2017年08月02日

釜石生活83 〜釜石市の花 はまゆり〜

「青葉通り こどもの相談室」が入っている青葉ビルのラウンジには、テーブルと椅子がいくつか置いてあり、子どもたちが学校帰りに宿題をしていたり、手芸のお好きなグループがかわいらしい作品を作っておられたり、ちょっとしたミーティングをされていたり、いつも盛況です。
そのテーブルでよく書き物をされたり、本を読まれたりしている70代の男性に「はまゆり見たことある?」と聞かれました。
「本物は見たことないんです」と答えると、「偽物はあるの?偽物ってなんだ!?」とおっしゃるので、相談室の窓辺に飾っているリボンフラワーのはまゆりをお見せして、これまでのリザルツのはまゆりにまつわる活動を簡単にお話ししました。

2013年9月には「はまゆりサミット」を開催し、釜石の皆さまと「本当の豊かさをともに考え」ました。
P9140065[1].jpg

2014年8月には、みんなで作った1,200本のリボンフラワーを飾り「はまゆり追悼の集い」を開催しました。その翌日には、はまゆりに囲まれたイボンヌ・チャカチャカさんの写真を渋谷のスクランブル交差点のビジョンに映し出しました。
イボンヌさんはGAVIチャンピオンですが、熱心に東北の応援もしてくださいます。何度も釜石の仮設住宅を訪れ、はまゆりリボンフラワーも作られました。
IMG_6230[1].jpg

IMG_6609-47a2d-thumbnail2[1].jpg

釜石市の花、はまゆりにまつわる様々な活動に、冒頭の男性は大変感心されていました。
そして、はまゆりは7月中が見頃であったらしいこと、自生しているのを見られるのはおそらく1か所だけだろうということ、岸壁なので釣り船から見るのがよいことなどを教えてくださいました。
P1010022-bb7c3[1].jpg

こんな風な岩場にひっそりと、でも力強く気高く咲くはまゆりは、釜石の人を表わしているようだと感じました。(鈴木)
posted by resultsjp at 13:21| Comment(4) | 東北復興支援