2018年03月20日

今日はトイレの神様になりました

今日はトイレの神様になりました。
インドでは人口の半数である7億3,200万人以上が野外排泄を強いられています。家庭にトイレがなく、下水処理も未整備のため、屋外に汚物が放置され、水の汚染、害虫・病原菌の発生が感染症のまん延につながっているのです。また、トイレがないことを理由に女性が学校に通えない事例、野外排泄に出た女性が暴行を受けるといった事件、免疫力の弱い子どもたちは不衛生な環境での排泄で下痢になり死亡する事例もあるといわれています。そもそも野外排泄をしている姿を人に見られることは、人間の尊厳を傷つけています。
持続可能な開発目標(SDGs)の中では、目標6に「安全な水とトイレを世界中に」と表し、2030年までに全ての人の野外排泄をなくすことを目指しています。国連は11月19日を「世界トイレの日」と定めるなど世界全体でトイレの普及と公衆衛生の改善に向けた動きが進んでいます。
こうした中で、日本は国民皆保険制度を導入し、1980年代には世界一の長寿国となりました。その上、日本は、トイレ、公衆衛生の改善を含めた保健分野に関して多くの知見と経験を持っています。今こそ世界一きれいといわれる日本のトイレをインドや世界の公衆衛生改善に活かし、インドのトイレ不足の解消に貢献すべきではないでしょうか。                                          (さゆり)

posted by resultsjp at 16:53| Comment(1) | 情報

【デコレーション】

釜石市内の小中学校は、春休みとなりました。

春休みであっても、相談室に多くの児童が来室されています。
1日、20人以上になる時もしばしば。

先日、女子児童十数人が、『相談室が殺風景』とのことで、デコレーションしてくれました。
デザインや貼付けは、女子児童のみなさんが担当です。
私は、指示に従って、紙を切る役目となりました。

image1 (4).jpeg

image2 (2).jpeg

構想、制作に数日かかった力作です!!
みなさんの満足げな笑顔が印象的なエピソードでした。


青葉通りこどもの相談室 和賀
posted by resultsjp at 12:00| Comment(1) | 東北復興支援