2017年05月16日

釜石生活61 〜弁護士相談会〜

5月13日(土)、弁護士相談会を開催しました。
4月末に来釜していた(6月から日本リザルツ スタッフとなる)冨澤さんによる相談会看板を椅子の上に置きました。002.JPG

ダンボール箱を利用して作成してくれましたが、その手作りの温かさとかわいらしさで、入り口も明るくやわらかい雰囲気になりました。
001.JPG

今日のご相談は2件で、ご担当いただいたのは、「釜石ひまわり基金法律事務所」の、加藤静香先生の後任の多田創一先生でした。
ご相談内容はやはり、未成年の子どものいる夫婦の離婚に際してのことでした。
釜石でも、婚姻届の受理数:離婚届の受理数= 3:1 で、全国平均より若干高い数値となっています。
相談者ごとに、弁護士の先生とのお話しの後、レビューする時間を取りたいと思いつつ、次の相談者がいらっしゃって、レビューやフォローはできていませんでした。
今回は、その当日にはできませんでしたが、月曜日、火曜日でフォローアップができました。

離婚は人生の一大事で、初めて直面することですから、誰だって慌てますし、動揺します。
今回も、多田先生が回答された内容を60%くらいしか理解されていなかったり、確かに聞いてはいたのに、メモしておらず忘れておられたこともありました。こうしたレビューというかアフターケアというかフォローアップは必要だと実感しました。他の学習会へも、お誘いしていきたいと思います。(鈴木)

posted by resultsjp at 18:02| Comment(2) | 東北復興支援

靴の整理と箱詰め

ケニアの「スナノミ症」防止のために、全国の皆さんのご厚意で集まった使用済の靴は、何度か本ブログで紹介していますが、ボランテイアの方々のご協力も得て、サイズ毎に分類し、箱詰めをしました。
その数、段ボールにして100個。靴の数量として3,250足。大きな部屋の半分を占めています。IMG_20170516_140430 - コピー.jpg
(中)
posted by resultsjp at 14:28| Comment(2) | 情報