2017年09月19日

インド結核アドボカシー活動

9月19日、20日、ジュネーブからストップ結核パートナーシップの副代表であるインド人医師のスバナンド・サフ先生が、急遽来日し、インドの結核抑止に向け、アドボカシー活動を行いました。

インドは世界一の結核高まん延国です。何と世界の結核患者のうち27%がインドだそうです。

今回の訪日では、ストップ結核パートナーシップ推進議員連盟の事務局長である浜田昌良参議院議員をはじめ、結核研究所所長である森亨先生、栄研化学株式会社、そして省庁などの関係各機関を訪問し、インドにおける結核抑止に向けた課題について議論を行いました。

サフ先生の訪日がきっかけで、インドの結核抑止に向けた取り組みが促進することを願います。
(はるか)
IMG_2228.JPGIMG_2227.JPGIMG_2229.JPGIMG_2231.JPG
IMG_2233.JPG
posted by resultsjp at 16:16| Comment(4) | 情報