら幸せを感じるのか」(記憶が曖昧ですが)だったと思います。それを追い求める道筋には学問という壁があったと、「ここから先は経済学の領域だから」と立ち入り禁止の札が立っていたと。しかし、「初めの炎」が導かれるままに歩いていたら、いつのまにか、いくつもの立ち入り禁止区域を通り抜けていた。そう書いています。

いつかのブログに書きましたが、私の「初めの炎」は「人の幸せとはなにか、どうすれば幸せになるのか」です。その理由について「ケニアでボランティアをした時に感じた」と言っていました。しかし、訂正します。「どうすれば幸せになるのか」この問に対して答はないのだ、と感じた時でした。

父は葬儀屋をやっていました。今では廃業寸前だと聞いています。生きることと死んでいること、は身近にありました。「お金を稼げない変な仕事をしている」なんて考えていた時期もありました。今では素敵な仕事だと感じています。

だから、自分ができることなら、より多くの人を助けたい。そう考えるようになったのだと思います。特に意識していませんでしたが、奥底にはそんな考えが芽生えていたのだと。

両親は家庭内別居といったらいいのか、あまり仲が良くはなく言葉を交わすこともあまりありません。

少し喋りすぎました。話を戻します。

「人の幸せとは何か、どうすれば幸せになるか」この問題に対して私は、人生をかけて考えて行こうと思っています。見田先生とは違い、学者としてではなく、実際に「人を幸せに」していきたいと思っています。それがどんな道を辿っていても、「初めの炎」が指し示しているのであれば、それが正しい。そう考えています。

まだまだ何もない私には「やります!」としか言えず「これをこうして、そうして」と具体的に語れませんでした。

また言葉に出来そうになったときに、書き記したいと思います。

===

残念なことに、経験はお金では買えません。旅行に行けば、何か行動すれば、確かにそう思うかもしれません。ただ経験は心の動きで、身体の動きではありません。感動したり笑い転げたり、美しい歌を聴いたり、それが経験であり、人を成長させます。幸せはそこらじゅうにあって、それを感じ取れるか、感じ取れないか。経験は、幸せを感じ取る力を育む。これがわたしの結論です。

そんな貴重な経験が、ケニアでたくさん出来ています。

しらいし
posted by resultsjp at 02:40| Comment(1) | 情報

2017年05月26日

釜石生活64 〜方言考〜

一般的に、東北の方言は強いという印象があります。
実際、年輩のネイティブの方同士の会話は、釜石在住7か月ほどの私には聞き取れないことが度々あります。

先日、仮設住宅にお住いのひとり暮らしの方などに、毎日お声掛けされている支援員の若者とお話しする機会がありました。見かけは、つけまつげに濃いアイラインで、いわゆる”今どきの若者”なのですが、支援員として気を付けていることについて、彼女はこんなことを言われたのです。
「浜言葉」のおじいさんには少々荒く早口な「浜言葉」で話し、遠野に近い橋野方面では「遠野弁」交じりで対応するし、鵜住居あたりは、大槌・山田・宮古などの「北前弁」を使ったりしている、と。すごいホスピタリティです…
それで、彼女があるおじいさんから言われて励みになったのは、「(この部分を浜言葉で再現できなくて残念です)あなたと話していると、津波で流された連れ合いが生き返ったみたいに思う」という言葉だそうです。

方言というのは、その土地で生まれ、使われ、慈しまれ、継承されていくもので、だから温かく、懐かしく、そして切ないのでしょう。

岩手県出身の歌人 石川啄木の「ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく」という短歌はあまりにも有名ですが、この歌の中の方言にまつわる切ない気持ちも、毎日岩手県の方言を聞いて暮らしているからこそ、しみじみと分かるようになってきたこの頃です。(鈴木)

posted by resultsjp at 18:18| Comment(2) | 東北復興支援

美味しいパン-A

先月に続いて本日も美味しいパンの差入れを有限会社トータルマーケティングプリンティングの田島さんからいただきました。川口市内、蕨市内で店舗展開をされているDaisyというパン屋さんです。本日のお昼に職員一同で美味しくいただきました。私はピザパンをいただきました。夕方訪問された方にも召し上がっていただきましたが、感想はやはり「美味しい」でした。

IMG_0290.JPG

先月のブログはこちらから↓
http://resultsjp.sblo.jp/article/179394489.html
(か)


posted by resultsjp at 17:48| Comment(2) | 情報

ナイロビ生活vol.15 "特別編3"

