2017年06月13日

清田明宏UNRWA保健局長の記事が毎日新聞に!

日本リザルツは国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のキャンペーン事務局をしています。
6月11日付の毎日新聞朝刊に清田明宏保健局長の寄稿が掲載されています。

清田先生記事.png

記事によると、食生活が偏る難民キャンプ生活によって、パレスチナ難民の生活習慣病が増えているそうです。
UNRWAの保健部門のトップ、清田保健局長を中心に日本の知見を利用して、パレスチナ難民の栄養改善をはかる動きが出てきています。

筆上手の清田保健局長。
ご自身が執筆された著書が表彰されて、安倍昭恵首相夫人に表敬した経験もお持ちです。
こちらがその著書です。

2015-07-152020.25.57-thumbnail2-thumbnail2.jpg

安倍昭恵首相夫人にお会いした様子はこちらを参照。

IMG_0588-b86bb-thumbnail2.jpg

http://resultsjp.sblo.jp/article/177579115.html

清田保健局長の取り組みをはじめ、日本の経験と知見がUNRWAのプロジェクトに活かされることで、1人でも多くのパレスチナ難民の方が笑顔で健やかな生活がおくれるといいですね。
(はるか)

posted by resultsjp at 22:18| Comment(3) | 情報

東北の熱気

昨日は、津波募金をしました。
ここ最近は、少し暑さがやわらぎまして、過ごしやすいですね。

20170612.JPG

その前の、10日・11日には、仙台にて東北絆祭りが開催されました。
2011年から7回目で、昨年で東北6県での開催を終わり、また仙台に戻ってきたそうです。
今日の少し肌寒い都内に、祭りの熱気が恋しくなりました。
(大川)
posted by resultsjp at 18:13| Comment(2) | つなみ募金

ケニア渡航前の予防接種

8月から日本リザルツが実施予定の第2次結核プロジェクト(ケニア)を担当することになります。昨日は、渡航前の予防接種のため、国立国際医療研究センタートラベルクリニックに伺いました。国際保健規定により、渡航国によってはワクチン接種証明書が求められる黄熱病、発症後の致死率の高い狂犬病、世界中で100万人が感染している破傷風、そして、飲食物が感染経路となるA型肝炎のワクチンを、専門医と相談の上、接種することにしました。また、ケニアの首都ナイロビでは、マラリア感染者数が少なくなっており、経口のマラリア予防薬は必要ないだろうとのお話を聞き、少し安心しました。円滑なプロジェクト運営ができるよう、予防接種も含めて自分自身の健康管理をしっかりと行いたいと思います。(トミー)
posted by resultsjp at 14:55| Comment(3) | 情報