2018年01月23日

リーディング・グループ議長国にジョージア&マクロン仏大統領の来日について

             マクロン.JPG
                エマニュエル・マクロン フランス大統領

開発のための革新的資金調達に関するリーディング・グループ(常設事務局:フランス)ですが、ややしばらく議長国が決まっていませんでした。ですが、ジョージア政府(昔の旧ソ連邦のグルジアで首都はトビリシ)が2017-2018年の議長国に手を挙げたようです。

また、リーディング・グループのWEBサイトに、TISIFF Recommendations - new vision for galvanizing innovative financing for 2030 agenda という勧告書が掲載されています。このnew visionは2015年に上村雄彦横浜市大教授も参加された「国際連帯と革新的資金トビリシフォーラム(TISIFF)」での議論が土台になっているようです。

フランス政府は、ジョージア政府のがんばりもあって(?)ようやく革新的資金関係(含む、国際連帯税)の活動に再度馬力をかけるようになってきたと思われます。

ところで、マクロン仏大統領が4月ごろ来日するようですが、国際連帯税発祥国の大統領ですので、ぜひ安倍総理に会った時に国際連帯税について語ってもらいたいと思います。その上で、例えば共同声明に「日本政府が航空券連帯税を導入することに期待する」とか入れてもらえばベストですね。さっそくパリの方に連絡を入れておきます。

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)


posted by resultsjp at 23:08| Comment(1) | 国際連帯税の推進

雪景色

DSC_0071.jpg


DSC_0072.jpg

昨夜の東京です。(HS)
posted by resultsjp at 20:19| Comment(1) | 情報

議連合同による栄養シンポジウムのご案内

皆様
 1月25日、10時〜13時まで衆議院第一議員会館国際会議室で開催される
議連合同による栄養シンポジウム「適切な栄養をすべてのお母さん、子どもたちに!」
の会場と、13時から開かれる交流会の会場の写真です。

IMG_0340 (3).jpg

IMG_0317 (2).jpg

IMG_0359 (3).jpg
posted by resultsjp at 17:15| Comment(1) | 情報

2018年01月22日

[ニュース]谷垣自民党前幹事長が退院

嬉しいニュースが飛び込んできました!

◎自民党 谷垣氏が昨年末に退院(毎日新聞)
自転車事故で入院していた自民党の谷垣禎一前幹事長が昨年末に退院し、東京都内の自宅に戻った。同氏に近い議員によると「通常国会が始まれば、安倍晋三首相や二階俊博幹事長にあいさつに行きたい」と話しているという。
谷垣氏は2016年7月、趣味のサイクリング中に転倒して頸髄(けいずい)を損傷。病院で歩行訓練などのリハビリに取り組んでいた。「後進に道を譲る」と昨年10月の衆院選には立候補せず、衆院議員を引退した。
党内で谷垣氏を支持してきた議員グループ(中核20人)は、同氏を「特別顧問」などとして迎える見通しだ。

ニュースのリンクはこちら。
https://mainichi.jp/articles/20180120/k00/00m/010/096000c

谷垣先生が入院された際には、日本リザルツスタッフも寄せ書きを作成し、先生にお届けしました。
先生の退院を、スタッフ一同嬉しく思っています!
(はるか)


posted by resultsjp at 18:26| Comment(1) | 情報

2018年01月21日

クレヘンビュール事務局長の記事が掲載

日本リザルツはUNRWAのキャンペーン事務局をしています。
今日の読売新聞朝刊にピエール・クレヘンビュール事務局長のインタビュー記事が掲載されていました。
事務局長は、1月24日、25日、米国政府が今年1月支払い予定だったUNRWAへの拠出の一部を凍結したことを受け、日本へ支援を求めるため緊急来日されます。
(はるか)
C5B5702A-EE5C-4188-8B0B-4D5D5153A529.jpeg
posted by resultsjp at 14:11| Comment(1) | 情報