皆さま、こんにちは。白石です。

前回のブログナイロビ生活vol14はこちらから
ナイロビ生活vol.14 "カンゲミ地区長と仲良くなろう編"

皆さま、どうお過ごしでしょうか。
ナイロビでは、今月末から選挙活動が解禁になりますます騒がしくなるらしいです。

日本では、明治製菓の人気スナック菓子「カール」が販売縮小、東日本からは完全撤退、西日本でも2種類以外廃止へ。という衝撃的なニュースがありましたね。ちなみに私は、チーズ味のスナック菓子がどうにも苦手で、うすしお味派です。

===

今回は特別編とさせてください。

もう数日で5月も終わります。
振り返ってみれば、5月は国際的なニュースがたくさんあった月でした。

- 5月4日 プエルトリコが破産申請 7兆8000億円超の債務 米自治体で最大 
[Huffington Post ]プエルトリコが破産申請 7兆8000億円の債務、アメリカ自治体で最大o-PUERTO-RICO-570.jpg

- 5月7日 【フランス大統領選】次期大統領にエマニュエル・マクロン氏、親EU派
[Huffington Post ]エマニュエル・マクロン氏勝利で、今後のフランスはどうなる?【フランス大統領選】
n-EMMANUEL-MACRON-large570.jpg


- 5月9日【韓国大統領選】野党候補、ムン・ジェイン(文在寅)氏が当選、9年ぶり革新系の政権誕生へ
[Huffington Post ]文在寅氏とはどんな人?当選確実と報じられる【韓国大統領選】
n-MOON-JAE-IN-large570.jpg

- 5月19日 ニューヨーク中心部で自動車暴走、1人死亡、22人けが、ISテロとは関係なし
[AFP通信]NYタイムズスクエアで車暴走、23人死傷 事故と当局
img_1aef57fe73a523fb697bd2feaf43c110129656.jpg

- 5月23日 アリアナ・グランテのコンサート会場でテロ、22人死亡、59人けが
[BBC News]10メートル近く吹き飛ばされ マンチェスター爆発Screen Shot 2017-05-26 at 9.42.32.png

[Huffington Post ]オアシスを魂の合唱「Don't Look Back in Anger」 マンチェスターの人々が英自爆テロの犠牲者を悼む
n-MANCHESTER-ST-ANN-large570.jpg

この映像は鳥肌がたちました。

世界中で、『 I ♡ Manchester 』のサインが掲げられています。

===

大きな変化が立て続けに起こった、そんな5月だった印象です。

次回はナイロビ生活vol.16 "特別編4"をお届けいたします。

しらいし

posted by resultsjp at 15:56| Comment(3) | 情報

トウモロコシの知恵 B

トウモロコシのすごさをもう少しだけ。
C4植物は光合成の際に、炭素を取り込む同位体の比率がC3植物と異なる。食用のC4植物は殆どトウモロコシだけだから、炭素同位体比を調べれば、トウモロコシ由来の成分比がすぐにわかる。肉を分析しても、飼料として吸収したトウモロコシの比率が判る。
卑近な例として、純米酒かどうかの判別法も同じ。醸造用アルコールはコーンスターチが主成分だから。
アメリカ人の肉体の組成分析をすると、半分以上がトウモロコシ由来だという人も少なくないらしい。コーンスターチを含有した食品は多いし、豚肉も牛肉も飼料の多くはトウモロコシだからそれも当然のことだろう。ハンバーガーも半分はトウモロコシ由来。トランプ大統領もレデイ・ガガも、その身体の半分はトウモロコシが現素材かも知れない。アメリカの食糧事情は、事実上トウモロコシが支えている。
その理由は、前ブログに書いたように、トウモロコシがC4植物で、光合成能力が高く、荒地や乾燥・酷暑にも強いから。そして、突然変異と品種改良の結果、収穫が容易で収量も高いから。
そう考えると、コメにトウモロコシと同じ変化を与えたいとの妄想に賛同してもらえるのではないか。コメの遺伝子改変の研究は世界で進んでおり、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の支援以外でも、C4光合成能力の導入の検討が進んでいるようだ。実現すれば、日本の食糧事情が一変する可能性がある。温暖化にも、乾燥化にも耐性が高くなる。
もっとも、そうなると、純米酒の判定法を新しく発明する必要がありそうですがね。
(中)
posted by resultsjp at 14:44| Comment(2) | 情報