2018年01月19日

スーパーボランティアさん!

今日も霞ヶ関のよろず屋は大忙し。
職員、スタッフが、魔法使いのどーらから降ってくる業務に追われていた午後2時すぎのこと...

こんにちは」
聞き覚えのある声がしました。
ボランティアの藤崎さんです。

ハガキ書きを終わらせたい!と出勤日ではない日にも関わらず、お手伝いをしに来てくださったのです。

藤崎さんのボランティア精神に職員一同、感動しきり。会計の篠田は、目をくりくりさせて驚いていました。

スーパーボランティアさんに感謝ですね!
(はるか)
posted by resultsjp at 18:24| Comment(1) | 情報

インドのトイレ革命に関する意見交換会


 1月18日午後3時から4時過ぎまで、内閣官房、外務省、厚生労働省、環境省の幹部、有識者として東京大学医学部教授、国連機関(UNICEF)、衛生機器や計測器などの民間企業に加え、WaterAid、ビル&メリンダゲイツ財団、日本リザルツのNGOという多様なメンバー(パートナー)が、当日本リザルツ会議室に参集し、日本のSDG戦略の一つでもある、インドのトイレ革命に関する意見交換会が行われました。会議の概要は下記のとおりです。
 まず初めに、内閣官房からトイレ問題に関する取組について現状を説明された上で、参加者がインドでの取組み状況について説明を行いました。ここでは、本件に関して、政府のパートナーとなり得る参加者の活動状況のポイントを掲載します。
 企業関係者は、インドでは、ホテルなど一部の業種であることやCSR的な段階にあること。また、インドでの事業はまだであるものの、国内中心に、体重計測機器というハード面だけでなく、食の提供などソフト面の重要性も認識していること、などの活動が話されました。
 国連機関からは、衛生、genderの分野を中心に、コミュニティーベースでの事業を各地で展開しており、衛生問題に関しては、例えば、それを自ら認識することができるように、行動変容も重視しているプロジェクトの展開をしており、ハードも重要であるが、こうしたソフト面も重要であることを強調されました。
NGO関係者では、事例としては、インドの多くの州で衛生プロジェクトを実施している経験があり、事業を推進する人材育成(facilitator)も重要性を認識していること、といったお話がありました。
 上記の活動状況に対して、政府関係者から、NGOの役割として、個々の事業の活動に留まらず、関係者との協力の下で実証事業に取り組むことで、地域や国レベルに普及していくことの重要性を述べられました。我々もこうしたご指摘に応えられるように努力していくことが求められていることを短時間ではありましたが、痛感しました。

※会議室風景として、釜石市の花(ハマユリ)と全国からのケニア・スナノミ村への靴の山を掲載しておきます。
                                              (MK)
IMG_0288.JPGIMG_0292.JPGIMG_0296.JPGIMG_0302.JPGIMG_0304.JPGIMG_0304.JPG
posted by resultsjp at 13:56| Comment(1) | 情報