2017年09月17日

観光資源のためだけの出国税ではなく国際貢献と日本文化も加味する出国税を

                                      赤とんぼ.JPG

観光庁(国土交通省)は15日、国内の地方の観光施設整備などに使う財源を確保するための有識者検討委員会を開催しました。検討委員会には、次の3案が提示されたようです。「▽出入国者(出国税など)▽航空機利用者(航空旅客税など)▽宿泊施設の利用者(宿泊税など)」(毎日新聞)。が、観光庁側の意向としては、この間の観光庁長官発言にもあるように出国税にしたいようです。

が、問題のひとつとして、出国税を日本人からも徴収するのかどうかにあります。というのは、この税の受益者は訪日外国人観光客(以下、訪日客)であり、国際線利用の出国する日本人には恩恵が及びませんので、訪日客に対して課税するのが「受益と負担」の関係から言ってもっとも自然です。ところが、WTO・サービス貿易などでの「内外無差別原則」があるため、そのことは違反になってしまいます(つまり、出国日本人にも課税しなければならなくなります)。すると出国日本人に同税を理解してもらうことはやや厳しいと言わなければなりませんね。

ついでに、「受益と負担」の関係でいえば、訪日客ではないビジネス客も受益しないまま負担だけになってしまいます(数は圧倒的に少ないとはいえ)。

むしろ「宿泊税」や検討会では出ていないようですが「観光税」「駐車税」などの方がぴったり目的に適合すると思います。

このように「受益と負担」という観点から言えば、観光資源の財源確保のための出国税では課税根拠がやや弱いと言えます。従って、出国税の性格を、本来消費税が免税されているサービス(国際線利用)に税を課すということを勘案し、グローバルな課題に対処するための税として制度設計し直したらいかがでしょうか。つまり連帯税的要素を加えて、「国際貢献と日本文化・観光に関する出国税」(仮称)とすることです。

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)

posted by resultsjp at 22:10| Comment(4) | 国際連帯税の推進

「貧者の銀行」日本進出へ

注目記事を共有いたします。

【共同通信】
「貧者の銀行」日本進出へ
無担保融資で就労支援
https://this.kiji.is/281709639544226913

「貧者の銀行」グラミン銀行といえば、ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス氏が83年に創立した銀行で、マイクロクレジットと呼ばれる貧困層を対象に比較的低金利の無担保融資を主に農村部で行っていることで有名です。

日本リザルツでは、マイクロクレジット推進のためアドボカシーを行ってきました。
ムハマド・ユヌス氏は日本リザルツの名誉顧問です。

ムハマド、ユヌス氏の言葉
「リザルツの電話会議に初めて出席したのが 1987 年、以来リザルツは常にグラミン銀行の最高のパートナーだ」

E69C9DE697A5E696B0E8819EE3808CE7A781E381AEE8A696E782B9E3808D-001.jpg

2014年の10月16日付の朝日新聞「私の視点」ですが、弊団体の鰐部さんが書かれたものです。
記事にも紹介されている菅先生はアフリカ開発銀行日本政府代表理事、世界銀行. 日本政府代表理事を歴任され、よく日本リザルツオフィスを訪れています。

===

つい先日、オフィスにあった本を電車の中で読んでいました。

朝日新聞出版 「子どもと貧困」

18518.jpg

朝日新聞出版 最新刊行物:書籍:子どもと貧困
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=18518

これを読んだときに衝撃を受けました。

日本の「もうひとつの現実」私の想像を超えた、孤独と無力感のなかで生きる子どもたち。その育ちゆえに閉ざされた道を拓くために、大人が、社会が、国ができることは何なのだろうか。

背表紙に書かれた文章ですが、その通り。何ができるのか考えさせられました。
そのひとつの答えが「マイクロファイナンス」であり「グラミン日本」だと信じています。

しらいし
posted by resultsjp at 11:05| Comment(4) | 情報

帰国報告@ "ケニア生活 エスンバ編"

皆さんは、「1年」と聞いて短く感じますか?それとも長く感じますか?

私は2016年8月末(8月24日だったと思います)に日本の成田空港を出発してから、先週の木曜日9月7日の早朝に成田空港に到着するまで、ケニアに滞在していました。まるまる1年間。このブログの読者さまは1年間どのようなことがあったのか、私は何をしていたのか、ご存知かと思います。私にとっては刺激的な1年間であったことはご理解頂けるかと思います。

私にとってこの1年間は20年間生きてきて(振り返ればこれまでの人生の20分の1をケニアで過ごしたことになります)、もっとも人の繋がりや温かさを感じた時間を過ごしました。

「あっと言う間、でも長かった。」それが冒頭の問いに対する、私なりの答え。とさせて頂きます、

2017年4月から従事していたナイロビのスラム居住区における住民主導の結核啓蒙・予防活動の拡大支援事業では、現地で活動するボランティアに、会合の場で次のように伝えていました。

「時間はお金以上に重要であり、価値がある。お金が不平等であることは事実、不思議ともっとも重要なものは、皆平等に持っている。それは時間。我々の時間の価値はお金では換算出来ない。1分は1000米ドル以上の価値だ(無限大と言う意味)。時間を大切に使おう。我々は幸いなことに『人を救う』ことができる機会を得ている。今こそ時間を有意義に使って、より多くの人を救おう。」

この言葉が彼らの心に響いて(そう信じたい)、少しでもモチベーションが向上、「本当のボランティア精神」が育ってくれていることを願っています。

===


このような感覚になったのは、私が資金が全くない田舎の村で活動していたことが由来すると思います。
私はこの1年間で、自分の貯金を使って、またはクラウドファンディングを用いて皆様からご寄付いただいた貴重な資金を活用して、完全なプライベートのボランティア活動。そして、外務省からのN連資金を活用して、公的な国際協力。この2つを行いました。それらの共通項は「人を救いたい」「人を幸せにしたい」と言う信念でした。

