2017年07月10日

結核ワクチン開発

本日、医薬基盤・健康・栄養研究所の保富康宏先生をお招きし、結核ワクチンの研究開発について、
レクチャーしていただいた。非常に分かり易い説明であり、一部には説明がイラスト的なイメージ
画像に思える内容も有り、初めてのことでも割と理解出来そうであった。世界三大感染症といわれる
マラリア、HIV/AIDSそして結核の内、ワクチン以外に予防手段がないのが結核だそうだ。ただこの
結核菌曲者で、感染はしても直ぐには表に出ない(発症)、じっと内部に潜んでいるらしい。BCGの
開発でも結核菌の反応が遅いため、完成まで13年を要したらしい。昨今多剤耐性結核菌が問題となり、
更に完治までの期間が長くなった。ワクチン開発に携わる保富先生の大変さを改めて感じた。
普段はおとなしそうな、しかし世界の結核発症数、死亡者数の元凶の恐ろしさを知らしめ、予防・啓発
活動の必要性を新たにした。

局チョー
posted by resultsjp at 20:45| Comment(4) | 情報

医薬基盤・健康・栄養研究所 保富先生のご訪問

本日、医薬基盤・健康・栄養研究所の保富康宏先生が日本リザルツをご訪問されました。
結核ワクチンについて講義をしていただきました。
ワクチンの基本的なことから、研究の詳細な部分までお話ししていただき、大変勉強になりました。

世界の75%の人が結核に感染しており、その後発症するかは不明で、それがワクチン開発を難しくさせて
いるそうです。
また、全世界で薬剤耐性結核菌が発見されており、患者さんの治療が長期化しているそうです。

今回の講義内容がケニア現地で活かすことができると良いです。
(まー)
posted by resultsjp at 15:13| Comment(3) | 情報