2017年07月21日

釜石生活80 〜弁護士相談会〜

7月15日(土)14時から「弁護士相談会」を実施いたしました。
前回の5月から、多田創一弁護士にご担当いただいています。
先日、復興釜石新聞に多田先生の記事が出ていました。
IMAG1439-1.jpg
相談者の方からも「あ、先生、新聞見ました」と声をかけられていました。

平成29年度(4月〜平成30年3月)中に、奇数月に弁護士相談を5回、偶数月に臨床心理士相談を5回行います。時には相談者が少ない月もありますが、利用者からは「こういうの、本当にありがたいです」とおっしゃっていただいています。
定期的に開催していくことを続けていきたいと思います。(鈴木)

posted by resultsjp at 18:05| Comment(2) | 東北復興支援

電通さんの靴とかばんがエスンバの子どもたちに

日本リザルツの白須と長坂は国会議員の先生方、イボンヌ・チャカチャカさんらとともに、ケニアを訪問し、エスンバ村でスナノミ症抑止に向けたキャンペーンを行いました。

その際、電通さんが届けてくださった運動靴と、手さげかばんをエスンバの子どもたちに届けてきました。
可愛い子どもたちの写真とともにお伝え致します。

IMG_2676.JPG
IMG_2677.JPG
IMG_3644.JPG
IMG_3651.JPG
IMG_3654.JPG

貧しく、靴もかばんも買えないエスンバの子どもたち。特に、新しい手さげかばんは大人気でした。
日本リザルツの活動にご協力くださった電通さん、本当に有難うございました。
(はるか)
posted by resultsjp at 09:35| Comment(4) | 情報

ワシントン到着

リザルツ国際会議が開催されるワシントンに無事に到着しました。
現地で白須代表にも会えて一安心。

私にとってアメリカ渡航は今回が初めてです。
ワシントンDCの街並みの第一印象としては
とにかく大きくて白い建物と人慣れしたリスが多いということです。
日本に帰国するまでにもっと知りたいと思います。

明日からの会議はいよいよ本格的なものになるようなので、
少しでも多くの知識と経験を得られるように気を引き締めていきます。

(もすが)
posted by resultsjp at 09:28| Comment(4) | 情報

2017年07月20日

ガザ支援アドボカシーペーパー作成

日本リザルツに来て早3週間。
ガザ支援のアドボカシーペーパーを作成することになりました。
今回はUNRWAが取り組んでいるガザの支援のアピールです。
2012年のレポートでは、紛争により家やインフラなどが壊滅状態となり、ガザは住める場所なのかと疑問視されていましたが、2017年に報告されたレポートでは見事に人口増加に成功し、未来が明るいものとなってきたということです。その一方で、急速な人口増加にインフラや医療などが追いついていないとのことで、その面での支援が必要だそうです。日本リザルツも2016年度に日本からの支援として、ガザ地区4カ所の診療所にリハビリ器具・運動器具を設置させて頂きました。

資料を読み込んでの作成なので依然のものよりもハードルが高いです。
良いものができるようがんばります。

(まー)
posted by resultsjp at 13:44| Comment(3) | 情報

日本リザルツ新聞10号の編集会議

日本リザルツ新聞10号を担当することになり、昨日は担当者間の打合せを行いました。改めて日本リザルツの4月から7月までの活動記録を見直してみると、様々なイベントや活動が目白押しです。

4月は、2016年世界栄養報告セミナー開催、世界銀行春季セミナーへの参加、熊本・釜石・ガザなど被さい地を結ぶくまモン塗り絵展覧会。

5月は、IFNAパートナーシップ会議でのNGO代表スピーチ。

6月は、スナノミ症キャンペーンのため約2500足の運動靴をケニアに輸送したこと、輸送にご協力頂いたケニア大使館・エチオピア航空への感謝状贈呈式。

7月は、第2次ケニア結核プロジェクトの準備(LAMP法講習会、結核ワクチンの勉強会)、世界トイレ大革命の準備、そして、ケニアでのスナノミ症キャンペーン。

また、10月にはGGG+フォーラム開催も控えております。

リザルツの活動を皆様に知って頂くために、どのような新聞にしたらよいか知恵を絞っているところです。 (トミー)
posted by resultsjp at 09:22| Comment(2) | 情報