2017年06月23日

ナイロビ生活vol23 "School Health準備編"

皆さま、こんにちは。白石です。

前回のブログナイロビ生活vol22はこちら
ナイロビ生活vol22 "今後の予定編"

===

来週から、「School Health(学校保健)-CHVをカンゲミ地域内の学校に派遣し結核啓発活動を行う企画」が始まります。

本日(6/22)、最終打ち合わせしました。

DC72RxBWAAAFBzO.jpg

DC7Ls80XoAILkY7.jpg

DC72SXGXsAAbvd-.jpg

カンゲミ地区内にある12つ小学校で「結核啓発活動」を行います。合計で1200人の子どもたちに会うことができます。

===

当日は、速報でブログをアップしますね。楽しみにしていてください。

しらいし
posted by resultsjp at 00:46| Comment(0) | 情報

2017年06月22日

高校生訪問@

本日、神奈川県茅ケ崎市にあるアレセイア湘南高等学校の2年生4名(男女各2名)が、リザルツの事務所を訪れた。
同校ではグローバル教育に焦点をあてた新たな教育プログラムに取り組み、高校2年生ではNGO・国際機関への
訪問研修を通し、訪問先の現場を知り、問題意識を持ち、視野を広げることを目指しているとのこと。事前に来訪目的、質問事項を聞いていたが、高校生にどのような説明をしたらよいか、少し考えた。事務所内で各担当者と相談し、配布する資料を揃え、約1時間の説明の段取りを整え、高校生の方たちを出迎えた。少しでも
リラックスしてもらう意味もあり、説明場所の会議室に入るところから、趣向をこらしたつもりだ。詳しくは
各担当者の続編をご覧ください。私の担当したのは、リザルツの業務概要を簡単に説明した後、ケニア・ナイ
ロビ市内のスラム居住区で実施している、結核予防・啓発活動について、CHVの活動、スラムの罹患率が高い
理由等を含め話をした。高校生からは、事業を行う上での問題や悩み、事業規模更に団体に入った理由などの質問があった。こちらからの説明、質問に対する回答が、どの程度理解されたか心配な面もあったが、それより学校の学習プログラムの一環とは言え、国際貢献、国際協力に関心を持ち、弱者と呼ばれる人たちの存在を、知ってもらえるだけでも、有意義な機会であったと思う。

局チョー

posted by resultsjp at 18:52| Comment(1) | 情報

ケニア大使館・エチオピア航空様への感謝状贈呈式-2

表彰式ではインターンの春日さんも準備をはじめ花束贈呈に大活躍しました。
花束贈呈の大役を任された春日さんは式が始まる直前に、花束の置き場所や花束を取りに行く頃合いを確認し、臨機応変に対応してくれました。ケニアのマイナ駐日大使にはケニアの国花である蘭の花束を、エチオピア航空のイエルガ氏にはエチオピアの国花であるカラーの花束を贈呈しました。

IMG_2192.JPG

IMG_2209.JPG

IMG_2213.JPG

大変頼もしいインターンさんです。(か)
posted by resultsjp at 18:27| Comment(1) | 情報

釜石生活72 〜多田自然農場〜

6月21日、所用で、釜石の事業をボランティアでお手伝いいただいている木下美喜夫さんにご同行いただき、釜石市から電車、車とも1時間程度内陸に移動したところにある遠野市に行って参りました。
用件は1時間ほどで済んだので、せっかく遠野市まで行ったので、日本リザルツの多田克彦理事が経営される「多田自然農場」を訪問してきました。
13686761_873231449447483_7500384850198543811_n.jpg

突然伺ったので、多田克彦理事はご出張中でお会いできませんでしたが、スタッフの方々がとても暖かく迎えてくださいました。
ちょっとご挨拶を、と思っただけでしたが、釜石の活動について質問してくださったので、先日の釜石新聞記事などもお渡しして、親子交流会で貸切バスで出かけたりもしていることをお話しすると、チーズケーキ工場見学で子どもたちの受入れも可能な旨おっしゃっていただきました。ありがたいことです。

作業場では、ほうれん草を束ねる作業をされてる方の手元のほうれん草の緑がきれいで、見入っていると、農薬は使わず、肥料も自然界に存在する有機肥料のみで作るナチュラルほうれん草であることを教えていただきました。
ほうれん草のハウスには、1枚1枚の葉っぱが立派なほうれん草が収穫を待っていました。
13177205_831162340321061_6279761494182186870_n.jpg

いつも、白須から「遠野の道の駅のジェラートは世界一おいしい」と聞いていましたし、私もプリンやロールケーキをいただいたことがあり、「多田の乳製品やスウィーツ」のおいしさは存じておりましたが、農場を訪れてみて、きっと「多田野菜」のファンも多いに違いないと確信いたしました。
いつか、釜石の子どもたちを連れて「多田農場の“よいものをつくる”ことへのこだわり」を見学に行かせていただきたいと思いました。(鈴木)
posted by resultsjp at 18:18| Comment(2) | 東北復興支援

高校生が日本リザルツを訪問4

高校生たちへの説明、質疑応答が終わり、彼らが帰る直前に最初にお渡しした資料の追加として、We ハート(トランプ) Tシャツをプリントしたシールをお渡しし、玄関までボランティアさんを含め、全員でお見送りをしました。

IMG_0364.JPG

IMG_1458.JPG

高校生へNGOの活動を説明する貴重な機会でした。こういう訪問は大歓迎です。(か)
posted by resultsjp at 17:27| Comment(1) | 情報