もちろん、違いはあります。が、本ブログでは小難しいことは言いません。

私がエスンバ村(ケニアの最貧困地域の村)で生活していた時は、みなさんが想像されている「貧困地域」そのものの生活をしていました。水がない、電波がない、食料がない。

ある日のスケジュールを紹介しましょう。

朝5時過ぎ。ニワトリが騒ぎはじめるので、目が覚めます。外に出て家畜(牛、ヤギ、ニワトリ)に餌をやります。餌のストックがない場合は、近くの草を切って集めて与えます。その後にヤギと牛の乳しぼり、ニワトリの卵の回収。これらが朝食になります。朝食のためマッチで火を起こしミルクを温め、卵を茹でます。それらを食べます。日中はその日によって大きく変わりますが、滞在していた家には電波が全く届かないので、近くの町まで乗り合いバスで約20円を支払って向かいます。その際には町にある知り合いの商店に行きスマホの充電をお願いします。野菜などを買い、家に帰り食事をとります。午後はエスンバ村を歩き回ります。もちろん舗装はされておらず、歩くのは簡単ではありません。岩がゴロゴロある畑を歩くことを想像してください。数件のお宅を訪問します。その際に3キロほどのトウモロコシをお裾分けしたり、畑仕事のお手伝いをしたり、家畜の餌集めをしたり、詳しくお話を聞いたり、皆さんが困っていることを手伝います。夕方頃、ジャンクションと呼ばれる小さな商店街に向かい、パートタイムで仕事をします。それは8時頃に終わります。そこから家までは真っ暗のなかを歩いて帰ります。約30分。真っ暗のなかスワヒリ語の会話を聞きながら歩きます。帰宅してからは食事の準備。基本はウガリです。ロウソクの温かい光の中9時頃に食事をとり、水があるときはシャワーを浴びます。バケツいっぱい。水の量を見て「今日は髪は洗えないな」と。水の使い方は計画的でした。10時には就寝します。

このような生活を7ヶ月続けました。その中で私が問題だと感じたのが「スナノミ症」でした。
ただ単に「問題だ」と感じたのではありません。「これは国際社会が目を向けてくれる」と感じました。これまでにこのような状況を見たことはありませんでしたし、写真、患者たちの言葉にはものすごいインパクトがありました。

まずはじめに日本リザルツ代表の白須さんを招待しました。「凧揚げをするから」と。私は出発前に白須さんから「凧揚げをすればいいんじゃない」と言われていました。お呼びすれば必ず来るとわかっていました。それほどパワフルな方です。
実際にお越しいただいたときには、今思えばかなり失礼ですが、乗り合いバスに乗せ、エスンバ村を歩かせました。もちろん凧揚げも現地の小学校で校長先生から許可を取って、実施しました。エスンバ村を紹介するときには、自然とさりげなく、スナノミ患者のお宅を訪問しました。私は戦略的にそうさせましたし、白須さんが興味を持つだろうをわかっていました。

今では、ご存知のように、スナノミ症といえば日本リザルツです。帰国してから東京事務所に数日行きましたが、スナノミ症予防になる靴が次々と届いています。

白須さんからのアドバイスを受け、スナノミ症対策の活動を始めました。医療機関へ治療法を聞いて回り、患者に声をかけ、薬局に足を運び薬の値引き交渉、クラウドファンディングの実施。その結果これまでに4回のスナノミキャンペーンを実施。600名以上の深刻なスナノミ症患者を治療。1200家屋以上をスプレーで洗浄しました。これに加え、日本全国から寄せられた靴のプレゼントによって、エスンバ村の多くの方が救われました。さらにスナノミ症の知識を得て、住民ができる予防(身体・家の中をきれいに保つなど)を始めていると聞きます。

その間にエスンバ村へ4名の国会議員の先生方、アフリカの歌姫、イボンヌチャカチャカさんが訪問。スナノミキャンペーンを視察しています。その結果、もっと長期的に、もっと広範囲で、もっと大々的に、「スナノミキャンペーン」を進めるために、いろいろなセクターを巻き込みながら、議論が進んでいます。

===

以上を田舎編とさせていただきます。長い文章は気まぐれな人間の心に残りません。心に残って欲しいと願っています。
伝えなければなりません。今日書いたことは、私がひとりで成し遂げたものではありません。多くの方々が協力してくださいました。一人ひとりが世界を変えることができる。心強い仲間や応援団があってこそ、です。心から感謝いたします。ありがとうございます。

特にエスンバ村では、家に泊めていただき(家族です)、食事を提供していただき、一緒に活動させていただいた、エドワードには言葉では表せないほど感謝しています。彼ほど心から「人を救いたい」と考えている方はいません。彼以上に人間として尊敬できる方はいません。そんな彼が日本に来ます。

ご案内メールを一人ひとりお送りしておりますが、「GGG+フォーラム2017: UHCとSDGsの実現に向けて」が10月10日に東京で開催されます。この会合に合わせ、エドワードが来日します。第3部の「水と公衆衛生、トイレ、子ども・女性」では彼のスピーチが予定されています。
是非、ご参加ください。下記フォームより参加登録をお願いいたします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf5NEziaojP6a2fb2ag1gRh9_3SPramUM0y6pwn_rrGs0ij1Q/viewform?usp=sf_link

アドボカシーって、現地を実際に見て、声を聞かないと意味ありません。彼のように現地で生活して、活動する方の声を聞いて欲しい。切に思います。

また後半を書きます。

長くダラダラとした文章を読んでくださり誠にありがとうございました。

しらいし
posted by resultsjp at 00:59| Comment(5) | 情報