2018年01月24日

【被災した子どもの養育相談支援事業『支援者研修会・喪失』開催のご報告】

2018年1月18日(木)
釜石市保健福祉部子ども課委託事業
被災した子どもの養育相談支援事業
『支援者研修会・喪失』を開催いたしました。

≪講 師≫
 国立大学法人 岩手大学
 三陸復興・地域創生推進機構
 特任准教授(臨床心理士)
 佐々木 誠 氏 
≪テーマ≫
 喪失

image1 (3).jpeg

image2.jpeg

image3.jpeg

喪失は、『大切な人や生きる支えになるような物事(事柄)を失うこと』です。
喪失は、誰にでも起こりえる現象です。

喪失を学び、知識を身につけ
喪失を経験した子どもの心を理解しながら、子どもの心にふれることで
喪失を経験した子どもの心を理解した上で、子どもの心に添う支援が可能となります。

死別は、トラウマティックな喪失
離別、行方不明、認知症等は、曖昧な喪失となります。
参加者の中には
家族との死別を経験された方
ペットを亡くしペットロスを経験した方などがおり
講演内容に共感されている場面が多く見られました。

今後、学んだ知識や技術を、釜石の子ども達の支援に活かしていきたいものです。

青葉通りこどもの相談室 和賀
posted by resultsjp at 13:51| Comment(1) | 東北復興支援

議連合同による栄養シンポジウムのご案内

明日25日、衆議院第一会館・国際会議室で開催される、議連合同による栄養シンポジウム「適切な栄養を全てのお母さん、子どもたちに!」関する資料を、23日に、議員の先生方に配布させていただきました。

IMG_0368 (2).jpg
posted by resultsjp at 13:18| Comment(1) | 情報

パレスチナ難民問題への対応

 明日25日、衆議院第一会館・国際会議室で開催される、議連合同による栄養シンポジウム「適切な栄養を全てのお母さん、子どもたちに!」の第2部「難民と栄養」で報告をされるUNRWAのピエール・クレヘンビュール事務局長の訪日に関する資料を、22日に、議員の先生方に配布させていただきました。

IMG_0371 (2).jpg


posted by resultsjp at 12:54| Comment(1) | 情報