2017年07月09日

【EU FTTアップデート@】マクロン仏大統領、今夏のEU FTT最終合意へコミット表明するも、「二枚舌」?

                マクロン.png

欧州FTT(金融取引税)問題が浮上してきている。欧州10カ国によるFTT導入計画は停滞しているが、英離脱後のEU予算の資金としての議論がはじまり、また気候変動など地球規模課題の資金としてもその必要性が語られている(FTTの国際連帯税的な要素)。こうしたEUの動向について、津田久美子氏(北海道大学大学院 法学研究科 博士後期課程)に最新情報について、ならびにその評価について「EU FTTアップデート」という形で報告していただく。
(田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)

先月6月6日、マクロン大統領とフランスのNGOsは会合を持った。そこでマクロン大統領は、FTT(金融取引税)を気候変動への取り組みの一つと位置付け、今夏中にEU FTTの最終合意を取り付けることにコミットした。これは、パリ協定からアメリカが離脱することを受け、気候変動への取り組みの重要性を説き、"Make our planet great again" と表明したマクロン大統領へ、NGOsが具体的なコミットメントを要請したことを受けてのことであった。

市民社会は、かつて銀行家でもあったマクロンのFTTへのコミットを高く評価した。しかしながら、同月22-23日に開催された欧州理事会(EUサミット)で、マクロンは、イギリスのEU離脱スケジュールが確定しないかぎり、EU FTTの交渉を進めることは難しい、といった趣旨の発言をしたと報道された。明らかに「今夏中」のコミットとは矛盾しているのである。

マクロンや仏政権の本心はまだわからない。おそらくは、来週の11日に開催されるEU財務相会合(ECOFIN)にて明らかになる見込みだ。同会合の前には、10カ国のEU FTT検討グループが集まることが予定されている。

なぜマクロンは、英離脱(Brexit)との兼ね合いでFTTを捉えているのか。それには、二つの「ポストBrexit」問題なるものが背景にある。一つは、Brexit後の「ネクスト・シティ」問題。EU最大の金融街であったシティ・オブ・ロンドンの地位をめぐって、パリ、フランクフルト、ダブリン、ルクセンブルクなどが誘致合戦を繰り広げている。これに伴い、フランスとドイツでは、「ネクスト・シティ」になれるチャンスにあってFTTは邪魔だ、と熾烈なロビー活動が展開されている。つまりマクロンは、こうした銀行家たちの方に耳を貸したのかもしれない。そこでフランスNGOsは、SNSなどを通じてマクロン大統領に「二枚舌」をやめるよう呼びかけている(画像参照)。

もう一つの「ポストBrexit」問題は、EU財政・予算問題。その詳細は、続編「EU FTTをめぐる近日の動向A」にて。

参考:
Oxfam France, ≪ Climat: Emmanuel Macron s'engage a conclure la TTF d’ici cet ete, Oxfam demande un calendrier de mise en ?uvre ≫ 06/06/2017.
https://www.oxfamfrance.org/communique-presse/taxe-sur-transactions-financieres/climat-emmanuel-macron-sengage-conclure-ttf-dici

Le Monde, ≪ Climat : l’Elysee promet une feuille de route d’ici fin juin ≫ 06/06/2017.
http://www.lemonde.fr/climat/article/2017/06/06/transition-ecologique-le-gouvernement-va-ouvrir-un-site-internet-pour-attirer-les-chercheurs_5139658_1652612.html

Robin Hood Tax, "Macron Calls for European Robin Hood Tax by Summer" 22/06/2017.
https://www.robinhoodtax.org.uk/macron-calls-european-robin-hood-tax-summer

L'Echo, ≪ La "taxe Tobin" mise au frigo ≫ 23/06/2017.
http://www.lecho.be/economie-politique/europe-economie/La-taxe-Tobin-mise-au-frigo/9907431?ckc=1&ts=1499215786

Le Monde, ≪ Taxe sur les transactions financieres : ≪ Emmanuel Macron doit cesser son double discours ≫ ≫ 28/06/2017.
http://www.lemonde.fr/idees/article/2017/06/28/taxe-sur-les-transactions-financieres-emmanuel-macron-doit-cesser-son-double-discours_5152557_3232.html
posted by resultsjp at 23:55| Comment(4) | 国際連帯税の推進

G20が開幕

7月7日〜8日にかけて、2017年G20ハンブルク・サミット(金融・世界経済に関する首脳会合)が開かれ、日本からは安倍晋三内閣総理大臣が出席しました。

07summit01.jpg

今回のG20は、日本リザルツが力を入れる国際保健分野に関しても大成果がありました。
骨子は以下の通りです。

1.保健システムを世界的に強化するための協調的行動を推進。ユニバーサル・ヘルス・カバレッジが2030アジェンダの目標の一つであることを想起。
2.中心的な役割を果たすWHOの改革を奨励。迅速な資金調達メカニズム等の財政的支援を提唱。
3.薬剤耐性について,ワン・ヘルス・アプローチに基づく国別行動計画を実施。
4.抗微生物剤と結核抑止に向けて研究開発のための新たな『国際的連携ハブ』の設立を要請。


なんと、薬剤耐性問題に関する記述が重要項目の1つとして明記されたのです。しかも、具体的に結核の抑止に向けた研究開発を進めることが明記されています。
日本リザルツが力を入れる結核分野において、大きな進捗です!

実は、G20に向けて、日本リザルツをはじめとした全世界のリザルツ関係者は、骨子に「薬剤耐性」に関する記述を入れるべく、電話会議を重ねるなど協議を続けてきました。日本リザルツもG20のシェルパや関係各省庁に働きかけを行うなど地道な努力をしてきました。
各国のメンバーの働きかけが形になり、本当に嬉しく思います。

G20をきっかけに薬剤耐性問題、多剤耐性結核に関する取り組みがより良い方向に進んでいくことを期待しています。

ニュースを詳しく知りたい方はこちらの外務省のホームページを参照ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/ep/page4_003096.html
(はるか)

posted by resultsjp at 12:36| Comment(4) | 情報

アドボカシーペーパー勉強会

5日(水)、スーパークリエイターの池田紀子先生をお招きし、アドボカシーペーパーの勉強会が行われました。
アドボカシーペーパーは、相手に分かりやすく政策提言を伝えるために重要です。
池田先生からは、遊び心を持って、楽しく作ることや、世の中は刻一刻と変化しているため素早く作ること、そして、誤字脱字やフォントの大きさの統一など、仕上げが大切であることを教えていただきました。

講義のあとは実際にアドボカシーペーパーをみんなで作成しました。
池田先生、楽しい講義をありがとうございました。
(はるか)
IMG_1958.JPGIMG_1959.JPGIMG_1961.JPGIMG_1962-3c67b.JPG
posted by resultsjp at 10:27| Comment(5) | 情報