2017年07月03日

ユニセフ東京事務所の木村所長のご講義

本日、ユニセフ東京事務所の木村泰政所長に日本リザルツまでお越しいただき、水と衛生についての貴重なご講義を頂きました。世界では3人に1人がトイレのない環境で暮らしており、1日に800人以上の乳幼児が下痢性疾患で亡くなっているそうです。さらに、思春期の女性の場合、トイレがないために学校を中退、退学するなど、健康的、文化的生活の営みにも支障をきたしているとのことでした。途上国でのトイレ事業は、ただトイレを設置するという単純な問題ではなく、水、衛生管理、手洗い、下水処理など様々な課題が密接に関連しています。そして、野外排泄からの行動変容には、トイレを身近に感じてもらうためのキャンペーン活動も必要です。さらに、効果的な水・衛生管理、低価格で革新的なイノベーション、平均値では埋もれてしまう最貧困層の方々に焦点を当てる等の様々な戦略とともに、継続的な支援が必要になるとのことでした。日本リザルツでは、ご著名な方々からご講義いただける機会が多く、本当に勉強の日々です。木村所長、貴重なご講義、ありがとうございました。(トミー)

IMG_1535.JPG
IMG_1561.JPG
IMG_1938-6d980.JPGwateraidトイレの長坂嬢.jpg
posted by resultsjp at 16:46| Comment(4) | 情報

参議院議員・秋野公造先生からのご講義

先週、栄研化学株式会社にて開催された、参議院議員秋野公造先生のご講演に参加しました。ピロリ菌に関する検査や治療が、胃がん検診や保険適用などの政策決定に反映されるまでの流れ、透析や糖尿病治療を必要とする患者様の足病の重症化予防、スナノミ症について等、様々なテーマでお話しいただきました。秋野先生は、医師として臨床や研究に従事した後、厚生労働省でのご経験を得て、参議院議員としてご活躍されています。そのため、困っている患者様の思いを踏まえた上で、科学的視点により医療保健政策についてご説明して下さりました。やはり、医療、研究、そして、政策へのご造詣が深い先生のご講義は興味深く、時間もあっという間に過ぎていきました。日本リザルツが取り組んでいるケニア共和国のスナノミ症解明に向けてもご協力してくださるとのこと、本当に心強く思いました。秋野公造先生、貴重なご講義、本当にありがとうございました。(トミー)


IMG_1511.JPG
posted by resultsjp at 13:57| Comment(4) | 情報