2017年07月05日

結核予防‐LAMP法研修

こんにちは、

7月1日からお世話になっております。
ケニア担当の小川です。

7月4日に久保内事務局長とケニア担当の2人(8月から)で、栃木県の野崎にある栄研化学を訪問しLAMP法研修を受けてきました。

LAMP法(Loop-mediated isothermal amplificaion) はWHOが推奨する大変優れた結核迅速診断キットです。

研修を受ける前はどのようなものか想像できませんでした。私はラボ人で、まさかここで自分のスキルが活かせるとは思ってもいませんでした。
結核菌はバイオセーフティーレベル(BSL)3ですが、スーパーなどで簡単に手に入るマスク、手袋、ブリーチ剤と本検出キットがあれば、基本、事足りると思います。
また簡易で検出レベルも高感度です。
そして、一連の操作は1時間弱で、初期に菌を溶解するので安全に検出できます。

トレーニングを3回繰り返して受けましたが、私に比べて、そうでない方のほうが優れた結果を出していました。未経験者でもすぐに使いこなすことができる優れた診断キットだということを実感しました。

トレーニング中、大変、ご丁寧にご指導くださいました栄研化学には大変感謝しております。

ケニアでの結核診断方法普及に意欲が湧いてきました。

(まー)
posted by resultsjp at 16:23| Comment(4) | 情報

ユニセフ東京事務所長:トイレ大革命に向け講義

先日、ユニセフ東京事務所長の木村泰政さんが、日本リザルツの事務所にいらっしゃって、世界のトイレ問題に関して、ご講義していただきました。
私たち日本人にとってトイレはありふれたもので、トイレがなくて困ることが実感できなかったり、あまり関心がなかったりするかと思います。
しかし、トイレがないことで起こる問題も世界には多く、衛生的にも、教育的にも影響があります。
インドでは、トイレの問題を国民に、特に若者に知らせるために、ウンコちゃんのキャラを作り、アニメを流したり、街頭でイベントを行ったりしていました。とても面白い取り組みで、映像を見ていて笑ってしまいました。しかし、その点が、人に知ってもらったりアクションを起こしてもらったりする時に、大事な点だと思いました。
今まで知らなかった内容で、とても勉強になりました。ありがとうございます!
(大川)
posted by resultsjp at 12:17| Comment(5) | 情報