2017年09月09日

UNUBOREZU: It pays to be humble

By ABUTA OGETO

In AIUEO, U stands for“Unuborezu” Do not be big headed.

Big headed people think they know everything. That is not right. In fact, they may not be knowing anything at all. It is not right to be a big headed person. Being humble is a very good trait of successful people. they do what is right.
humble.jpg
However, as is nature, sometimes things go wrong. You may fail to accomplish your tasks as required. In that light, therefore, it is very important to apologize. This is a good sign of someone who is ready to accept mistake, and promise not to do it again.

While in all its worth, I recall that when I joined Results Japan, that was one of the most important lessons I was taught.

With that hindsight, I encourage all my colleagues to always observe the principle of "UNUBOREZU".
posted by resultsjp at 14:20| Comment(3) | 情報

TENSION RISES BETWEEN PROGRESSIVES AND CONSERVATIVES IN KENYA'S PRESIDENTIAL REPEAT ELECTION

By ABUTA OGETO

Kenya’s 2017 polls will be remembered as the election of minor gains and confounding contradictions.

In the run up to polling, public discontent appeared to have been largely driven by the unprecedented sophistication in graft and tribalism in the President Uhuru Kenyatta’s government.

But both Kenyatta and opposition candidate Raila Odinga demonstrated a weak commitment to tackling corruption. In fact, neither of them articulated a bold agenda to roll back graft.Uhuru and Raila.jpg

As the grand finale of a dynastic struggle between the Odinga and Kenyatta families, both candidates boldly manipulated the ethnic formula while their supporters once again demonstrated a stubborn fixation with traditional voting patterns. This is reflected in the results from the presidential candidates’ ethnic strongholds.

Despite these failings, the Kenyan people handed Kenyatta a comfortable second term.

On top of this, some of the blunders and disturbing trends witnessed in previous elections were repeated. These included social media hate speech; a high-profile murder; poor communication from the electoral commission when it came to relaying results; inadequate voter education; and inflammatory statements by leading figures when provisional election results were released.

Mixed results

At the national level, Kenyans seem to have repeated a monotonous script that suggests a resistance to learning from past mistakes.

Ultimately, there could only be one winner between the two presidential choices. President Kenyatta was poised to clinch a second term for obvious reasons. He is highly personable and seems to enjoy strong political chemistry with his supporters. He also boasts strong social media credentials – he skipped this year’s presidential debate, opting instead to directly engage his supporters on Facebook.

With the incumbency in his favour, he campaigned on the platform of his first term track record and projected the confidence to finish the job.

Opposition Leader

Raila Odinga, Kenya’s veteran political stalwart, has a strong track record as a champion for political reforms, and is loved and disliked in equal measure. This is the fourth time he has vied for the presidency and lost even though questions persist over the disputed 2007 and 2013 election results.
police queling riots.jpg
Odinga lost the 2017 elections for two reasons. Some voters buckled under the weight of “Raila fatigue” and accompanying disillusionment. Both can be partly attributed to the fact that he has lost at every shot he’s made at the presidency.

Odinga missed the opportunity to exit the political stage at the apex of his political calling.

Granted, several other issues worked against him such as a weak internal party democracy, allegations of corruption and a disorganised campaign machine. That said, he should now consolidate his legacy by nurturing other leaders who are passionate about social reforms.

For their part, the elections provide the Kenyan people with yet another opportunity to demand more accountability from the leaders they have voted into power.
posted by resultsjp at 13:59| Comment(2) | 情報

カンゲミ会議とケニア保健省訪問

今日は次年度の事業が開始される前に、事業内容や日程について現地スタッフ及び各ユニットのCHVの代表と話し合った。スラムの入り口から会議場所のヘルセンターまでは、いつもと変わらない光景、騒音が伝わってきた。会議では次年度事業の概要を説明し、出席したCHVの代表にユニットに所属するCHVのとりまとめ、リーダーとして率先して仲間を引っ張って行ってほしい旨伝えた。彼女らに(4人の内3人が女性)自身の役割を良く理解してもらい、この1年間徐々に築き上げてきた連帯感を、更に堅固なものにしてもらえればと期待している。
午後からは先日お会いしたStop-TBのEvaline の紹介で、ケニア保健省の結核・ハンセン病・肺疾患対策部門のofficer, Mr.Jeremiah Oldatir を訪問した。リザルツが次年度でカンゲミ・ヘルスセンターの建替えや栄研化学さんの結核菌診断法(Lamp法)機器類の導入などについて説明した。Lamp法については今後他地域にも設置し、将来的にはケニア全体に普及されるよう希望していると伝えた。今後同機器類の導入手続きなどについて、助言や協力をしてくれるとの言葉に励まされた会談であったと思う。

P1010104.JPG
訪問した保健省officerの部屋の前で、Stop-TBのEvaline さんと

局チョー
posted by resultsjp at 02:28| Comment(3) | 情報

18年度税制改正要望での「出国税」と「航空券連帯税」

              キャプチャ飛行機.JPG

(1)国交省の18年度税制改正(新設)にいわゆる「出国税」を要望

先に外務省が18年度税制改正(新設)で引き続き「国際連帯(貢献)税」を要望したことをお知らせしましたが、国土交通省は『次世代の観光立国実現のための財源の検討』というきわめて漠然とした税制を要望しています(下記参照)。この財源ですが、マスコミでも報道されていますように、いわゆる「出国税」であることは間違いありません。

「出国税」とすれば、日本から飛行機や船舶で出国する人たちの運賃(航空券や船舶券)に税を課すことになります。飛行機ですと国際線を利用する人が税を払うことになりますが、この仕組みは航空券連帯税と同じです。

(2)国交省は航空券連帯税に反対していながら、出国税を要望するのはおかしくないか?

国交省は航空業界とともに、この間ずっと航空券連帯税に反対してきました。その理由は、「観光立国として頑張ろうとしているのに、航空券に税がかかると観光客が減少してしまう」というものでした。ところが、出国税もやはり航空券に税がかかることになりますので、本来なら反対となるはずですが。航空券連帯税だと観光客は減るが、出国税だと観光客は減らないとでもいうのでしょうか。まったくのご都合主義といえるでしょう。

(3)出国税は誰に課税するのか? 受益と負担の関係は?

この国交省の要望は、漠としていて具体的な税目も課税方法も税収もいっさい書かれていませんが、メディア報道等によれば、航空機や船で出国する旅行者をターゲットにした出国税を想定しています。

そこでまず課税対象の問題が起きますが、要望では「観光立国の受益者の負担による」と書かれています。しかし、「観光立国の受益者」とは誰なのか? よく分からない定義ですが、報道などを読むとどうやら訪日する外国人観光客のようです。したがって、課税対象は外国人観光客となります。

するといろいろな問題が起きます。ひとつは、出国日本人の扱いです。受益者定義からすれば、出国日本人は課税対象にはならないはずですが、@徴税システムが煩雑になる、AWTOサービス貿易に違反する、という問題が起きそうです。@例えば同じJALの飛行機に乗っても、税を払う人(外国人)と払わない人(日本人)が出てきますので、JAL側は分けて税務当局に報告・納入しなければなりません。また、AはWTO違反「運送サービスの越境取引での差別」の問題(注)につながってくると思います。したがって、外国(の政府や航空会社・旅行者)から相当反発されるのではないでしょうか。

(注)「サービスの貿易」とは何か 

実際、出国税のある香港やオーストラリアでは「課税対象:香港(オーストラリア)から出発する旅客」となっており、外国人と内国人を区別していません。

さらに、要望内容では「受益と負担の適正なあり方…を勘案しつつ」と言っていますが、次のようなフリーライダーが現われてきます。つまり、負担しないが受益する人たちです。国内の日本人旅行者や日本人相手の国内旅行業者、それと土産物屋やホテル業など観光地の地元、などです。

(4)観光資源だけでなく、グローバルな課題を包含した「出国税」を

国交省が出国税を要望するということは、これまで「航空券税のような税制は観光立国を目指すという政策に逆行する、観光客が減少する」と言ってきたことを翻した、ということを意味します。しかし。観光資源の財政のための出国税というだけでは、上記のような受益と負担問題もあり、きわめて課税根拠が弱いと言えます。

本来、出国税であろうが航空券連帯税であろうが、日本政府の課税権が及ばない(したがって、一般消費税が課せられない)国際線航空へ課税することになり、その行為は日本政府が超国家の肩代わりとして行うことになるという性格を持ちます。それ故に、税収も日本国内の政策の財源にするのではなく、超国家的(グローバルな)課題の財源にすべき、というのが「航空運賃への国際人道税」を提唱した金子宏・東京大学名誉教授でした(注)。

(注)「人道支援の税制創設を 国際運輸に定率で」(日本経済新聞) 

実際、グローバルな課題は、貧困・飢餓、感染症、テロや難民、気候変動等枚挙にいとまがなく、したがってその財源もいくらあってもありすぎることはありません(というか、圧倒的に不足している)。

以上から、出国税もグローバルな課題の財源とすることも内包しつつ(とくに航空網など国際交通の発達は感染症のパンデミック的拡大の危険性がありそれへの対処が求められている)、観光資源のための財源としても考慮する、ということも考えられるのではないでしょうか。これを一言でいえば、「国際貢献と日本文化・観光に関する出国税」の創出となりましょうか。


平成30年度税制改正要望(国土交通省)】

◎制度名:次世代の観光立国実現のための財源の検討 (新設)

◎要望の内容:
増加する観光需要に対して高次元で観光施策を実行するために必要となる国の財源の確保策について、受益と負担の適正なあり方や訪日旅行需要への影響を勘案しつつ、諸外国の取組も参考に検討を行う。

以下、省略

(報告:田中徹二・国際連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)

posted by resultsjp at 00:28| Comment(4) | 国際連帯税の推進